スマホ連携&計測項目充実の体組成計! タニタ「インナースキャン デュアル RD-911」|家電批評・オブ・ザ・イヤー
2020年01月17日(金)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
スマホ連携&計測項目充実の体組成計! タニタ「インナースキャン デュアル RD-911」|家電批評・オブ・ザ・イヤー
“ネットを疑う家電購入ガイド”こと『家電批評』誌より、2019年に扱った製品の中から、テストを通じて判明した年間ベストをご報告します! トレーニングやダイエット、健康維持に欠かせない体組成計。体重計と違い、体脂肪率や筋肉量など様々なカラダの数値を計測できます。そんな体組成計の2019年のベストバイとなったのが、タニタ「RD-911」。前モデルから進化した実力をたっぷりご紹介します。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

家電批評 本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 令和最強のベスト家電66部門決定!!
    「どこがスゴかったか」解説します
“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。
  • ▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!
上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。
  • ▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!
晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円
それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。
  • 2019年の体組成計ベストバイはタニタの
    インナースキャン デュアルRD-911
2019年の体組成計部門では、タニタのインナースキャンデュアル RDー911がベストバイを獲得しました。このモデルは、体組成計16機種の検証テストで堂々1位となった前モデル「RDー909」の正統後継機です。
タニタ
インナースキャン デュアル
RD-911
実勢価格:2万2308円

サイズ:W328×H32×D298mm
質量:約2.1kg
通信:Bluetooth
登録人数:4人
電源:単3形アルカリ乾電池×4本
計量範囲:0~180kg
最小表示:0~100kgまで50g、100~180kgまで100g
前モデルのRD‐909同様、50g単位での正確な体重測定ができ、体脂肪率や筋肉量など必要十分な全11項目の計測結果をスマホアプリへと転送して、グラフ化することも可能です。

前モデルの特徴だった筋肉の状態を分析して点数評価する“筋活”に最適な筋質点数もしっかり受け継いでいます。新型・RD-911の進化機能として、乗るだけではかれる国内メーカー初の脈拍測定も加わり、より細やかな体調管理も可能になりました。
すっきりしたデザインに加え、バックライトがついた大きく見やすい表示もタニタのこだわり。デカ数字で液晶画面がとても見やすいです。
計測は全11項目の充実ぶり。筋活に関連する項目が多く、アスリートやプロトレーナーに愛用者が多いこともうなずけます
アプリを起動させ「データ入力」をタップするだけで、すべての計測結果がスマホに転送されます。文字サイズが見やすく、項目と数値を色分けするなど、視認性にも工夫が見られます。

ちなみに、こちらが前モデルのRD‐909
タニタ
インナースキャンデュアル RD‐909
実勢価格:1万7000円

サイズ:328×32×298mm
重量:約2.1kg
接続方法:Bluetooth
データ転送速度:7.59秒
本体表示項目:複数
登録可能人数:4人
前モデルのタニタ インナースキャンデュアル RD‐909は、筋肉量だけでなく筋肉の状態を分析して点数化する「筋質点数」が体重を重要視するアスリートにも最適です。筋質は筋肉量よりも早く変化が現れるので、モチベーションをさらに高めてくれます。
また、重量を正確に測定できるのも良さの一つ。30㎏の水槽やペットボトルを乗せて重量を量ってみると、誤差が少なかったです。

タニタ インナースキャン デュアル RD-911は、乗るだけで筋質点数や脈拍が計測できるアスリート仕様の一台。アプリでカラダのさまざまな情報をチェックできるのも日々のデータ管理に役立ちます。現代の生活に寄り添う秀作をぜひ体感してみては?
以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれた体組成計、タニタ「インナースキャン デュアル RD-911」の紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら