【最強キャンプ芸人】バイきんぐ・西村の“キング・オブ・ナイフ”6選|「なんてコダワリだ!」とツッコミたくなるソロキャンプ大全vol.5
2020年01月16日(木)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
【最強キャンプ芸人】バイきんぐ・西村の“キング・オブ・ナイフ”6選|「なんてコダワリだ!」とツッコミたくなるソロキャンプ大全vol.5
芸人きってのキャンプ好きであるバイきんぐ・西村さん。時間があれば、なんとたったひとりでも道具を持ってキャンプに出かけるそうです。そんな西村さんがソロキャンプにオススメのキャンプ道具をノウハウとともに大公開してくれる「ソロキャンプ大全」の5回目は、焚き火や料理など用途で使い分けているというアウトドアナイフを紹介します。春のキャンプシーズンに向けて、今から要チェックです!

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

MONOQLO テストするモノ批評誌
MONOQLO
創刊10周年を迎えた辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
バイきんぐ・西村瑞樹 氏 お笑い芸人&冒険家
バイきんぐ・西村瑞樹 氏
相方・小峠英二氏とのお笑いコンビ「バイきんぐ」として活躍中。最近はキャンプ芸人として、ソロでキャンプに関する取材を受けることも多い。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。
  • キャンプ芸人西村さんが愛用の
    ナイフ6モデルを公開します
小峠英二さんとのコンビ「バイきんぐ」として活動する西村瑞樹さん。実はピンでキャンプに関する取材を受けることも多いほど、キャンプ通なんです。
そんな西村さんは料理好きで、キャンプ場でも本格的な料理を作って楽しむそうです。

西村さん「屋根瓦を1枚だけネットで買って、キャンプ場に持っていって作った、山口県下関名物の瓦そば。これはめちゃくちゃ盛り上がりましたね! とはいえ、焚き火をしながら外で食べれば、何でもうまいんですけどね」
ということで今回は、西村さん愛用の調理や焚き火に使うアウトドアナイフ6モデルと収納グッズをご紹介します!
  • 調理や焚き火用の木を切るなら
    モーラ・ナイフの2モデル
▼左のナイフはコチラ
モーラ・ナイフ
コンパニオンMG カーボン
実勢価格:2035円 
サイズ・重量:約21.8cm(全長)、約10.4cm(刃長)・約77g(ナイフのみ)
ブレード素材:カーボンスチール
▼西村さんオススメ度(5点満点)
4.5点
▼右のナイフはコチラ
モーラ・ナイフ
コンパニオンMG ステンレス
実勢価格:2052円
サイズ・重量:約21.9cm(全長)、約10.4cm(刃長)・約84g(ナイフのみ)
ブレード素材:ステンレススチール
▼西村さんオススメ度(5点満点)
4.5点
焚き火用にバトニング(薪割り)するときなどに使用。西村さんは、切れ味がいいもののサビやすいカーボンと、手入れの楽なステンレスの2本を常備。
  • ビクトリノックスよりカッコいい
    万能ナイフはレザーマン
レザーマン
ウェーブ プラス
実勢価格:1万2990円
サイズ・重量:約10cm(プライヤー収納時)、7.3cm(刃長)・約241g
本体素材:ステンレススチール
▼西村さんオススメ度(5点満点)
4.5点
アメリカの消防士も愛用しているという無骨なデザインのマルチツール。18種のツールを装備し、特にペンチは高い使用頻度を誇ります。

名前の刻印が入っています!
  • 焚き火の木の準備に活躍
    折り込み式ののこぎり
バーコ
折込式剪定のこ
サンクローラップランダー
実勢価格:2585円 
サイズ・重量:約40.5cm(全長)、約19cm(刃長)・約200g
▼西村さんオススメ度(5点満点)
4点
折り畳んで収納でき、軽くてコンパクトですが、意外とよく切れるのこぎり。焚き火用に木を短く切るときなどに活躍します。
  • 定番オピネルは肉用のカーボン
    野菜用のステンレスで使い分け
▼左のナイフはコチラ
オピネル
ステンレス#10
コークスクリューナイフ
実勢価格:2663円
サイズ・重量:約23cm(全長)、約10cm(刃長)・約80g
ブレード素材:ステンレススチール
▼西村さんオススメ度(5点満点)
4点
▼右のナイフはコチラ
オピネル
カーボン #10
実勢価格:2772円
サイズ・重量:約23cm(全長)、約10cm(刃長)・約72g
ブレード素材:カーボンスチール 
▼西村さんオススメ度(5点満点)
3.5点
食材を切るためのオピネルのナイフも、2種類を用意。木の持ち手はやすりで削ってくるみオイルにつけ、メンテナンスしています。
ちなみに、西村さんはまな板にもこだわっているそう。

西村さん「最初はミニマルにと考えて薄いプラスチックのものを使っていたんですが、味気なくて」

愛用中の桐のまな板は、町の工芸店で買ったものを使っています。
  • ナイフ収納にはテンマクデザインの
    カトラリーケースを活用
テンマクデザイン
Roll Case L
実勢価格:3058円
素材:コットン
サイズ・重量:約W42×D35cm・約240g
▼西村さんオススメ度(5点満点)
3点
西村さんのオススメは、キッチンツールやカトラリー用のケースをナイフ用の収納として利用するワザ。
まるめてコンパクトに持ち運べるのも便利です。
以上、西村さん愛用のアウトドアナイフを紹介しました。

キャンプで使うナイフの種類はさまざま。西村さんのように用途に合わせて選ぶと、キャンプが楽しく快適になること間違いなしです。
  • もっと詳しく知りたいなら『MONOQLO CAMP the Best』をチェック!
MONOQLO CAMP the Best
858円
今回の記事はバイきんぐ・西村さんのソロキャンプ用品レビューは、晋遊舎刊『MONOQLO CAMP the Best』の掲載特集がベースとなっています。
詳しく知りたい方はぜひこちらのムックもチェックしてみてくださいね。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

関連する記事はこちら