【専門家お墨付き】大定番アシックスを超えた理由
2017年10月03日(火)
山脇 皓一朗
山脇 皓一朗/Test by MONOQLO編集部
【専門家お墨付き】大定番アシックスを超えた理由
穏やかな気候になってきたし、運動不足の解消や健康のためにランニングを始めたい! でも、一体みんなはどんな靴で走ってるの? とお悩みのあなたに朗報です。初めてでも、久しぶりの運動でも足にしっかりフィットして、気持よく走れるランニングシューズを専門家と一緒に見つけましたのでご報告します!
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • ランニングをはじめるなら
    まずはシューズ選びから
    
「えっ! スニーカーで走っちゃダメなの?」なんて思う方もいるかもしれませんが、スニーカーは歩くための靴なんです。走るための靴といえば、ランニングシューズなんです。今回は専門家のランニングコンサルタント・牧野仁さんにご協力いただき、最初の一足にピッタリなモノを探しました。
  • ビギナー向けシューズの条件は
    「足を守る」安全性に注目
ベストバイ製品紹介の前に、ビギナー向けシューズ選びのポイントをチェックしましょう。

Point 1:クッションが厚い

ビギナーは着地時に体重の約3倍の負荷がかかるといわれています。ビギナー向けシューズには、それを緩和するクッションを備えていることが求められます。
初心者は軽くて薄いシューズよりもクッション性を重視しましょう。

Point 2:かかとが丈夫

疲労時に足がもつれたり、フラつくことを少なくするために足首をしっかり固定するつくりになっていることも重要です。
ランニング初心者にありがちなケガをシューズが未然に防いでくれます。

Point 3:上級者向けシューズとの違い

上級者向けのシューズはクッションや生地が薄くて軽いぶん、身体へ負荷がかかりやすいと言われています。
ランニングコンサルタントの牧野仁さんいわく「上級者向けの軽いシューズは走り慣れてから」がオススメ。

「軽くていい!」というのは玄人向けなんですね。
  • 最高の走り心地の1足が決定
    今回比較した4足はどれも高評価!
    
それではランニングコンサルタント・牧野仁さんにもご協力いただき4足を検証した結果をお伝えいたします。

テスト方法
ランニングビギナーの編集部員が毎日1足ずつ履き、皇居を一周(5km)して違いを比べ、さらにプロにもチェックしてもらいました。
  • まさにビギナーのための一足
    足への負担が少ないブルックス
    
「すべての性能がビギナー向けなので最初の一足にオススメ」と、牧野さんイチオシのブルックス 「RAVENNA」。クッションと安全性のバランスがピカイチでした。ビギナーに必要な性能をソツなく備え、価格も安い、ランニングデビューに最適なシューズです。
ブルックス 
RAVENNA 8 
実勢価格:1万480円 
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)

【評価はこちら】
クッション性:◎
素材が違う2層クッションで足を守る
安定性:◎
走っても一切ふらつかないつくりの良さ

[ベストバイの理由①]
ビギナーの走りを手助けしてくれる

靴底の横線(スリット)が細かく、通常の靴より柔らかさが増し、足を前に出す手助けをしてくれます。
靴底に滑らかに走れるヒミツがありました。プロならではの目線です。

[ベストバイの理由②]
ビギナーでも安全に使いこなせる

反発力が強すぎず、自分のペースを守りながら無理なく走ることができるので安全性も申し分ありません。
適度な反発力が初心者に扱いやすいのだそうです。
  • かかとをしっかりホールド
    安定感抜群のニューバランス
    
ニューバランスはかかとのホールド感がピカイチ。足首がガッチリ支えられるので安定した走りができるシューズです。
ニューバランス
M1040 
実勢価格:8989円 
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)

【評価はこちら】
クッション性:◎
かかと部分のクッションは激厚
安定性:◎
ヒールをがっちり固定してひねりを防止

Amazonでは現在1万円以下にプライスダウン。買うなら今が狙い目です!
  • クッションが柔らかいアシックス
    ビギナーにはやや軽すぎか
    
クッション性はバツグンでしたが、前モデルと比べると軽量化が進み、初心者に必要な安定感が少し減ってしまいました。
アシックス 
GT-2000 NEW YORK 5 
実勢価格:1万139円~
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)

【評価はこちら】
クッション性:◎
グッと沈み込むほどクッションが柔らかい
安定性:○
ソールやヒールを硬めの素材でガード
  • 反発力があり高性能のミズノ
    ビギナーよりも経験者向け
    
前モデルより反発性が高まったため、初心者は使いこなせない可能性が。性能はプロも満足いくものなので、走り慣れた頃に購入したい製品です。
ミズノ 
WAVE RIDER 20 
実勢価格:1万3932円
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)

【評価はこちら】
クッション性:○
反発性にも優れているモデル
安定性:◎
靴のねじれを軽減しホールド感もよい
  • 2000円シューズとも
    走り比べましたが……
    
上記の4足はどれも1万円程度の高品質な製品。そこで、2000円の激安のシューズとの違いを走り比べも敢行しました。その結果は、残り1km時点で膝と足に痛みを感じ、最後には苦痛しか残らない結末に……。

だからこそ「とりあえずスニーカーで」と思っている方は、待った! 快適なランニングライフを過ごしたいなら、ベストバイ製品を試してみてください。
今回の検証では、ブルックス RAVENNAシリーズの新作がベストバイに決定しました! 専門家からも「最初の一足はこれしかない」とお墨付きをもらった「RAVENNA 8」 。そのヒミツは、クッション性、安定性、フィット感といった性能のバランスが良く、誰が履いても失敗がない、足との相性の良さが決めてになりました。

健康のためのランニングでケガをしては本末転倒です。安全第一で長く続けるためにも、ビギナーこそ高品質なシューズを選びましょう。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [フィットネス用具]
    ジム並の効果!? 最速でムキムキになれる秘密兵器があった!
  • [ダイエット]
    【即ヤメしない】24時間ジムの選び方