知ってた?  Amazon「起業」カテゴリーの暮らしが変わる逸品17連発
2017年08月14日(月)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
知ってた?  Amazon「起業」カテゴリーの暮らしが変わる逸品17連発
クラウドファンディングなどで成功したスタートアップ企業の商品を気軽に買える専門ストア「Amazon Launchpad」。革新的なガジェットが売られている場所として、一部のユーザーで話題となっています。そこで本記事ではAmazon Launchpadで買える実用的なアイテムを全17個セレクトしました。最新ガジェット好きな人は要チェックです!
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • 「鍵かけたっけ?」の心配無用!
    家や職場の鍵を遠隔操作できます
「Qrio Smart Lock」は、工事不要でドアの鍵を電子ロック化できる機器です。鍵の代わりにスマホでドアの開閉を行えるだけでなく、外出先などの遠隔地から鍵の操作を行うことが可能。鍵のかけ忘れを完全に防止できます。
Qrio
Qrio Smart Lock

実勢価格:1万7671円
サイズ・質量:W57×H84.5×D115.5mm・383g
対応OS:iOS9以上、Android4.4以上
実用性:★★★
未来感:★★★★

Smart Lockは、ドアのサムターンに取り付けるデバイスです。Smart Lock単体だけだと、Bluetooth接続したスマホでドアの開閉を行えるようになるだけですが、以下の「Qrio Hub Q-H1」と組み合わせることで遠隔操作が可能になります。
Qrio
Qrio Hub Q-H1

実勢価格:8609円
サイズ・質量:W71×H91.2×D26mm・105g
対応OS:iOS9以上、Android4.4以上
「Qrio Hub Q-H1」はスマホを介してSmart Lockを遠隔操作するデバイスです。Bluetoothの範囲外から鍵を操作したい場合はこちらも必須となります。
Smart Lockを使えば、スマホが鍵になるので普段鍵を忘れやすい人でも安心。ただし、アプリで解錠するには5~6秒かかるのが難点です。とはいえ、「手ぶらで解錠機能」を使えば普通の鍵よりもスピーディに解錠できます。「手ぶらで解錠機能」とは、スマホのGPS機能と連動して、オーナーがドアの近くにいる時だけ自動で解錠する機能です。
  • Launchpadで一番売れている!
    置き忘れや落とし物を防ぐスマートタグ
忘れ物を頻繁にしてしまうという人にオススメなのが「MAMORIO」。鍵や財布、バッグ、社員証など大切なアイテムに付けておくことで、スマホと連動して忘れ物や紛失を防止できるアイテムです。ペットや子供の持ち物に付けて見守り用に利用することもできます。
MAMORIO
MAMORIO

実勢価格:3780円
サイズ:W19×H35.5×D3.4mm・105g
通信:Bluetooth 4.0
電源:リチウム電池

実用性:★★★
未来感:★★★★

MAMORIOは、小さいながらもBluetooth通信に対応した紛失防止デバイスです。カラーバリエーションは4色あり、好みや目的に合わせて選べます。なお、MAMORIOの電池寿命は1年となり、ユーザーによる交換はできない点に注意しましょう。
MAMORIOから離れるとペアリングしたスマホに警告通知が入ります。これにより「いつどこでなくしたか」が即座に判明し、忘れ物や紛失を防止できるという仕組みです。ただし、捜索範囲は30m程度とあまり正確ではなく、家に置き忘れたことが分かっても、どの部屋に置き忘れたかまではわかりません。ゆえに、無くしたものの捜索目的にはあまり向かないと言えます。
  • オープンと密閉に切り替えできる
    ワイヤレス対応ヘッドホン
VIE STYLE
VIE SHAIR

実勢価格:3万9900円
質量:270g(サイズ非公表)
ワイヤレス:Bluetooth 4.2/2.4GHz
実用性:★★★
未来感:★★★★

フレームを付け替えることで開放型と密閉型の両方を楽しめるBluetoothヘッドホン。フルカラーLEDを搭載した未来感あふれるデザインや何台でも音楽を共有できるオン・エアー機能などさまざまな特色がある製品ですが、約4万の価格に見合う音質とは言いづらいのが正直なところです。音質にこだわらず見た目だけで選ぶならアリかも。
オープンエアフレーム
ワイヤー状の開放型フレームを付けることで、装着感が少なく広がりのあるサウンドが楽しめます。周囲の音も聴こえるので、音楽を聴きながら他人と会話をすることも可能。とはいえ、肝心の音質はシャカシャカとした軽めの感じで好みが分かれそう。当然音漏れが目立つので電車内などでの使用には不向きです。
クローズドエアフレーム
締め付けがなく長時間装着しても痛みを感じにくい密閉型フレーム。オープンエアフレームより遮音性に優れているので、周囲の騒音に邪魔されず音楽に集中できます。音質は柔らかく感じられ、ボリューム控えめなら通勤通学でも使えそう。
  • 旧型MacBook Proのストレージを
    microSDカードで手軽に増設できる
NIFTY
MiniDrive Retina 15" Silver

実勢価格:5011円
質量/9g
実用性:★★★★
未来感:★★

MacBook Pro RetinaにSDカードを挿入すると、スロットからカードの頭が少しはみ出した状態になります。この状態でMacBook本体を持ち運ぶのはちょっと危険です。そこで登場したのがこの製品。SDカードよりもコンパクトなmicroSDカード用のアダプタで、MacBook Pro Retinaのスロットからはみ出さずに装着できるのが特徴です。13インチ用と15インチ用が用意されており、最大128GBまでのmicroSDカードに対応。MacBookの容量不足を手軽に解消できます。
  • 挽き立てのコーヒーが飲める
    携帯式コーヒーメーカー
カフラーノ
オールインワンコーヒーメーカー 250ml

実勢価格:1万800円
サイズ・質量:9.2cm×19.5cm・470g
実用性:★★★★
未来感:★★

これ一台で豆を挽いてドリップできる携帯式コーヒーメーカー。フィルターやカップも不要なので、コーヒー豆とお湯さえあればいつでも挽き立てのコーヒーが飲めます。キャンプや旅行、出張などに携帯すると便利。
わがんせ
Coffee Maestro
実勢価格:4035円 
実はほぼ同等の類似品がAmazonの通常ストアで売っています。コスパを考えるならこちらを選んだほうがいいかも。
  • 振って投げて体で作曲 
    誰でもミュージシャンになれる!
phonotonic
Yellow PHTC14

実勢価格:4980円
サイズ・質量:Phonotonic シリコンケース…84mm×84mm×76mm/Phonotonic センサー…13mm×35mm×45mm
実用性:★★★★
未来感:★★★★

phonotonicは、アプリと連携して使う多面体のセンサーです。phonotonicを動かすと、動作に応じてビート、リズム、メロディがアプリ側で自動生成されます。複数のセンサーを動かしてセッションすることも可能。意外と本格的な曲になるので、感情のおもむくままでに動かしているだけでミュージシャン気分が味わえます。
  • 夜撮りの切り札なるか?
    スマホ専用のフラッシュライト
iblazr
Concepter iblazr 2 

実勢価格:6880円
サイズ・質量:45×9 mm・9g
実用性:★★
未来感:★★★

スマホカメラ用のLEDフラッシュライト。スマホのカメラアプリと連動して動作し、内蔵フラッシュよりも強い光量で撮影ですることができます。スマホが苦手とする暗い場所での撮影に活用したいですね。
  • スポーツライドをサポートする!
    超強力なサイクルコンピュータ
    
CEREVO
CXP-RD01A 

実勢価格:2万5835円
サイズ・質量:145×23×32mm・75g
実用性:★★★★
未来感:★★★★

スマホやクラウドと連動し、自転車の走行データを計測できる高性能なサイクルコンピュータ。各種センサーやGPSを内蔵しており、走行距離やルート、速度、気温などをアプリで表示しつつ、クラウド上で共有することができます。仲間をグループ登録しておけば、各自の現在位置がリアルタイムでわかる機能も便利。グループツーリング時に役立つこと間違いなしです。
  • 一人から大勢までマルチに使える
    ホワイトボード式ブレストツール
バタフライボード
バタフライボード A4 薄色方眼

実勢価格:1万1840円
サイズ・質量:A4+(297mm×218mm)×4枚(8ページ)・224g
実用性:★★★★
未来感:★★

4枚のコンパクトなボードを自由に連結できるホワイトボード。A2サイズに広げたり、ノート状に重ねたりして自由なスタイルで使えるのが特徴です。カフェなどの限られたスペースでもアイデアフラッシュの集計や議論の見える化を効果的に行えます。
  • ネットワークカメラの進化形
    自走式カメラで自宅を遠隔監視!
エクストラン
ilbo

実勢価格:3万3480円
サイズ:180mm×180mm×174mm
実用性:★★★
未来感:★★★★★

外出先からお留守番中のペットを見守るのに役立つ、自走式のネットワークカメラ。最大の特徴は、スマホからの遠隔操作で家の中を自由に移動しつつ監視できる点です。マイクとスピーカーも内蔵しているので、ペットに話しかけることも可能。温度センサーや赤外線リモコン機能も搭載し、必要であればエアコンの操作も行えます。
  • 歩きスマホ問題を
    ワイヤレスイヤホンで解決する!
APlay
NA1L 

実勢価格:6480円
質量:12g 
コーデック:SBC、aptX
対応:Android
実用性:★★★★
未来感:★★★

音楽や通話を楽しむだけでなく、音声アシスト機能によるスマホの通知読み上げ、音声による各種操作が行えるワイヤレスイヤホン。専用アプリ「APlay」と連携することで、LINEの通知やTwitterなどの情報を音声で伝えてくれるので、いちいちスマホを取り出さずに済みます。また、音声でLINEやFacebookメッセンジャーに返信することも可能です。
  • スマートウォッチには見えない
    アナログ時計搭載のスマートウォッチ
Withings
Activite Steel 

実勢価格:1万7373円
サイズ:時計・36.3mm:バンド・200mm
実用性:★★★★
未来感:★★

アナログ時計が搭載されたスマートウォッチです。専用のスマホアプリと連動することで、歩行、ランニング、水泳、睡眠といった毎日の活動を自動的にトラッキング。心拍や消費カロリーなどを計測することが可能です。電池は一般的なボタン電池を使用しており、充電不要で最大8ヶ月も使えるのも魅力ですね。
  • プロ仕様のフィルターやマイクを
    スマホに装着できるマウントリグ
ビーストグリップ
Beastgrip Pro

実勢価格:1万7789円
サイズ・質量:非公表
実用性:★★
未来感:★★

iPhoneに37mm径フィルターやガンマイク、LEDライト、ストロボ、三脚などを装着可能にするマウントリグ。iPhoneをプロ仕様のカメラに変えることができます。フレキシブルアームを搭載し、iPhone以外のスマホにも対応することが可能です。
  • 家族の絆を深める
    コミュニケーションロボ
ユカイ工学
BOCCO

実勢価格:3万1320円
サイズ・質量:非公表
実用性:★★★
未来感:★★★★

スマホとメッセージの送受信が可能なロボット型端末。家に一人でいる子どもや離れて暮らす高齢者の方と、外出先から手軽に伝言することが可能です。付属センサーで子どもの帰宅や外出などの生活リズムも把握できます。
  • 定規がピストルに、新聞紙が刀に!
    いろんな音が楽しめるスマートトイ
Moff
Moff Band

実勢価格:5616円
サイズ・質量/非公表
実用性:★★
未来感:★★★★

動きに連動してスマホから対応した音を出すブレスレッド型のスマートトイ。Moff Bandを付けた腕を振ってゲームをプレイしたり、ギターや剣、ピストルなどのさまざまな効果音を発生させて楽しむことができます。
  • 人間工学で快眠へ誘う
    スピーカー内蔵枕
soundario
PILO

実勢価格:1万4600円
サイズ・質量/非公表
実用性:★★★
未来感:★★★★★

人間工学に基づき設計されたスピーカー内蔵枕。寝転がったまま音楽やオーディオブックを楽しむことができます。音量は自分だけに聴こえるように調節も可能。
  • サーファーの必需品なるか
    スマホ用風速計
Vaavud
VAV-1W

実勢価格:2000円
サイズ・質量/11.3cm×6.2cm・16g
実用性:★★★
未来感:★★★

2枚の羽で風力と風向きを計測するスマホ用の風速計。メーカーによると計測可能な風力は2~40m/sで誤差はプラスマイナス4%程度と高い精度を売りにしています。とはいえ、実際にはそれほど精度が高くないという声も。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [スマホ連動ガジェット]
    知ってた? スマホって“なくしたもの”まで検索できるんです
  • [スマホ連動ガジェット]
    Amazonの大定番! Ankerの“今日買うべき”傑作がこちら
  • [スマホ連動ガジェット]
    え、充電しなくていいの? スマートウォッチの呪縛がついに解除されました
  • [スマホ連動ガジェット]
    Apple Watchはガチ本命? 今、スマートウォッチを買う前に知っておきたいコト
  • [スマホ連動ガジェット]
    [タイムセール速報]本日、Amazonでスマホ環境が激変します
  • [スマホ連動ガジェット]
    もっと早く知りたかった! コレだけでめっちゃラクになることを…[アイデア3選]
  • [スマホ連動ガジェット]
    “有線最強説”に待った!? ガジェット更新の時期到来か
  • [スマホ連動ガジェット]
    「Apple Watchは高い」派がポチりたくなるAmazonの掘り出しモノ6選
  • [スマホ連動ガジェット]
    「超楽しかった~!」が続く。360度カメラの意外な使い方がこちらです
  • [スマホ連動ガジェット]
    なぜAmazonの王者「Anker」が“ネットの外”に出たのか[リアル店舗解禁の理由]
  • [スマホ連動ガジェット]
    スマホの手ブレがたった1599円で解決できるって知ってた?
  • [スマホ連動ガジェット]
    iPad派は見ないでください。ハマった人だけが愛せる玄人タブレットがこちらです
  • [スマホ連動ガジェット]
    子どものオモチャ? いえいえ、これはオトナの…[カメラ付きドローン4製品比較]
  • [スマホ連動ガジェット]
    「あわわ、大事なアレがない!」忘れ物解決策が実用化していること、ご存知ですか?
  • [スマホ連動ガジェット]
    【iPhone】ケーブル無し、高速充電! そんな製品Amazonで見つけました
  • [スマホ連動ガジェット]
    写真が動いて、喋る…? 未来の話じゃないんです、コレがあればね!
  • [スマホ連動ガジェット]
    「あれ、カギ閉めたっけ?」がゼロになる最強のキーレス玄関の作り方
  • [スマホ連動ガジェット]
    蒸し風呂のような部屋に帰りたくない…ならばコレ必携です
  • [スマホ連動ガジェット]
    お、カワイイ……だけじゃない! 子どもの心配がちょっとだけなくなるんです
  • [スマホ連動ガジェット]
    古いiPhoneカメラを劇的改善する「外付け高画質」がコレ!
  • [スマホ連動ガジェット]
    iPhoneにできない「あったらいいな」がコチラです
  • [スマホ連動ガジェット]
    これは「いいね!」されるわ…SF動画が撮れる360度カメラがコレ
  • [スマホ連動ガジェット]
    「ジョン・マルコヴィッチ」って検索メンドウじゃない?→解決策がコレ
  • [スマホ連動ガジェット]
    「Fire TVっていいの?」その答え、バッチリ解説します