コーヒー豆は“挽き方”で味が変わる?
ダンゼン違う「ミル選び」のコツ
2017年08月02日(水)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
コーヒー豆は“挽き方”で味が変わる?
ダンゼン違う「ミル選び」のコツ
コーヒーを豆から挽き、本格的に楽しみたい人に、ぜひ注目して欲しいのがコーヒーミルです。ミルの性能でコーヒーの風味は大きく異なるので、自分の使用スタイルに合った最高の一台を見つけましょう。今回は選びのコツをご紹介します。
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • コーヒーミルは挽く構造で
    大きく4タイプに分けられます
コーヒーミルは豆を挽く機構の違いで大きく4つに分けられます。コーヒーの味を大きく左右する粉の仕上がりや、使い勝手・メンテナンス性などについて特徴・傾向があるので、ミル選びに際しては、是非おさえておきたいポイント。それぞれのタイプの特徴をご紹介したいと思います。
  • カット式
コーヒー豆をカットし細かくするタイプで、業務用でも採用される本格的な機構。都度収納するには向かないので、インテリア性も考慮したいところ。極細挽きには対応しません。
  • カット式の主な製品例
カリタ:ナイスカットミルなど

  • コニカル式
円錐状の内側の刃とそれを囲む外側の刃で豆を挽く機構。一般的に低速で駆動し、摩擦熱による風味の損失が少ないとされています。エスプレッソ用の極細挽きが可能なモデルも存在。
  • コニカル式の主な製品例
ボダム:BISTROコーヒーグラインダーなど

  • グラインド式
上下(もしくは前後など)2枚の刃で臼の様に豆をすり潰すタイプ。数千円から数万円と価格帯には幅があります。また、刃の材質にセラミックを使用したモデルもあるなど製品毎に大きく特徴異なります。
  • グラインド式の主な製品例
メリタ:パーフェクトタッチⅡCG-5Bなど

  • プロペラ式
回転する2枚の羽根状の刃で豆を粉砕。小型のものが多くて比較的安価で入手できます。粉の細かさは挽いている時間で調節するため、慣れが必要です。粉受けが外せるものと外せないものの両方があります。
  • プロペラ式の主な製品例
ラッセルホブス :コーヒーグラインダー7660JPなど

  • 手動で挽くのはどうなの?
コーヒーミルには手動もありますが、均一な粉を得るには一定の速度で挽き続ける必要があり、実際はかなり大変。ただし、挽く過程を楽しむという側面もあるので考え方次第でしょう。
  • 選ぶとき重要なのは
    味と使い勝手の良さ!
    
上記で説明してきたように、コーヒーミルには挽き方だけでも4種類存在します。しかし、それ意外にも製品ごとに操作感や構造など重視しなければならないポイントがいくつかあるので紹介します。
  • [重要ポイント1]味
コーヒーの味わいは、ミルの機構・機種ごとの違いが集約されて現れる最も重要な項目です。
  • [重要ポイント2]構造
風味と使い勝手に直結する項目。粉の排出口の設計一つとっても扱いやすさに直結します。
  • [重要ポイント3]操作感
    
豆を挽いてからドリッパーに移すまで、ストレスなく扱えるものが望ましい。スイッチなどの扱いやすさも重要です。
  • [重要ポイント4]メンテナンス性
手入れが簡単なら毎日飲みたくなります。粉にするので当然手入れは面倒な部類。簡単なものを選びたいところです。
  • [重要ポイント5]収納・インテリア性
普段は収納可能なサイズかどうか、出しておくならデザイン性が優れているかも重要な要素です。
  • 選び方を踏まえた上で
    オススメの機種はこの3機!
コーヒーミルを選ぶ上で重要なポイントを解説してきましたが、結局どれがいいの? となってしまった人も多いはず。そこで360.life的オススメコーヒーミル3機種を紹介します。
  • 予算に余裕があればコチラが文句なし
カリタ
ナイスカットミル 
実勢価格:3万3500円

業務用を小型化したプロ御用達のミル。喫茶店の味を簡単に出したいならコレ。粒度を調整するダイヤル、粉受けなども使いやすく、自分なりのカスタマイズもしやすいです。現在は生産終了で、史上在庫のみとなっていますが、後継機の「ナイスカットG」が発売されています。
  • 手頃な価格でエスプレッソも楽しみたいならコレ
デロンギ
コーン式 コーヒーグラインダー KG364J 
実勢価格:1万1070円

「均一に砕ける」「微粉が少ない」コニカル式ミル。苦み、酸味、コクなどが比較的バランス良く出せています。エスプレッソも楽しめる本機がオススメ。
  • とにかく安く価格優先ならコチラ
カリタ
電動ミル CM-50
実勢価格:3250円

粒度が安定しづらいプロペラ式だが、「同一量を同一の秒数で」挽くなら、仕上がりにも一定のレベルが期待できます。グラインド中に本体を振って均一化させる小ワザも有効です。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    【アイスコーヒー】を自宅で淹れると薄い…解決方法がコチラです。
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    コーヒーミルランキング18製品 プロが「喫茶店の味」と唸った1位は?
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    憧れのサイフォンが電気で簡単! 愛用マニア多数のコーヒーメーカー知ってます?
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    付加機能なんてどうでもいい! コーヒーメーカー選びでホントに大事なコト
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    豆を挽いて、ドリップして。 そのまま飲めるタンブラーってアリ?
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    アマゾンで635レビューの泡立ちミルク器 もうスタバもエスプレッソ機も要らない!?
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    カプセル入れてボタンを押すだけ! 最強過ぎる珈琲マシンベストバイ
  • [調理家電]
    だからウマい! 鍋の温度が下がらない、火力自慢のIHヒーター
  • [炊飯器]
    人気炊飯器をガチ比較! ベストバイは圧勝でこちらのブランドでした
  • [炊飯器]
    賛否両論! 話題のオシャレ炊飯器の良いところ、ダメなところ
  • [調理家電]
    自家製ローストポークが40分放置で絶品に仕上がる理由
  • [調理家電]
    なぜコレが8000円? 1台5役の卓上鍋【レコルトさんやり過ぎ】
  • [調理家電]
    秋だって冬だって! アイスを毎日食べたい人へのオススメ品
  • [ホットプレート・グリル鍋]
    「黒焦げよ、さようなら。」食卓に引っ張りだこなホットプレート
  • [ホットプレート・グリル鍋]
    Amazonで売れすぎ「やきまる」が “煙なし”焼き肉のBESTである理由
  • [調理家電]
    キッチン家電ベスト8選 211台から選んだ8年間の集大成
  • [炊飯器]
    【炊飯器】噂のバーミキュラは何が違う?最新ブランド徹底食べ比べジャッジ
  • [電子レンジ・オーブン]
    「温め」だけでウマ~(^o^) お手軽レンチン時短レシピ4選
  • [冷蔵庫]
    火にかけずに昆布だしがとれる! 冷蔵庫で仕込む時短アイデア
  • [冷蔵庫]
    旨味をキープ「美味しい冷凍」5つの極意
  • [冷蔵庫]
    【冷蔵庫】納豆の発酵が止まる? 意外と知らないチルド室のお得技
  • [電子レンジ・オーブン]
    小さくなった石鹸、レンチンすると… 「料理じゃない」方のレンジ術6選
  • [冷蔵庫]
    え、ドアポケットに卵はダメ? 「冷蔵庫」やってしまいがちな4つのNG
  • [炊飯器]
    美味しいご飯を炊くために やってはいけない6つのNG