【ほぼ全自動】スマホ写真を
アルバムにするかんたんな方法
2017年08月08日(火)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
【ほぼ全自動】スマホ写真を
アルバムにするかんたんな方法
スマホ時代になって、色んな思い出を簡単に撮れるようになりました。そして、送る、受け取るのもLINEで一瞬。でも、プレゼントに贈るなら紙のアルバムもオススメ。アルバムサービスって面倒なイメージもありますが、今回紹介するサービスなら本当に簡単です。
  • スマホ写真が暖かく感じる
    紙もまだまだ捨てたもんじゃありません
スマホやパソコンでも写真は楽しめますが、作って楽しい、もらって嬉しいのが紙のアルバムです。デジタルデータから実物の写真になることで、思い出が深まるから不思議です。

そこでオススメしたいのが、「フォトジュエル S」。これはお気に入りの写真をまとめて1冊の本(フォトブック)にしてくれる便利なサービスです。しかも写真のチョイスやレイアウトをすべてアプリ任せにできるため作業が楽チン! 

良い表情や構図の写真を並べて、センスあふれるフォトブックデータを作ってくれるので、自分でやるのは最終チェックと注文手続きくらいなんです。
  • PhotoJewel Sのフォトブック作りは
    ほぼすべて自動でやってくれます
PhotoJewel Sには「EAGiAL」という自動画像解析・自動レイアウトエンジンが採用されています。これは写真を「構図」「写り」「コンテンツ」の3ポイントで分類し、写真の特徴を比較してストーリー性があるレイアウトにつなげてくれるスグレモノ。

ちなみに写真だけでなく動画ファイルからも良いカットを切り出して写真にしてくれるんです。
キヤノン
PhotoJewel S
実勢価格:1980円~
  • 自動レイアウトしてくれるからセンス不要
写真を自動で見栄え良く並べてくれます。面倒なレイアウトに悩む必要がないので誰でもカンタンに作れちゃいます。
  • 指示に従うだけだから作業がラク!
アプリの指示に従って進めていくだけで注文まで完了します。初めてでも安心して使える親切設計です。
  • 良い写真を自動でセレクトしてくれる
大量の写真の中から良い写真を自動セレクトして並べてくれるので、1枚ずつ写真を確認して配置する煩わしさがありません。
  • 写真にコメントも挿入できる
写真には適宜コメントを追加可能。必要なら赤目補正やトリミングなどの簡単な編集をすることもできます。
  • 表紙のカバーや紙
    ページ数など好みで決められる
フォトブックのカバーは薄手の紙を使った「ソフトカバー」タイプと硬い厚みのある紙を使った「ハードカバー」タイプの2種類から選ぶことができます。ハードカバーのほうが価格は高いけど、耐久性が高く長期の保管に向いています。プレゼントにもぴったりです!
  • ツヤのある光沢紙も選べる
ツヤがあり、写真を美しく印刷できます。半光沢紙より500円高くなりますが、見栄えが全然違います。
  • 落ち着いた半光沢紙も印刷可能
光沢紙のようなツヤはありませんが、落ち着いたイメージで印刷できるのでこちらもオススメです。

フォトブックのページ数は20ページ、30ページ、40ページのいずれかから選ぶことができます。当然、ページ数が増えれば価格も上がるので、印刷したい写真の枚数を考慮して最適なページ数を選びましょう。

[5cmスクエア、148×148mm、ソフトカバー、スタンダード製本の場合の価格]
ページ数	  半光沢紙	  光沢紙
20ページ	  1980円	  2480円
30ページ	  2580円	  3080円
40ページ	  3180円	  3680円
  • PhotoJewel Sでフォトブックを
    作る手順はたったの6ステップ!
    
  • [STEP1]デザインを選ぶ
PhotoJewel Sのアプリを起動したら、スキャン対象のフォルダ、カバータイプ、ページ数、デザインなどを選びましょう。
  • [STEP2]写真が解析される
指定したフォルダ内の写真が解析され、フォトブックのベースが自動で作成されます。
  • [STEP3]タイトルやメモを追加
必要に応じてタイトルやメモなどを追加し、フォトブックの完成度を上げます。
  • [STEP4]写真の差し替えや補正を行う
自動レイアウトされた写真を確認。写真をクリックすると差し替えや補整ができるので必要に応じて行いましょう。
  • [STEP5]プレビューでチェック
「プレビュー」をクリックして完成イメージをチェック! 本のようにめくれるので実際の出来上がりが想像できます。
  • [STEP6]カートに入れて注文する
    
    
プレビューで問題が見つからなければ、「カートに入れる」をクリックして注文しましょう。約2週間で郵送されてきます。
  • フォトブックが作れるアプリは
    ほかにもいろいろあります
「PhotoJewel S」はクオリティの高いフォトブックを作成できるだけに金額もやや高め。もっとお手軽価格でフォトブックを作成したいなら、別サービスをがオススメです。中でも「nohana」と「Mags Inc」は価格が抑えられており、スマホから簡単に申し込めるので使いやすいんです。
  • 毎月1冊無料でフォトブックが作れる!
    
毎月1冊無料でフォトブックが作れるサービス。送料(216円)はかかりますが、それでも圧倒的にお得なサービスには違いありません!

nohana
作者名 : nohana, Inc.
価格 :無料
対応 : iOS/Android
  • 1冊500円から注文できるお得なサービス
    
オシャレなテンプレートを使って独特のフォトブックを作れるサービス。1冊500円から作れるので価格面でも安心です。

Mags Inc
作者名 : HIKESIYA Co.,Ltd.
価格 :無料
対応 :iOS/Android

いかがでしたでしょうか。贈り物になど、予算に多少余裕がある場合はクオリティ面でキヤノンがオススメ。自分でちょっと試すなら、格安サービスでも十分楽しめます。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [アプリ]
    あの「カエルの解剖」がiPadでできちゃう時代です[新定番ガジェット7選]
  • [アプリ]
    汚部屋の解決は、まさかの“アプリ”が近道でした
  • [アプリ]
    【塾に部活…】頑張る子どもがほっこりする、ママのメッセージ技
  • [アプリ]
    絶対に記憶に残る! LINEでできる誕生日メッセージ技
  • [アプリ]
    好感度アップ! "ふせんで差をつける"カンタンLINE術
  • [アプリ]
    なんだかほっこり! LINEで目を引く「手書きスタンプ術」
  • [アプリ]
    知ってる? 電車の運行状況がLINEでわかるんです
  • [アプリ]
    あみだくじに投票!? 意外と知らない「便利なLINE活用術」
  • [アプリ]
    仲間がいるから、サボれない! “三日坊主”はコレで防げます
  • [アプリ]
    「もはやファイルの時代は終わった」と言いたくなる、名刺活用術がこちら
  • [アプリ]
    知らなきゃ損! 初心者が感動したスマホの“マネー術”がこちらです
  • [アプリ]
    「もう戻れない」手入力派が震えた“音声を文字化する”アプリの実力がこちら
  • [アプリ]
    「これが無料!?」机のゴチャゴチャ解決に“Adobe Scan”が最適な理由
  • [アプリ]
    種類多すぎ! Amazonの「なんとか放題」でお得なのはどれ?
  • [アプリ]
    【これは秀逸!】ユニークで効率的な、話題のおすすめ貯金アプリを使ってみた
  • [アプリ]
    【無料で試せる】Amazonの本読みサービスの声優が豪華すぎました
  • [アプリ]
    Amazonレビューで意外な高評価!? スター・ウォーズのおもちゃがガチすぎる
  • [アプリ]
    【ただいま、ピカチュー】ポケモンGO、実は断然パワーアップしてました!
  • [アプリ]
    9時間後に買い手がついたのは"この"アプリだけ!
  • [アプリ]
    【実録】クラシルで作った生姜焼きがイマイチだった理由
  • [アプリ]
    知ってました? Siriを無言で使う方法
  • [アプリ]
    「え、まだ現金会計派? 割り勘は絶対モメないデジタルが正義なのに?」
  • [アプリ]
    【地域最安値】ガソリンスタンドを5秒で見つける方法
  • [アプリ]
    【まとめサイト超え】リアルタイムで“一番安いiTunesカード”の売り場がアプリで判明...