1ポンドステーキにかぶりつき! BBQの「手間なしゴージャス」化が止まらない!
2017年07月12日(水)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
1ポンドステーキにかぶりつき! BBQの「手間なしゴージャス」化が止まらない!
アウトドアの食事と言ったらバーベキュー。ただ、あなたのバーベキュー、もしかして「外でする焼肉」になってはいませんか? せっかくの機会なんです。時は豪快な「非日常肉」でワンランク上のレジャーを体験してみては?
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • 「非日常」な野外肉料理5選
    これはもうパーティーです!
たまの休み、みんなで集まってパーッとやりたいなら、何より主役が必要です。そこで強くオススメしたいのが「肉」。

もちろん、肉と言ってもスーパーでちょっと高い肉を買うわけではありません。見た目は豪快、味わい豊か! そんな堂々たる“主役肉”にふさわしい肉料理をご紹介します。
  • [非日常肉①]まずはお肉を調達
    家庭じゃできない巨大サイズ!
まずは主役となる「非日常肉」の準備が必要です。とはいえ、ご家庭に不向きなサイズの食肉は普通のスーパーなどにはなかなか置いていないので、BBQワンダーランドの「日本バーベキュー協会のBBQ検定で使われている3点セット」を用意するのがオススメ。

[セット内容]
1ポンドステーキ:2枚
ステーキやローストビーフに最適とされるリブロースが2枚……!
中落ちカットステーキ:300g
やはりカルビははずせません。串焼きにしたら大迫力!
クイーンカットスペアリブ:1枚
北米風の骨付きあばら肉。とことん濃厚な旨味が……。
BBQワンダーランド
日本バーベキュー協会のBBQ検定で使われている3点セット
実勢価格:9234円(送料込み)

この大容量、大人が集まっても大満足間違いなしです。冷凍パックで届くので、当日までの保存にも困らないのが嬉しいところ。期間限定でおまけにマシュマロが付いてきます。
  • [非日常肉②]1ポンドステーキは
    プレスしてムラなく焼きあげる!
お肉が用意できたら、早速最適な調理法で美味しく仕上げていきましょう。まずはアメリカンな雰囲気漂う1ポンドステーキから。
 いわゆるリブロースと呼ばれる部位で、脂のりがよく、柔らかい。その厚切りが2枚!
この堂々たる風格、いかがですか! ポイントは、美味しく焼き上げるために、過去に当サイトでご紹介した貝印の「料理家の逸品 ミート&ベーコンプレス」を活用すること。
貝印
料理家の逸品ミート&ベーコンプレス
実勢価格:2973円
材質:鉄(シリコン焼き付塗装)
サイズ:145×145×47mm
重量:1100g

火力が不安定な野外の調理でも、適度な重さで肉を抑え、熱を逃がさず肉を焼けるようになります。大きなステーキ肉もムラなく焼き上げることができ、最高の状態に仕上がるんです!
  • [非日常肉③]中落ちカルビは
    豪快に仕上げましょう!
つづいて中落ちです。
カルビのジューシーで濃厚な味わいが魅力の中落ちは、そのまま焼いても超美味しいのですが、串を通して焼くとビジュアル面がとんでもないことになっちゃいます!
この荒々しさ、どうですか! ハイマウントの「Fire Wire」を使うことで、非日常感がさらにマシマシです。
ハイマウント
FireWire
実勢価格:1296円
材質:ステンレス
サイズ:760mm

ワイヤーを通すことでグリルの形状を問わずに焼き上げることができます。ビジュアルだけじゃなく、理にかなっているのです。
  • [非日常肉④]大物スペアリブには
    ヨシダソースを重ねて照り焼き風に
常識はずれの巨大サイズ、クイーンカットスペアリブには、さらに旨味をアップさせる秘訣が……。
ヨシダソースの「グルメのたれオリジナル」を塗った、必殺の照り焼き風!
ハケで丁寧に塗っていくだけで仕上がっちゃう手軽さがうれしい!
ヨシダソース
グルメのたれオリジナル
実勢価格:874円
内容量:645g

かなり甘めなので、コショウなどのスパイスを足すのがオススメです。
  • [非日常肉⑤]100均トレーで
    フタつきグリルを再現
さらに美味しいワンポイント!

「大きめのお肉を焼くには蓋つきのグリルが必要って聞いたけど……」という方もいらっしゃるかと思います。ですが、この問題は100均のトレーを代用することで解決します。
100均のステンレストレーを使います。蓋として使えば、ステーキもすっぽり収まり、蒸し焼き調理ができます。
こういうのがあればいいんですけど、なくてもなんとかなるのが非日常BBQなのです!


バーベキューアイデアの数々、いかがでしょうか。仲間内での株があがることはもちろん、お子さんがいらしたら間違いなく夏休みの絵日記に描かれること間違いナシです! この夏のバーベキューは「非日常」で盛り上がっちゃいましょう!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [バーベキュー用品]
    「BBQはコールマンを選んでおけば全員が幸せになる」説がガチである理由
  • [バーベキュー用品]
    焼肉名店「ゆうじ」がプロデュースした 炭火焼グリルのリアル感が飯テロすぎた!
  • [バーベキュー用品]
    肉がむちゃくちゃ旨く焼けると大評判 超うれてる「マイ鉄板」を試してみた
  • [コンロ・焚き火台]
    【焚き火台おすすめ6選】マニアック? いやいや、キャンプの万能選手なんです
  • [バーナー]
    男を上げる! コツすら不要のバーベキュー火おこし裏技
  • [コンロ・焚き火台]
    孫の代まで受け継ぎたい、 おれんちのスゴい焚き火台、育てませんか。
  • [バーナー]
    空き缶で作る、 ウルトラライトストーブの作り方。
  • [レジャー用品]
    【50人の本音】たばこ感はiQOS、吸いやすいのはPloom TECH、乗り換えなら…?
  • [レジャー用品]
    【非喫煙者50人の本音】iQOS、Ploom TECH、glo。ニオイが気になるのは?
  • [レジャー用品]
    【100人の本音】iQOS、Ploom TECH、glo。まず試してみるべき1本はコレ!
  • [レジャー用品]
    iQOSはホントに大本命? “過熱式たばこ”の選び方[使用感編]
  • [ランタン]
    Amazonで意外な人気!キャンプで役立つLEDランタン6選
  • [レジャーシート]
    「小さくて軽い」がすべてじゃない! コールマン“洗える寝袋”大絶賛のワケ
  • [レジャー用品]
    【どや顔必至】スピーカーなのか、ランタンなのか。その正体は……
  • [レジャー用品]
    迷ったら買っとく! アウトドア雑誌編集部が自腹で買ってる新定番11選
  • [タープ]
    「屋外リビングはコールマン」なら全員が幸せになれる理由
  • [テント]
    【2万円テント】安すぎると不安? 大丈夫、コールマンですから!
  • [レジャーシート]
    これ1枚でどこでもベッド! コールマン膨らむマット大絶賛のワケ
  • [テーブル]
    大定番コールマンを超えた! ピクニックの主役は今日からこっちです
  • [チェア・ベンチ]
    コールマンだけじゃない! 公園をラウンジに変える絶品チェア【6製品格付け】
  • [レジャー用品]
    BBQの消耗品、100均で買っていいものダメなもの
  • [テント]
    コールマンだけじゃないんです。スムーズにゆったりできる名品6選
  • [レジャー用品]
    【Amazonで揃います】運動会間近のお父さんお母さんに絶対おすすめの3選
  • [レジャー用品]
    【8製品格付け】打ち上げ花火、どれを買えばいいのか問題が解決しました