【日本限定Kindle】のマンガモデルを
書籍派でも買うべき理由
2017年06月30日(金)
松下 泰斗
松下 泰斗/Test by 家電批評編集部
【日本限定Kindle】のマンガモデルを
書籍派でも買うべき理由
海外に比べ、マンガを読む人が多い日本では、電子書籍の容量が膨らみがちです。4GBモデルしかラインナップのない電子書籍リーダーKindleも、そこが悩みでした。そんなKindleの容量問題を克服した新モデルが登場。今までのKindleとその差を比べてみました。
  • 国内限定「マンガモデル」なら
    たった2000円で容量8倍
Kindleは値段に関わらず容量が4GBに固定されていましたが、長編マンガをダウンロードするには少々不安でした。そこでついに国内限定で容量が大幅増加したモデルが満を持して登場しました。

ありえないことに、このマンガモデルの価格は通常版1万4280円と比べ2000円しか差がありません。正直言って、よっぽどの理由がない限り、マンガモデルを買うべきです。
Amazon
Kindle
Paperwhite マンガモデル
実税価格:1万6280円
サイズ・質量:W16 9×H117×D9.1mm・205g
内蔵ライト:LED4個使用
解像度:300ppi
接続:Wi-Fiのみ
  • マンガ50冊DL後の容量をチェック
通常モデルにいれることができるのは合計で100冊にも満たない数です。
マンガモデルなら合計500冊近く入れることが可能に。日本では書籍に比べマンガの電子書籍利用が多いので、容量は多いに越したことはありません。
  • PaperWhite以外のKindleは特別版ナシ
Kindle Oasis
実勢価格:4万1592円

Kindleには4万円を超えるモデルもありますが、容量の増加モデルはPaperwhiteのみです。他のモデルは価格に関わらず4GB固定となるため、コスパの面から見てもPaperWhiteが優秀です。

Kindleは端末に保存できないからといって、買った本がなくなってしまうわけではありません。ただ、容量を超えた分の本はこまめに削除したり、また読みたくなったらオンラインでダウンロードしてと、面倒が増えます。よっぽど「書籍だけ」というこだわりのある人以外は、マンガモデルを買って損はないでしょう。
  • 電子書籍専用の価値は
    「目への優しさ」にあります
Amazonが販売しているKindleは「E-Ink」 と呼ばれるマットな質感の液晶を採用。可能な限り「紙」に近づけることをコンセプトにしているだけあり、タブレットやスマホ特有の目の疲れを感じさせない「目への優しさ」をとことん追求した端末なんです。
  • 長時間の利用でも疲れない
    「フロント」ライトが特徴です
Kindleで長時間読書することを想定し、実際目の疲れを測定してみましたが、その違いは明らかでした。目の疲れを図るためにランプの点滅を目が見極められるかで眼球の疲労を示す、フリッカー値で目への影響を検証。アプリ「FHM Lite」を利用しました。

比較に利用したのは同じAmazonの「Fire」です。
  • タブレットタイプの「Fire」は別モノ
Fire
※現在は新モデル「Fire 7 タブレット(8980円)」が発売

FireタブレットとKindleは一見同じカテゴリに見えますが、その実全く別の製品。Fireがネットや動画を重視した、いわゆる普通のタブレットだとしたら、Kindleは徹底的に電子書籍の機能に注力したモデルと言えます。
  • PaperWhiteで3時間読書した場合
1時間に一回ずつ目の疲れを測定してみましたが目の状態は変わらず、3時間程度ならば苦になりません。
  • Fire(タブレット)で3時間読書した場合
2時間目から目の疲れが出始めました。当日のコンディションにもよりますが、長時間見るにはつらい……。
  • PaperWhite はフロントライト搭載
液晶を「後ろから」照らすバックライトに対し、Paperwhite に搭載のライトは「前から」画面を照らすため、電球の下で紙の本と同じ感覚で読めます。これが目が疲れない大きなポイントです。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [タブレット本体]
    新iPad Pro発表の裏で 「無印iPad」の存在価値が急騰中です
  • [タブレット本体]
    iPad miniの独壇場はもう終わり! 8インチの新本命が買い時です
  • [タブレット本体]
    新iPad登場でも揺るがない 「ZenPad」が最高コスパの理由
  • [タブレット本体]
    Kindle選びに迷ったら、 迷わずPaperwhiteでOK!
  • [タブレット本体]
    最安タブレット「Amazon Fire」の 最大の弱点をかき消す裏ワザ
  • [タブレット本体]
    17台のランキングで堂々1位! “無敵の完成度”をほこる最強タブ!
  • [タブレットアクセサリー]
    【iPadでかすぎ!】タブレットを“フリーハンド”で使うベストアイデア9選
  • [スマホ連動ガジェット]
    【全部買える!】ドラえもんの ポケットに入っていそうなモノ11選
  • [スマホ連動ガジェット]
    【目の前に巨大スマホ出現】 エプソングラスの魅力と残念なコト
  • [携帯・スマホ本体端末]
    【TSUTAYA】の格安スマホが 「らくらくフォン」として最適の理由
  • [スマホ連動ガジェット]
    【Amazonで30%オフ】ミニ四駆が ラジコンになる不思議な乾電池
  • [携帯・スマホ本体端末]
    au「TORQUE」が子ども用の 最強ケータイである3つの理由
  • [携帯・スマホ本体端末]
    【SIMフリー高すぎ】中古iPhoneの お得な買い方3つのポイント
  • [携帯・スマホ本体端末]
    【最先端SIMフリー】ZenFoneARは 模様替えに効果バツグンでした
  • [バッテリー・充電器・チャ...]
    【コンセントが刺さる!?】モバイルバッテリーはAnkerだけが正解じゃないんです
  • [スマホ連動ガジェット]
    【データ通信ゼロ】iPhoneでテレビを観るベストな方法
  • [携帯・スマホ本体端末]
    【最強のSIMフリー】Huawei P10を 50時間かけてガチ比較してみました
  • [スマホ連動ガジェット]
    壁も机もぜんぶタブレットになる! 「Xperia Touch」の魅力と惜しい弱点
  • [スマートフォンアクセサリ...]
    【かわいい】女性を美しく撮れる スマホレンズ6製品比較!
  • [スマートフォンアクセサリ...]
    【スマホで魚眼】SNSでいいねを押される裏ワザとは? スマホレンズ8製品ガチ比較
  • [スマートフォンアクセサリ...]
    【スマホ写真激変】「マクロ」レンズ8本勝負! 1位は意外にも……
  • [スマートフォンアクセサリ...]
    【自撮りレンズ】徹底テスト8製品 意外な1位はあの激安ブランドでした
  • [アプリ]
    【Apple純正は第5位】iPhone音楽再生アプリ最強ランキング まさかの第1位はあの無料ア...
  • [携帯・スマホ本体端末]
    【スマホの音が悪い】と感じたら 絶対知っておいて欲しいコト