【AirPodsが買えない…】という人に
「Lightning」イヤホンを推したい理由
2017年06月27日(火)
阿部 淳平
阿部 淳平/Test by 家電批評編集部
【AirPodsが買えない…】という人に
「Lightning」イヤホンを推したい理由
iPhone7で廃止されたイヤホンジャックのおかげか問題か「AirPods」の売れ行きが好調です。というか好調過ぎて買えていない人も多いのでは? 確かに素晴らしいイヤホンであることは間違いないですが、今回編集部で見つけた1本には、それをも超える可能性がありました。
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • ワイヤレスならAirPodsは最高
    でも、有線なら別の選択肢もありました
アップル
AirPods
実勢価格:1万6800円(税別)

AirPodsは現在(6/26)アップルストアでは6週間待ちとなっており、Amazonでは価格が高騰気味。確かに素晴らしい製品ですが、もしワイヤレスに絶対のこだわりがなければ、もっと見るべき製品がありました。それが今回ご紹介する「RAYZ Plus SE-LTC5R」です。
  • AirPodsにはない迫力音質に
    ノイズキャンセリングまで搭載!
「RAYZ Plus SE-LTC5R」は、iPhone7で廃止されたイヤホンジャックに代わり、Lightningコネクタで接続するタイプのイヤホン。このLightningタイプでは珍しいノイズキャンセリングにも対応しています。

耳から外した際の自動停止、カスタマイズできるリモコン、そして購入後にアップデートで新機能を追加できる設計など、ガジェット性も高いのが魅力。当然AirPodsと違い有線での接続にはなりますが、その使い勝手はAirPodsにも引けをとりません。
オンキヨー&パイオニアイノベーションズ
RAYZ Plus
SE-LTC5R
実勢価格:1万9310円
  • 低音や音の広がりはAirPodsにない部分です
まずは音質を検証してみました。ご協力していただいたのは、360.lifeでもおなじみの東京音研放送サービスの原田さんと、同じく東京音研放送サービスの井川さん。プロの耳による試聴によるインプレッションをもとに評価付けを行いました。

「初期のLightningイヤホンに共通していたギュッと圧縮されている、押しつけがましい音が緩和されてきている」と原田さん。「音場の広がりがいいですね。ノイズキャンセル時もやや詰まった感じになるが音質変化も少なく優秀」と井川さん。

2人の識者から高い評価がつきました。低音から高音まで安定した高い点数で音場感に優れている所もポイントです。
  • ノイキャンは効き目調整も可能で
    音質変化も少ないです
ノイズキャンセリングの効きは強烈とはいかないまでも、十分実用性があります。また、測定用のサウンドを流すことで、イヤホンから鼓膜への反響と周囲の騒音の両方を測定。ノイズキャンセリングの効き方を調整することが可能です。使用中に違和感を感じたら調整し直せるのはとても快適でした。

イヤホン部分は軽い装着感のため圧迫感は皆無。ただ、小型なので人によっては抜けやすく感じるかもしれません。リモコン部分はSiriの起動やノイズキャンセル時に外音を取り入れる「HearThru」への切り替えなどができるスマートボタンを搭載。もちろんマイクも内蔵しています。
  • 「音楽聴きながら充電したい」問題にも対応
Lightningイヤホンの欠点だった、使用中は充電ができない問題も解消。ケーブルの途中にライトニング端子があるので、音楽を再生しながらiPhoneを充電できます。
  • 進化するのも大きな魅力のひとつです
普通のイヤホンと違い、なんとスマホのように、ファームウェアアップデートで新機能が追加されます。通話などでマイクを使用している際、自分が話していない間は自動でマイクをミュートにする「スマートミュート」機能が追加するなど、最新のものを買えば良かったという後悔をしなくて済みます。
  • 充電不要のノイキャンは貴重!
    AirPodsよりもできることは多いです
「RAYZ Plus SE-LTC5R」はLightning接続するiPhoneから電源を取るため、充電が不要です。また、イヤホンには珍しくアップデートに対応する設計など、できることが幅広く、それぞれの使い勝手も優秀です。

特別にワイヤレスにこだわる必要がない人は、AirPodsよりもこちらの方が、音質的にも機能的にも満足できるのではないでしょうか。
  • 格安のLightningイヤホンなら
    簡易防水のANKERもあり
ANKERから発売されているLightningイヤホンは、正直音質はそこそこなのですが、手頃な価格でIPX3の耐水機能を備えているのでコスパは上々です。
ANKER
SoundBuds Digital IE10
AK-A30110A1
実勢価格:3999円
「低音域がもう少しボリュームがほしいところです」と原田さん。「RAYZ Plus SE-LTC5R」に比べて音質は落ちてしましますが、お値段を考えると満足度の高い1本です。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [イヤホン]
    【買ってよかったAir Pods】ユーザー満足度を高める5つの理由
  • [イヤホン]
    【AirPodsの弱点】音漏れ&遮音を 解決できる最新ワイヤレスがコレ!
  • [イヤホン]
    「最強イヤホンランキング」全50本 5000円以下で最高音質はコレだ!
  • [イヤホン]
    Bluetoothイヤホンランキング14選[完全版] 専門家、部員、テスター総動員でおすす...
  • [イヤホン]
    “耳だけ”イヤホンのパイオニアは まだまだ課題も多く「待ち」が正解
  • [イヤホン]
    最強14モデルBluetoothイヤホンをテスト! No.1はコレです![後編]
  • [イヤホン]
    最強14モデルBluetoothイヤホンをテスト! No.1はコレです![前編]
  • [イヤホン・ヘッドホンアク...]
    iPhone8でジャック復活はナシ? イヤホンをライトニング化させる方法
  • [ヘッドホン]
    【アップルが買収】したヘッドホン 「Beats」にもたらされた最高の変化
  • [ヘッドホン]
    あのソニー神機がまさかの2位……「最強ヘッドホンランキング」52製品
  • [イヤホン・ヘッドホンアク...]
    ついに「イヤホン絡まる問題」解決! コードの長さ調整もこれなら楽々でした
  • [ヘッドホン]
    中居正広が侍ジャパンに贈った? 「BOSEのヘッドホン」をテスト!
  • [ホームシアター]
    「もうディスプレイには戻れない」欧州サッカーも映画も、お好きな場所でシアター化!
  • [ポータブルスピーカー]
    お風呂用スピーカーに「吸盤式」という新発想
  • [液晶テレビ]
    安くて便利で「ちょうどいい」! プロが選んだ一人暮らし家電
  • [ホームシアター]
    【家族に衝撃走る】ウチのテレビって映画館レベルじゃない? と思わせる3つの手段
  • [ホームシアター]
    壁が、天井が、スクリーンになる! 寝室で映画を観るための新アイデア
  • [4K]
    安くて売れすぎ「ドンキの4K」に 慌てて手を出さない方がいい理由
  • [スピーカー]
    オーディオ黄金比率は「5:3:2」 失敗しないスピーカー選びのコツ
  • [レコード]
    実はアナログこそ最高音質なワケ ソニーも本気のレコード再入門
  • [スピーカー]
    もったいない!高級スピーカーを 良い音で鳴らしきる“ベスポジ”がコチラです
  • [スピーカー]
    【苦情ナシ】マンションでも 大音量で映画を見る方法、見つけました。
  • [スピーカー]
    最小コスパの本格オーディオ 入門用BESTセットはコチラです
  • [アンプ]
    今年こそ…真空管アンプ入門 オススメしたいBESTセットがコレ