Amazonで買うべきタブレットはやっぱりFireでした
2018年12月07日(金)
360.life編集部
360.life編集部/Test by スマートフォン360.life
Amazonで買うべきタブレットはやっぱりFireでした
ついに年末年始も目前。外は寒いし、どこもかしこも混雑だらけ…なら、お家でぬくぬく動画を見たり、雑誌を読みながら物欲を膨らませるのもいいですよね。Amazonにはコスパの高い「Fireタブレット」があるのですが、7、8、10と種類も増えてきて、どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。実は今サイバーマンデーでセール対象となっているので、買うのならコスパ最強の今が絶好のタイミング! ここでは、Fireタブレットの2018年最新モデルまでの違いから、おすすめのモデルまでご紹介します!
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • タブレットは2種類!
    あなたは読書派? 動画・雑誌派?
まずは、「Fireタブレット」ってなんぞ? という方のために、Amazonのタブレットについて簡単にご説明します。

数あるタブレットの中でも、強い人気を誇るのがAmazonの「FIre」と「Kindle」です。

じつはこの2つだけでも製品がこれだけあるのですが、大きくは「Fire」が動画・雑誌向け、「Kindle」が読書向けと分かれます。それぞれ、目的に合わせた性能を備えています。
Amazonプライム・ビデオと相性バッチリなFire HD 10。
「Fire」は動画・雑誌向け…と言いましたが、雑誌・マンガ、音楽、ビデオ、アプリと、エンターテイメントを全般的に楽しめるタブレットです。

Kindleストアの本やコミックも無料で読めるので、「全部Fireでいいじゃん!」と早合点してしまいそうですが、公称のバッテリー持続時間は約8~10時間。

これでも十分使える範囲ですが、それこそ、がっつり読書に集中したい方なら、バッテリー切れの心配が少ない方がいいですよね。
本好きの目にとても優しいKindle Paperwhite。
「Kindle」は完全に読書機能に特化しているため、できることが限られますが、目に優しいライトだったり、1日30分ならバッテリーが数週間もってくれたりと、かなり得意分野が違ってくるんです。

つまり、「雑誌や動画、音楽などエンタメを思い切り楽しみたい」ならFireを、「本をがっつり邪魔されずに読みたい」ならKindleを選ぶのが賢い選択といえるでしょう。

この記事ではFIreをじっくりご紹介しますので、Kindleが気になる方は以下の記事をご覧くださいね。
  • Fireシリーズは全部で3種類
    「求めるもの」で選ぶ
お待たせいたしました、それではFireのラインナップをご説明します。FIreタブレットの現行モデルは、Fire7、Fire HD 8、Fire HD 10の3つです。

それぞれ、ディスプレイサイズがそのまま名称になっています。大きさだけでなく、性能も異なっているので小さいモデルから順にご紹介します。

今回のサイバーマンデーでは、すべてのサイズがセール対象となっていますよ!
  • 最も薄く最も軽い
    軽量さを求めるならFire7
Amazon
Fire 7
実勢価格:5980円 → 3480円
★サイバーマンデーセール対象商品

サイズ: W192×D115×H9.6mm
重量:295g
最も軽く、薄く持ちやすいタイプです。1回の充電で最大8時間使用可能なので、動画もゆっくり楽しめます。

また、電源を入れてからの起動が早く、PCより手軽で、スマホより画面が大きいので、エンターテイメントにはもってこいです。こちらの重量は295gで、次に軽いのが365gとなるため、軽さを求めるならこちらのモデルになります。

しかも、今のタイミングであればセール対象となっているので、さらに買いやすい価格になっています。
ただし、Fire 7はモノラルスピーカーなので、より高音質で楽しみたい人は、デュアルステレオスピーカー搭載のFire HD 8がおすすめです。
  • 高性能・高コスパを求めるなら
    “ちょうどいい”Fire HD 8
Amazon
Fire HD 8
実勢価格:8980円 → 4980円
★サイバーマンデーセール対象商品

サイズ: W214×D128×H9.7mm
重量:369g
オーディオがDolby Atmos デュアルステレオスピーカーになり、より音楽や動画の音質を楽しめるタイプです。

バッテリーが最大10時間使用可能になり、約半日楽しめるので旅行先や出張先でも使えます。

また、別売のmicroSDカードを組み合わせて、ストレージを400GBにまで拡張できるのは8インチHDのみ。容量を気にしたくないという方向きです。
持ち運ぶならカバンに入るサイズがいいけど、重すぎるのも困る…というニーズにちょうどいい大きさと重量です。

ちょうどサイバーマンデーセールでセール価格になっているので、買うなら今がチャンスですよ! 付属アクセサリも値引きしています。
  • 大画面で見るなら最強コスパ
    買って損なしのFire HD10
Amazon
Fire HD 10
実勢価格:1万5980円 → 9980円
★サイバーマンデーセール対象商品

サイズ: W262×D159×H9.8mm
重量:500g
高解像度の1920x1200、1080pの10.1インチHDディスプレイを搭載し、雑誌・動画の閲覧に文句なしのサイズです。

フルHD・10インチで1万5980円という価格は正直、お得すぎる…といえますが、なんと今回のサイバーマンデーセールでは1万円以下に大幅値下げ!

こちらも、大画面ですが「HD 8」と同じく、1回の充電で最大10時間使用ができます。
手に持つとこれくらいのサイズ感。雑誌を見開きで読んでも、これなら文字まで目で拾えます。ページ続きの見開きが存分に楽しめるのはうれしい!

以上、Fire タブレットの選び方とラインナップのご紹介でした。とくに、現在開催されているサイバーマンデーセールはお得に買える今年最後のチャンスとなっていますので、ぜひお見逃しなく!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [タブレット本体]
    便利な方がいい、でも目にも優しい。Kindleが応えるのはそんなワガママでした
  • [タブレット本体]
    初期設定がめんどくないAIスピーカー。ディスプレイ付きが鍵でした
  • [タブレット本体]
    アマゾンでFire HD10が4200円OFF! この週末に最強な1台はこちらです
  • [タブレット本体]
    なんと6300円オフ! Amazon最強の“漫画ビューワー”が買い時です
  • [タブレット本体]
    iPad危うし!? 高性能で猛追する最強のライバル登場か
  • [タブレット本体]
    「そのまま使っちゃダメ!」って言いたくなっちゃうiPad周辺機器のベストがこちら
  • [タブレット本体]
    もう迷わない!「iPadどれ買えばいい問題」を解決する5つのポイント
  • [タブレット本体]
    アップル派は見ないでください。“iPad mini 4の次”は、あっちのタブレットがオスス...
  • [タブレット本体]
    知らなきゃ損! iPadの「できない」を「できる」に変える凄ワザ17選
  • [タブレット本体]
    「鳥貴族でPC作業がはかどった」なに言ってるか分からないと思いますが、ありのままお...
  • [タブレット本体]
    iPad派は見ないでください。「ファーウェイ」の2018年上半期ベスト
  • [タブレット本体]
    「こりゃ~極楽!」 “訳あり品”がお風呂テレビにピッタリな理由
  • [タブレット本体]
    Amazonで買えるタブレット、真の「最強コスパ」はコチラです
  • [タブレット本体]
    「こっちでよかった?」Proユーザーが“新iPad”に嫉妬した理由
  • [タブレット本体]
    【2018年】新型iPad完全ガイド[本気レビュー、激推しアクセサリ、厳選アプリ]
  • [タブレット本体]
    まさに「紙」タブレット、手書きならiPadをも上回るこの1台!
  • [タブレット本体]
    「新しい無印iPad」もう、手書きにProは要りません
  • [タブレット本体]
    アナログ歴30年のイラストレーターがiPadバカになった理由
  • [タブレット本体]
    種類多すぎ! FireとかKindleとかオススメはコチラです
  • [タブレット本体]
    iPadに負けてない! Amazonで人気の防水タブレットがコチラです
  • [タブレット本体]
    安いだけじゃない! Amazon大定番の買うべき逸品がこちらです
  • [タブレット本体]
    日本で唯一の専門誌「家電批評」読者が選んだベストバイがコチラ
  • [タブレット本体]
    iOS11で「iPadのパソコン化計画」が一気に進んだ5つの理由
  • [タブレット本体]
    【ヨドバシ店員に聞いた】iPadが今売れている3つの理由