Amazonで人気の「吊るせるポーチ」が旅行やガジェット入れに最適な理由
2017年06月21日(水)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
Amazonで人気の「吊るせるポーチ」が旅行やガジェット入れに最適な理由
開いてフックを洗面所のバーに引っ掛けると、バス用品の収納棚にもなる吊るせるトラベルポーチ。充電器など、かさばるモバイル機器用のポーチとしても大活躍します。今回はアマゾンで人気の7製品を購入して、実際に使用してみました。
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • 形がバラバラなモノを収納するには
    ボックス型の空間が重要です!
一般的にトラベルポーチのタイプはボックス型、折りたたみ型、クラッチバッグ型の3種類に分けることができます。

ボックス型は収納量の多さと空間の広さが魅力です。歯ブラシ、携帯コップ、洗顔料、フェイスタオル、石けん入れ、コンタクトレンズ用品など、バス用品は形も大きさもバラバラ。それはモバイル機器にしても同じです。

収納力だけなら、ボックス型以外にも選択肢はありますが、そんなバラバラの形のモノ、特に厚みがあるモノを簡単に収納するには、ボックス型が断然便利です。大小様々な整理ポケットも付いているというところも魅力です。

折りたたみ型は開くと3つまたは4つの小物入れが現れ、整理整頓がしやすいのが特徴。マチは広くないので大きなものは入れにくいですが、バス用品の量があまり多くない人には向いています。

クラッチバッグ型は閉じるとスタイリッシュな形状になり、まわりの人の目が気になる大浴場にも持っていきやすいでしょう。ただしバス用品を入れすぎると、分厚さが目立ってみっともなく見えます。また、持ち手がなく脇に抱えるスタイルなので、重いと持ち運びしにくいのも難点でした。

それでは、おすすめのトラベルポーチ、第1位の発表です!
  • モノが多い人には断然コレ!
    1位はボックス型のVolador
ファスナーは大きめの持ち手付きで開けやすかったのがVoladorの「バスルームポーチ」。中央に大型ボックス、左右に縦置きのポケットが付いており、たくさんの物を整理整頓できました。アマゾンレビューでも「すべてきれいに収納できます」と好評。星も4.5と高評価な本製品。実際に使ってみると、なるほどレビューの評価どおり非常に使い勝手の良いポーチでした。
Volador
バスルームポーチ
実勢価格■1499円
収納スペースが多いので長期旅行もこれで安心です。
収納量の多さ【A】  
出し入れのしやすさ【A】
整理整頓のしやすさ【A】
マチが広いのでたくさん入ります 
中央のボックスは奥行きが23cmもあり、石けんやタオルなど大きめのものもたくさん入れられるのは魅力大です。
縦ポケットが多いので小物が倒れません 
中央のボックス内には、メッシュ状のポケットが8つも付いています。そのうち3つはマチが広めで、太さのあるものも入れやすいです。
左右のポケットも開き小物がひと目でわかります 
左右のポケットは横に開き、中に入れたものがひと目でわかります。左右合計で6つの縦型ポケットを内蔵しています。
  • ボックスの収納量が◎
    2位はBAGSMART
BAGSMART「バスルームポーチ フック付き」は形こそ1位のVolador製と似ていますが、小型ポケットの数は少なめ。ですが、フックが金属製で大きく、太いバーにも引っ掛けやすいのがうれしいです。底面が広めのため「立てたまま収納できる」というコメントもありました。
BAGSMART
バスルームポーチ フック付き
実勢価格■1890円
折りたたむととてもコンパクトですが、開けば意外と大きさがあります。
収納量の多さ【A】  
出し入れのしやすさ【B】
整理整頓のしやすさ【B】
ボックスの収容量が◎ 
中央のボックスはかなり広く、前にはファスナー付きのメッシュポケットも付いています。後ろには深さのあるメッシュボックスも備えています。
サイドが縦に開きます 
左右のポケットは上向きに開き、何が入っているのかがすぐわかります。整理ポケットはないですが、幅が狭いので乱雑にはなることはありません。
  • 3段式で閉じても膨らみにくい
    同率2位はノーブランドトラベルポーチ
上段のポケットはかなり小さい「トラベルポーチ」ですが、中段と下段は大きめ。外側のカバーは奥行きが広く、たくさん詰めてもパンパンになりません。「旅先で簡易化粧台になる」という投稿も、収納量の多いポーチならでは。価格が手頃なのもうれしいですね。
ノーブランド
トラベルポーチ
実勢価格■750円
ガバッと開く独特のデザインです。
収納量の多さ【B】  
出し入れのしやすさ【A】
整理整頓のしやすさ【B】
縦ポケットが深く長さのあるものも入ります 
2段目は、前側に縦ポケットが3つ付いています。マチも深さもあり、チューブ型の洗顔料が入れやすいです。後ろにも広いポケットがありマチも広めになっています。
中身が見えるメッシュポケットは大きめでした 
3段目は前面がメッシュになった大型のポケット。中身が見えやすく、濡れたタオルや石けん入れなどを入れても乾きやすいです。タオルもスッポリ入りました。
  • クッション付きで中身を守る!
    4位は縦に長いライトポイント
ライトポイントの「バスルームポーチ」は、コンパクトなため「機内に持ち込んで使える」という投稿がある一方で、「もう少し大きなものも欲しい」という意見も。4段あるので整理しやすいのは便利ですが、確かに物を入れすぎるとファスナーが閉まらなくなってしまいました。荷物が少なめの方に向いています。
ライトポイント
バスルームポーチ
実勢価格■1699円
マチが狭いため収納量はやや少なめでした。
収納量の多さ【C】  
出し入れのしやすさ【B】
整理整頓のしやすさ【A】
小型メッシュポケット、3つの縦ポケット、大型メッシュポケット、大型ビニールポケットがあり、整理のしやすさはトップクラスです。
3段目はメッシュ窓になります。
4段目には濡れものに便利なビニール窓も備えます。
  • たたみやすくてスタイリッシュ!
    同じく4位はARINO
閉じるとセカンドバッグのような形状になるARINO「バスルームポーチ」。一見するとトラベルポーチには見えないほどオシャレですが、残念ながら収納量は少なめでした。
ARINO
バスルームポーチ
実勢価格■1490円
小物が少なければ、これはこれでありです。
収納量の多さ【B】  
出し入れのしやすさ【C】
整理整頓のしやすさ【C】
2段目にはたくさんバス用品が収納できますが、外から中身は見えません。3段目は縦ポケットが5つあり、歯ブラシなどを整理できます。
3段目は深さはあるもののマチが狭いので大きなものは入りません。
  • 大ポケットに手が入れにくい!
    5位はP.KU.VDSL
P.KU.VDSLの「トラベルポーチ」は、ボックスの前面は高さがあるため、手が入れにくくなっています。中にある縦ポケットのマチも狭めでした。
P.KU.VDSL
トラベルポーチ
実勢価格■1199円
開け閉めのファスナーは使いやすいです。
収納量の多さ【B】  
出し入れのしやすさ【C】
整理整頓のしやすさ【C】
  • ポケットの素材が薄く頼りない
    同じく5位はハインズ・イーグル
最大の特徴である鏡は歪んで見えるため、あまり役に立たなかったハインズ・イーグルの「トラベルポーチ」。ファスナーがかなり大きく、開閉しやすいのは好印象でした。
ハインズ・イーグル:トラベルポーチ:旅行:ポーチ:バス用品:収納:トラベルポーチ:旅行用品
ハインズ・イーグル
トラベルポーチ
実勢価格■800円(検証時)
鏡付きですが歪んで映ってしまうのが残念です。
収納量の多さ【C】  
出し入れのしやすさ【C】
整理整頓のしやすさ【C】
  • 検証項目は用品の収納量や
    整理のしやすさ
ランキングを作成するにあたって、各製品を「収納量の多さ」「出し入れのしやすさ」「整理整頓のしやすさ」の3項目をA~Cの3段階で評価しました。
1.収納量の多さ
歯ブラシ、携帯コップ、タオル、洗顔料、石けん入れなどのバス用品がどれだけ多く収納できるのか、実際に詰め込んでチェックしました。
2.出し入れのしやすさ
収納口が広ければ手が入れやすいので、バス用品の出し入れがしやすく、ストレスを感じることがありません。整理ポケットも、ゴム式だと入れにくくなりました。
3.整理整頓のしやすさ
ポケットがたくさん付いていれば、旅行中の振動でゴチャゴチャになる心配も少ないです。また、マチが広ければ、太めの洗顔料なども入れやすくなります。

一度使うと泊まりの旅行にトラベルポーチは欠かせなくなります。私も今回の検証で気に入ったトラベルポーチを購入しましたが、旅行かばんの中が散らばらなくなり、チェックアウト時の洗面所の片付けも時間がかからなくなり、とても満足でした。

バス用品にもデジタル機器にも重宝するトラベルポーチ、ぜひお試しください。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [旅行用品]
    熟睡したいならビニール製じゃダメなんです【ネックピロー4品評価】
  • [旅行用品]
    これは…自宅? と勘違いしちゃう快適重視のトラベルグッズ4選
  • [旅行用品]
    無印良品のトラベルグッズが抜群! まず一通り揃えたいオススメ基本13選
  • [旅行用品]
    便利すぎる無印良品のトラベルグッズ13選 専門品より秀でたモノはコレでした
  • [スーツケース]
    【え、1万円なんですか】ドンキのスーツケースに笑っちゃう理由
  • [スーツケース]
    日本一“軽い”スーツケースがリモワを凌駕した理由
  • [スーツケース]
    リモワに勝った! 無印良品のスーツケースが15製品中1位になった理由
  • [スーツケース]
    スーツケースの良し悪しを売り場で見分ける方法
  • [格安航空券の選び方]
    【新幹線YEAR】東京ー長野が半額! トクしかないキャンペーン第三弾
  • [アジア]
    【実録】7000円で台湾…冗談みたいな値段ですがホントに行けました
  • [格安航空券の選び方]
    【実録】「エミレーツ航空のファーストクラス」に9万円で乗る方法とは?