味覇、味の素がまさかの結果に……
中華調味料を料理のプロが本気で格付け!
2017年06月19日(月)
青山 卓弥
青山 卓弥/Test by MONOQLO編集部
味覇、味の素がまさかの結果に……
中華調味料を料理のプロが本気で格付け!
自宅の中華料理が一発でお店の味なる中華調味料。果たして、本当に一番美味しいのはどれなのか、決着をつける日がやってまりました! 大定番の味覇にまつわる裏話も網羅。結末やいかに?
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • 超こってり系とナチュラル志向
    食のプロを交えて実食比較!
毎日の料理にひとさじ加えるだけで、あっという間に中華料理店の味になる! そんな数々の中華調味料、実際の味の違いはどんなものなのでしょうか。スーパーで人気の6製品を集め、炒飯、青菜炒め、スープに使用して、その違いを比較してみました。

注目は、知る人ぞ知る大定番だった「味覇」と、一悶着あった「創味シャンタン」の直接対決。“一悶着”の内容については下記で解説しますが、このライバル同士、果たして軍配はどちらに上がるのでしょうか!? 

一悶着ってなに? という方は、以下をさらっとご覧ください。


味覇を巡る大モメ劇の一部始終

①50年以上前から「味覇」は創味食品が製造し、廣記商行が販売していました。
②2015年に販売担当であった廣記商行が「味覇チューブ」の販売を開始します。
③これに激怒したのが、製造元である創味食品。
④創味食品は“55年目の新発売”というキャッチコピーと共に「創味シャンタン」発売開始。
⑤廣記商行は販売社名義を変更し「味覇」の販売を続行。←今ここ

創味食品は業務用中華調味料を自社で販売し、一般消費者には廣記商行を通じ「味覇」として販売していました。つまり、業務用と一般消費者用で、商品名を変えていたのです。しかし、②の騒ぎを契機に創味食品が業務用調味料を「創味シャンタン」として一般消費者への販売を開始。ここに中華調味料の因縁の構図が発生したのです。
味覇の中身
創味シャンタンの中身
まさに骨肉の争いです。エキスだけに。
  • 超こってり系とナチュラル志向
    食のプロを交えて実食比較!
各調味料の味わいを採点したのは、食のプロ4名。ちなみに、調理もお願いしておりますので、各メニューの誤差などはほぼございません。

[試食メニュー]
炒飯:自宅中華の王道です
スープ:味わいが率直に出ます
青菜炒め:野菜と絡めるとどうか?

[ご試食いただいた食のプロ]
スーパーエコごはん研究家・桃世真弓さん
フードコーディネーター・小越明子さん
料理家・風間章子さん
町中華探検隊・半澤則吉さん

それでは、全6種類の中華調味料を高評価順に発表いたします!
  • チキン風味で日本人好み
    創味シャンタンが元祖の強み発揮
創味食品
創味シャンタン DELUXE
実勢価格:971円(500g)
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)

中華的ジャンク感が予想より低く、日本人好みのチキン風味が広がったのが高評価のポイントです。全メニューのも平均的においしく、弱点は見当たりません。味覇との勝負、今回はこちらが圧倒しました。
[炒飯]識者評価:4.0pt 
[青菜炒め]識者評価:4.3pt 
[スープ]識者評価:4.3pt 
  • 「無化調」がプロに受けた!
    無添加ガラスープは優しい味
ユウキ
化学調味料無添加のガラスープ
実勢価格:394円(130g)
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)

中華料理特有のガツンとしたパンチ力には欠けますが、後味すっきりで、どんな料理にも馴染むという使いやすさが評価を得ました。特にスープはカンタンな調理ながら絶品のやさしい味わいでした。
[炒飯]識者評価:4.0pt
[青菜炒め]識者評価:3.6pt
[スープ]識者評価:5.0pt
  • 味の素の「中華あじ」は
    あっさりとした懐かしい味
味の素
中華あじ
実勢価格:370円(50g)
※Amazonパントリー価
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)

パンチの中華料理というより、和のテイストに近い感覚です。特に、青菜炒めは「あっさりとして懐かしい、日本の昔の家庭の味」(風間さん)という評価も。
[炒飯]識者評価:3.3pt 
[青菜炒め]識者評価:3.3pt 
[スープ]識者評価:4.3pt 
  • 味覇(チューブ)は缶より高評価
    メンマ風味が効いています
廣記商行
味覇(チューブ)
実勢価格:486円(125g)
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)

ここでようやく登場の味覇。缶タイプよりチューブタイプの方が比較的あっさりめで、かつ隠し味のメンマの風味が効いていたのがポイントです。
[炒飯]識者評価:3.6pt
[青菜炒め]識者評価:3.6pt
[スープ]識者評価:3.6pt
  • 香味ペースト塩味は
    その名の通りの香ばしさが◎
味の素 CookDo
香味ペースト〈塩〉
実勢価格:395円(120g)
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)

お湯に溶かし入れるだけで、そのままラーメンの味になる香ばしさが魅力。パンチがあるので炒め物にも適しています。
[炒飯]識者評価:3.3pt 
[青菜炒め]識者評価:3.3pt 
[スープ]識者評価:3.6pt 
  • 缶味覇は最強のこってり感
    評価は厳しいがツボにハマれば◎
廣記商行
味覇
実勢価格:1229円(500g)
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)

缶タイプの味覇はまさかの最下位評価でした。こってりした中華味が評価をわけたポイントですが、特有の味わいがハマる可能性も大。チューブタイプとも創味シャンタンとも全然違う味わいでした。
[炒飯]識者評価:2.6pt 
[青菜炒め]識者評価:3.0pt 
[スープ]識者評価:2.3pt 
  • [おまけ]調理のしやすさは
    チューブタイプが圧倒!
料理時の扱いやすさでいえば、片手で扱えるチューブタイプが圧倒的に便利です。細粒タイプは炒飯のように水気がないものだと溶けないこともありました。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [調味料]
    なにこの香り! 虜になっちゃうカルディ魅惑の調味料7選
  • [調味料]
    レンジでプロ並み! 超かんたん「時短だし(出汁)」のスゴ技ベスト3
  • [調味料]
    「とんかつソース」より「ウスター」の方が味が濃い…ってご存知でしたか?
  • [調味料]
    茅乃舎通は知っている。だしパック“中身”の意外な活用法
  • [調味料]
    ウチの食卓から「もう飽きた~」が消えた理由
  • [調味料]
    セブンさん、やりすぎ! 本家超えのPB調味料がすごい。
  • [調味料]
    ブルドック、キューピー、カゴメ…超ド定番を超えたPB調味料はこれ!
  • [調味料]
    プロがリピ買い! Amazonで絶賛のダシが「醤油の革命」でした
  • [調味料]
    【カルディ】こういうの欲しかった! 通好みのシーズニング7選
  • [調味料]
    奥様、お昼にどうですか? ぶっかけ麺つゆ旨ランキング8選
  • [調味料]
    マジで「万能」だった 一年中使える麺つゆランキング22
  • [調味料]
    コストコ、カルディ…パっと見美味しそうだけど、実はがっかりな人気ショップの食品た...
  • [調味料]
    【テストする女性誌】LDKが選ぶ スーパーで買える美味しい醤油ランキング15
  • [香辛料・スパイス]
    【パクチー天国】カルディで買っていいパクチー、ダメなパクチー
  • [香辛料・スパイス]
    カレーは「りんご」より「フェンネル」が新定番! …ところで「フェンネル」って?
  • [コンビニスイーツ]
    【最強のチョコ5選】コンビニスイーツは気になったら即食べなきゃダメな理由
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「脂質17%と0.2%」タラは2種類あるのを知っていますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「余っちゃった…」2日目のお刺身が美味しく食べられる裏ワザ
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    魚さばける? 無理ならスーパーに頼めばいいじゃない
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「鮭とサーモン」どっちが刺し身NGか知っていますか?
  • [コンビニスイーツ]
    もう食べた? ローソンのデザート勝手にランキング10♪
  • [コンビニスイーツ]
    【ファミマ】3位キャラメルシュー、2位贅沢プリン。1位はチョコが濃密な…
  • [野菜]
    そのみかん、ちょっと気取ってみませんか?
  • [野菜]
    目利きが通じない? スーパーの野菜選びの意外な秘密