【100均で十分?】懐中電灯だけは
絶対1000円を出すべき理由
2017年06月16日(金)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
【100均で十分?】懐中電灯だけは
絶対1000円を出すべき理由
「懐中電灯なんてどれも大差はないし、安いもので十分」と思っていましたが、テストをしてみると見やすさの違いが出てビックリ。暗くて使いにくい安物ではなく、Sランク製品を常備しておきましょう。
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • 明るさに加えて使いやすさもテスト
    結果、優秀だったのはこの2製品
以前、本サイトにて紹介した通り、災害用のライトとしては、手がふさがる懐中電灯よりも、両手が自由に使えるヘッドライトの方が断然おすすめです。

とはいえ、とりあえず家に1つくらい懐中電灯を用意しておきたいというニーズもありますので、ベストバイを調査しました。

実は、アマゾンでも懐中電灯のカテゴリーは人気で、ベストセラーの懐中電灯には、多数のレビューが寄せられています。今回はレビュー数の多いモノを優先的に、全7製品をテスト。明るさはもちろんのこと、見やすさ、使いやすさなどを、災害時に停電した時のことを想定し、暗い中でテストを行いました。

明るさ・見やすさのテストでは、明るさの“質”に違いが出ました。照度計での計測値が高いほど“明るさが良い”というわけではなく、手元は広範囲で均一に明るく照らし、遠方もスライドで明るさを変えられるものが見やすく好印象でした。

使い勝手は、スイッチ操作の簡単さ、電池の入れ替えやすさなどを比較しています。暗い中で操作する場合は片手で操作できる小型のタイプの方が便利でした。
TEST1:明るさ(近、遠)
手元(60㎝)、遠方(2m)を照らしたときの明るさを照度計で計測しました。ズームモードを搭載している製品では、遠方を計測。

TEST2:見やすさ
たとえ明るくても、明るすぎるとまぶしくて逆に見えづらくなります。また手元は、明るいスポットが狭い範囲にとどまり、その周辺をぼんやり照らすような製品は見にくかったです。

TEST3:使い勝手
ポケットやカバンの中などに常備しておきやすいサイズを評価。重すぎるものは長時間使いにくく感じました。また小さすぎても、手の中にうまく収まらず使いづらかったです。

以上のテストを踏まえて、おすすめしたいのがこちらの2製品でした。
  • 明るく、小さく、ズームあり
    常備用に買うならLightning EVER
単四電池3本とは思えないほど、手元も遠方も明るかったLighting EVERの「LE LED 懐中電灯 ポータブル ハイ・パワー」。サイズ感もちょうど良いので、持ちやすく操作しやすいのがポイントです。ズーム機能もスポット上からワイドまで調整でき、片手でサッとできます。約1000円と価格も手頃なので、家や車に常備しておきたい懐中電灯です。
Lighting EVER
LE LED 懐中電灯 ポータブル ハイ・パワー
実勢価格■1099円
手元を照らすとムラなく広範囲が照らされるので、探し物の形がよくわかりました。書類の文字もとても見やすいです。
遠距離 
ズームにすればかなり明るく照らしてくれます。街灯の少ない通りの道路など、真っ暗な道でも使えました。
電池込みでも128gとかなり軽く、片手で長時間持っても疲れにくいのがうれしいです。
  • 基本機能はSランクレベル
    やや重めのCREE XM-L T6LED
CrazyFireの「CREE XM-L T6LED」は、手元も遠距離も明るくて見やすく、これだけならSランクレベルでした。ズーム機能も軽い力で行えます。大きめでやや重い点を踏まえて今回はAランクとしました。
CrazyFire
CREE XM-L T6LED
実勢価格■898円
ズーム機能がとにかく便利でした。手元は明るく照らしてくれるため見やすく、遠距離でも広範囲をムラなく照らしてくれます。
手元 
遠距離 

なお、下の写真が約600円の懐中電灯です。明るすぎるのはイヤという方にはアリですが、暗い夜道でしっかりと足元を照らしたいという場合には、やはり上位1000円レベルの懐中電灯が絶対オススメです。
手元 
遠距離 

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [懐中電灯]
    【レビュー総数3000超】Amazonで選ぶLEDライト7選
  • [アイロン]
    「シャツがパリッ!」アイロンのお供は100均じゃダメなんです
  • [洗濯機・乾燥機]
    「洗濯機のレビューってどうするの?」…テストの真実、公開します
  • [アイロン]
    ブラウスにドンピシャなスチームなのは、ティファールよりコレ【9製品比較】
  • [アイロン]
    「スグに使えてスグに片付けられる」忙しい人の味方はコレ
  • [アイロン]
    【シャツだけじゃない!】 部屋もキレイになるアイロングッズ4選
  • [アイロン]
    東芝でもパナでもない! シャツが「ピシッ」となるのは…【9製品比較】
  • [アイロン]
    衣類スチーマーとアイロン、結局どっちを買えばいいの?
  • [ロボット掃除機]
    【安くて賢い】部屋のスミまでキレイにしてくれるロボット掃除機はコレ
  • [ロボット掃除機]
    【安くてもドジじゃない】安心して留守番できるお掃除ロボットはコレです
  • [ロボット掃除機]
    【買う前に!】お掃除ロボットは意外なところで差がつくんです
  • [ロボット掃除機]
    【吸引力は一人前】ロボット掃除機は3万円でOKな理由
  • [ロボット掃除機]
    【2017年最終結論】ルンバ、ダイソン、パナソニック…最強のロボット掃除機はコレ!
  • [洗濯機・乾燥機]
    【ベストバイ】専門誌「家電批評」が選ぶ買って良いもの厳選!
  • [掃除機]
    【2017年】家電批評が選ぶ今年のベスト「掃除機編」がコチラです
  • [掃除機]
    掃除機の出番が激減! お掃除“苦手”派ほどハマる、リビングの救世主がこちら
  • [掃除機]
    まさかの敗北!? 安すぎドンキの「情熱価格」買っていいのは…
  • [掃除機]
    「あれ、どこやった?」がなくなるAmazonの“見たことない”便利グッズ
  • [掃除機]
    掃除機のタブーを超えた! 水まで吸っちゃうハンディをご存知ですか?
  • [ロボット掃除機]
    ルンバ破れる…!スマホと手を組んだニューカマーがヤバいんです
  • [洗濯機・乾燥機]
    乾燥でシワにならないのは、 ドラム型? タテ型どっち?
  • [電球・蛍光管]
    【電球かえるだけ】スイッチすら存在しない、究極のバリアフリーへの道
  • [アイロン]
    毎朝3分でシャツをパリッとさせる魔法の霧吹き
  • [天井照明]
    話しかけると照明ON! スマホの召使い化が止まらない