高級炊飯器“マニア化”の終焉? 「ふつう炊き」を追求する新潮流とは
2018年10月05日(金)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
高級炊飯器“マニア化”の終焉? 「ふつう炊き」を追求する新潮流とは
『家電批評』編集部が“高級炊飯器のベスト”として推してきた象印の「極め炊き」が大幅リニューアル! これは試さずにはいられません。……という訳で今回は、昨今の高級炊飯器のトレンドを振り返りつつ、象印が「百年目の最高傑作」と称する新製品の実力に迫ってみたいと思います!
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 炊飯器の最近のブームは
    銘柄炊き分けと第三勢力
一言に炊飯器と言っても、格安のものから超高級なものまでさまざま。釜の底部分にあるヒーターで加熱する「マイコン式」は熱の伝わり方が弱めで比較的安く購入できます。

昨今は電磁の力で内釜自体を発熱させる「IH式」の方が主流となっています。高火力でムラなくご飯が炊けるものの、マイコン式と比べると値段は高めです。
そんな炊飯器市場でここ最近話題になったもののひとつに「銘柄炊き分けモード」というものがあります。
  • 炊き分けモードは
    今一歩な印象でした…
あらかじめ炊飯器に各銘柄に合った炊き加減が登録されていて、ボタンひとつで”炊き分け”ができるというスグレモノ。
アイリスオーヤマ
IHジャー炊飯器
銘柄炊き 5.5合
実勢価格:9131円
アイリスオーヤマの「銘柄炊き」は「こしひかり」「あきたこまち」「つや姫」など31銘柄に対応しています。
「銘柄炊き」は格安のマイコンモデルもあるのですが、そちらにも炊き分けモードが搭載されています。

編集部でも過去に炊き分けの検証を行っていますが、実力の程は“今一歩”という印象でした……。
決してマズくはないのですが、「銘柄の特徴に合わせる」というより「銘柄を炊飯器の味に強引に持っていく」感がありました。

検証結果はコチラの記事をご参照ください。
炊飯器の「米の魅力を引き出すモード」が本当か実験してみた
  • 最近、よく目にする
    第三勢力の実力は…?
炊飯器市場に関わるブームで、もうひとつ見逃せないものがあります。そう、サードパーティーの登場です!

ここ数年、炊飯器の分野に初参入するメーカーが続出。バルミューダやバーミキュラといった新進気鋭のメーカーが新製品を発表しています。既存の炊飯器にはない独自の設計や高いデザイン性など、型にとらわれない姿勢は魅力的です。
siroca(シロカ)
かまどさん電気 
実勢価格:7万9750円

バルミューダ
The Gohan
実勢価格:3万8800
バーミキュラ
ライスポット
実勢価格:8万6184円
シロか「かまどさん電気」 のことを詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。
知ってた? 土鍋ごはんは今や“全自動”で炊ける時代なんです

バルミューダ、バーミキュラの炊飯器のこと詳しく方はコチラをご覧ください。
【炊飯器】噂のバーミキュラは何が違う?最新ブランド徹底食べ比べジャッジ
  • 片や大手メーカーは
    “ふつう”に回帰…!?
ここ1、2年は上記の新興メーカーの炊飯器が話題をさらっていましたが、それらの登場により、ある意味炊飯器業界をずっとリードし続けた大手メーカーのレベルの高さが再認識されたと言ってもよさそうです。

2018年の大手の新製品は、久しぶりに釜の素材をリニューアルしたり、炊き方に新技術を投入しているところが増え、釜の質やご飯の美味しさといった炊飯器の基本に回帰し、「ふつう炊き」の味を見直している印象があります。

大手メーカー4社の新製品の主な特徴はコチラです。
東芝
真空圧力IHジャー炊飯器
RC-10ZWM-K
実勢価格:9万4836円

「圧力+真空炊き」
真空機能で保存に強かった東芝は、さらに圧力も組み合わせたハイブリット炊飯で勝負に出ています。
タイガー 
土鍋圧力IH炊飯ジャー
JPH-A101
実勢価格:8万7596円

「プレミアム本土鍋」
一貫して土鍋釜にこだわるタイガーは、内釜に炭化ケイ素を配合したプレミアム新土鍋で熱伝導のアップを図っています。
パナソニック
圧力IH式炊飯器
SR-VSX108
実勢価格:7万7573円

「鮮度センシング」
お米の鮮度を「圧力センサー」で検知。鮮度が落ちて酸化しかけたお米でもハリと甘みのある仕上がりになります。
象印
圧力IH式 炎舞炊き
NW-KA10AM
実勢価格:9万8633円

「炎舞炊き」
南部鉄器からリニューアルされた新しい鉄釜と、3つのローテーションIHで「炎のゆらぎ」を実現しています。

家電批評編集部が炊飯器のベストとして推してきた象印の「極め炊き」の内釜が大幅にリニューアル。象印が“百年目の最高傑作”と謳う「炎舞炊き」に生まれ変わりました。“最高傑作”と言われては試さずにはいられません!

……という訳で、お米のプロと共に「炎舞炊き」の実力を検証してみました。プロをも唸らせた象印の新製品のレビューは別途コチラの記事でご紹介しています!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [炊飯器]
    史上最高の味を更新か…象印「炎舞炊き」に“お米のプロ”が唸った理由
  • [炊飯器]
    知ってた? 炊飯器の大本命が“今日だけ安い”んです[Amazonタイムセール祭り速報]
  • [炊飯器]
    型落ちだっておいしく炊けちゃうんです…オススメ炊飯器2選
  • [炊飯器]
    【2018年】おすすめ「炊飯器」全試食ランキング10選!プロが選んだ1位は?
  • [炊飯器]
    知ってた? 土鍋ごはんは今や“全自動”で炊ける時代なんです
  • [炊飯器]
    オリジナリティ溢れすぎ! あなたが知らない個性派家電4選
  • [炊飯器]
    【工場潜入】なぜ「象印の米」は絶賛されるのか?
  • [炊飯器]
    炊飯器の「米の魅力を引き出すモード」が本当か実験してみた
  • [炊飯器]
    たった1万円ちょいで「素材本来の良さ」を引出す炊飯器があったんです!
  • [炊飯器]
    人気炊飯器をガチ比較! ベストバイは圧勝でこちらのブランドでした
  • [炊飯器]
    賛否両論! 話題のオシャレ炊飯器の良いところ、ダメなところ
  • [炊飯器]
    【炊飯器】噂のバーミキュラは何が違う?最新ブランド徹底食べ比べジャッジ
  • [炊飯器]
    美味しいご飯を炊くために やってはいけない6つのNG
  • [トースター]
    「ホテルのクロワッサン」あの味を自宅で再現するトースターがコレ
  • [ホットプレート・グリル鍋]
    お客さんにバレない! 焼肉のニオイをサッパリ消す“新方程式”の完成です
  • [トースター]
    パン派の皆様、冷凍トーストでも「サクッとモチモチ」になる方法発見しました
  • [電子レンジ・オーブン]
    [Amazonタイムセール祭り速報]コスパ派が絶賛するあのメーカーが登場中!
  • [トースター]
    奮発は正解だった? バルミューダ「The Toaster」3年後の本音
  • [トースター]
    食パンがごちそうになる! バルミューダに負けない絶品トースターの秘密…
  • [ホットプレート・グリル鍋]
    まさか! “焼肉の焦げ”がこんなカンタンに落ちるなんて…
  • [冷蔵庫]
    ダイソー・セリアで解決! 冷蔵庫の劇的ダイエット術6選
  • [ミキサー・カッター]
    捨てちゃダメ! ミキサーは“アレ”をシェイクするとピッカピカになるんです
  • [ホットプレート・グリル鍋]
    お魚だけじゃもったいない! コンロの奥の手がこちらです[グリラー4製品比較]
  • [ミキサー・カッター]
    列ごとゴッソリ! 面白いほどキレイに取れる“アレ”ご存知ですか?[13製品評価]