吸引力を復活させる“意外なアレ”、ご存知ですか?[掃除機の裏技3選]
2018年09月06日(木)
360.life編集部
360.life編集部/Test by LDK編集部
吸引力を復活させる“意外なアレ”、ご存知ですか?[掃除機の裏技3選]
スイッチ1つで家中をキレイしてくれる掃除機。毎日掃除機をかけるという人はいても、掃除機本体をこまめに掃除するという人は少ないでしょう。しかし、使ってそのままにしておくと、本来のパワーを十分に発揮できなくなることも……。そこで今回は、掃除機の吸引力が高まる“意外なアレ”を使ったお手入れ方法についてご紹介します。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • お手入れしないと吸引力が下がる!
    掃除機はパーツごとにキレイにしましょう
掃除に欠かせない家電といえば、掃除機。活躍すればするほど掃除機は汚れていくことから、ゴミを吸った後そのままにしておくと、当然吸引力が下がってしまいます。であれば、掃除機本体もしっかりキレイにすべきです。

ということで、今回は掃除機のお手入れ方法に注目! その手順をパーツごとにご紹介します。
  • 【ヘッド】リッパーでヘッドや
    軸に絡んだ毛を断ち切ってキレイに
ゴミを吸う役割を担っているヘッド。吸い込もうとしたホコリや髪の毛にヘッドが絡むと、知らないうちに吸引力が下がっていきます。そこで、あのアイテムを使って汚れを取り除きます。

用意するのはこちら。間違った糸をほどいたり、糸を切ったりするのに使う裁縫道具のリッパーです。
このリッパーを使って、掃除機のヘッドをキレイにしていきます。それでは、お手入れの方法を手順を追ってご紹介します。

最初に、ローラーがきちんと回るよう、軸に絡んだ髪の毛やホコリをリッパーでザクザク切っていきます。ホコリを切りながらゴミを取るのがコツです。
次に、ヘッドが分解できるものはコインでネジをゆるめ、ローラーの軸のフタを外します。
フタを外したら、サイドに詰まっているホコリや髪の毛を手で取り除きます。
ローラーがきちんと回るよう、軸に絡んだ髪の毛やホコリをリッパーでザクザク切っていきます。
すると、どうでしょう。こんなにゴミが取れました!
実際に、掃除する前と後のヘッドを比べてみると……、
BEFORE
AFTER
キレイさは一目瞭然! 掃除前は毛やホコリが絡まって全然前に進みませんでしたが、ローラーがちゃんと機能してスイスイ進むようになりました。

ローラーにホコリや毛が絡んでいたことで吸い残しが生じていましたが、解消したことによって広範囲のゴミを吸えるようになりました。

ヘッドがキレイになったところで、次はフィルターをお手入れしてみましょう。
  • 【フィルター】サッシブラシで
    ホコリを一気にはがします
掃除機のフィルターのお手入れには、サッシブラシを使います。コレで一気にホコリをはがしていきます。

こちらがお手入れ前のフィルター。フィルターにゴミがたまると、空気が通らないことから吸引力が弱くなってしまいます。まさに、ホコリや髪の毛がたくさん詰まっている状態です。
BEFORE
さあ、ホコリがビッシリ詰まったフィルターを早速キレイにしていきましょう!

まずは、掃除機を逆さまに。パックから漏れたゴミが掃除機内に溜まっているので、逆さまにしてゴミを出し切ります。
ここでサッシブラシの登場! フィルターについているホコリやチリをサッシブラシで勢いよく掃きます。
すると……、ブラシがホコリをごそっと落としてくれて、こんなにキレイに!
AFTER
お手入れ後は、ホコリや髪の毛が詰まっていたフィルターがキレイになって、空気がよく通るようになりました。

それでは最後に、見落としがちなゴムパッキンをキレイにします。
  • 【ゴムパッキン】激落ちくんと
    マイペットでめちゃ白くなります!
ゴムパッキンの掃除には、この2つのお掃除アイテムがあると、とってもはかどります。それがコレとコレ。
レック
激落ちキング ファイン
実勢価格:267円
花王
かんたん マイペット ハンディスプレー 400ml
実勢価格:241円
それでは、激落ちくんとマイペットを使って、ゴムパッキンのお手入れに取り掛かりましょう。

最初に、激落ちくんを500円玉くらいのサイズに小さくちぎり、マイペットをワンプッシュ吹きかけます。
あとは、この激落ちくんで茶色く汚れたパッキンの上をなぞるだけでOK。みるみる汚れが取れていきます。二度拭きは不要です。
どれくらいキレイになったか、掃除前と後で比べてみると……、
BEFORE
AFTER
茶色くてベトベトだったゴムパッキンが、あっという間に白くなりました。汚れがなくなっているのがひと目でわかります。

掃除機のヘッド、フィルター、ゴムパッキンと、パーツごとにお手入れしましたが、肝心の吸引力に違いが出たかどうかが気になります。ということで、小麦粉を床にまいてお手入れ前と後で吸引力を比較してみました。
BEFORE
AFTER
お手入れ前は吸い残しがポロポロとできていましたが、3つのパーツをお手入れした後は、フローリングの溝のゴミまでスッキリ吸いきりました。

掃除機をお手入れすると、吸引力がこんなにも変わることがわかりました。やはり定期的に家電のお手入れは必要です。最高の吸引力でおうち中をピカピカにして、毎日気持ちよく過ごしましょう。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [掃除機]
    大本命ダイソンに真っ向勝負を挑む“シャークニンジャ”の勝算は?
  • [掃除機]
    [ダイソンキラー]北米を震撼させた“ニンジャ”の良いとこダメなとこ完全公開
  • [掃除機]
    「布団? 干したくても干せないの!」…ならAmazonのコレがおすすめです
  • [掃除機]
    Amazonベストセラー脱落!? 格安掃除機に意外なニュースター登場です
  • [掃除機]
    Amazon売れ筋2位の掃除機が、5年売れ続ける理由
  • [掃除機]
    【2018年】マキタのコードレス掃除機おすすめランキング10選!
  • [掃除機]
    コードレス掃除機おすすめランキング10選! 人気ブランド全部試した本音評価
  • [掃除機]
    ダイソン派は見ないでください。無印スティック掃除機をマキタと比べた結果…
  • [掃除機]
    【スティック掃除機】国産メーカーの本気で「ダイソンキラー」なるか?
  • [掃除機]
    逆転の発想、「吹く」掃除機がスキマのホコリを逃しません
  • [掃除機]
    【ダイソン】コードレス掃除機はV10が最強? 型落ちV8がお値打ち? 失敗しない選び方
  • [掃除機]
    ダイソン派は見ないでください。安くて働きモノな“型落ち掃除機”BEST3
  • [掃除機]
    【現地取材】ジェームズ・ダイソンに聞く「ロボット掃除機どうなった?」
  • [掃除機]
    【ケルヒャー】吸引力より手軽さ重視。世界一メンドクサくない掃除機…かもしれません
  • [掃除機]
    ダイソンの本気! テストでわかった新製品「V10」最強吸引力の秘密
  • [掃除機]
    【連載“ダイソンの真実”第1回】今さら聞けない、どんなメーカー?
  • [掃除機]
    「使い勝手に全力投球」した東芝の掃除機がコチラです
  • [掃除機]
    リビング掃除は「ルンバ+マキタ」が超おすすめな理由
  • [掃除機]
    マキタのコードレス掃除機で一番おすすめの型番はコレ!
  • [掃除機]
    【家電】どうして国産買わないの? 海外メーカーの方が受け入れられている理由
  • [掃除機]
    穴あけ不要! ダイソンの壁掛けスタンドのおすすめはコレ
  • [掃除機]
    本物そっくり…でも買ってはいけないAmazonの「もどき製品」4選
  • [掃除機]
    家電批評が選ぶ最新おすすめ掃除機4選
  • [掃除機]
    掃除機の出番が激減! お掃除“苦手”派ほどハマる、リビングの救世主がこちら