“有線最強説”に待った!? ガジェット更新の時期到来か
2018年09月12日(水)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
“有線最強説”に待った!? ガジェット更新の時期到来か
2017年に最新版の「5.0」が発表されたBluetooth。対応するガジェットが少ないせいもあってか、「5.0」のスゴさを実感する機会に恵まれませんでしたが、発表から1年以上がたった今、ガジェットも増え、いよいよ本格的な「5.0」時代が幕を開けているんです!
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • Bluetoothは常に進化中
    次の世代がやってきた!
    
Wi-Fiと並ぶワイヤレス接続といえばBluetooth。ここ数年iPhoneのイヤホンジャック廃止によるワイヤレスイヤホンへの注目など、何かとピックアップされることの多かったBluetoothですが、今こそ注目しておきたいのがそのバージョンです。

普段あまり意識しないかもしれませんが、Bluetoothは数年単位でバージョンが上がっており、その度に機能や転送速度が向上しています。2017年には最新版の「5.0」が発表されました。

[Bluetoothのバージョンアップ]
最新版の「5.0」が発表されたとはいえ、Bluetoothは送り手(トランスミッター)と受け手(レシーバー)双方のバージョンに気をつける必要があり、すぐには普及しませんでした。

例えば5.0対応のiPhoneを使っていても、イヤホンのバージョンが4.2だった場合、下方互換されて4.2で接続されます。でも、発表から1年以上たったことで、5.0に対応するイヤホンなどのガジェットが揃ってきました。

Bluetoothには他にもコーデックなど細かい指標が多くありますが、ことバージョンに関しては単純に数字が上のほうが絶対に繋がりやすくて速いので、今後新たにガジェットを購入する際はバージョンを意識しておくことをオススメします。

また、わざわざ5.0対応に買い換えなくても、レシーバーやトランスミッターで拡張するという方法もあります。例えば、こちら。
  • さすがANKER!
    くっつけるだけで5.0に
アンカー
Soundsync
実勢価格:3999円
サイズ:W70×H70×D22mm
重量:51.5g 
同梱ケーブル:Micro USB,AUX,RCA,光
Bluetooth:5.0
接続するだけでBluetoothを5.0にバージョンアップできるガジェットです。Bluetoothのトランスミッターとレシーバーが一体になっているのが特徴で、これ1台で2台ぶんの働きをします。切り替えも簡単です。

[トランスミッター(送り手)として使用]
例えばBluetooth 4.2のPCに繋げると、5.0にバージョンアップ。5.0対応のイヤホンと接続すれば、5.0のパフォーマンスを実感できます。

[レシーバー(受け手)として使用]
有線タイプのイヤホンでも、Soundsyncを経由して5.0対応のスマホと接続すれば、5.0のスゴさを実感できます。
  • 気になる“遅延”問題
    4.0と5.0を比較テスト
    
ワイヤレスで気になるのは、やはり音声の“遅延”問題。そこでこのSoundsyncを使って、Bluetooth5.0が4.0からどれほど改善されているか比較テストをしてみました。

まずはSoundsyncを使わず、Bluetooth4.0対応のイヤホンでYouTubeを視聴し、さらに音楽ゲームをしてみたところ、遅延は20F前後でした。
Soundsyncを繋いでスマホのトランスミッターとして使い、Bluetooth5.0対応のイヤホンで試したところ、遅延は10F以下。明らかに遅延の改善が見られました。

ただし、音質にはほぼ影響しません。Bluetoothのバージョンが関わってくるのは、あくまでつながりやすさや遅延といった部分なので、イヤホンの音質が向上するわけではありません。

スマホ、Bluetoothスピーカー、完全ワイヤレスイヤホンなど徐々に対応ガジェットも増えてきたBluetooth5.0。特にiPhoneは「8」からBluetooth5.0に対応しており、新たな時代に備えていたことがわかります。5.0がこれからの定番となることは間違いありません。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [スマホ連動ガジェット]
    知ってた? スマホって“なくしたもの”まで検索できるんです
  • [スマホ連動ガジェット]
    Amazonの大定番! Ankerの“今日買うべき”傑作がこちら
  • [スマホ連動ガジェット]
    え、充電しなくていいの? スマートウォッチの呪縛がついに解除されました
  • [スマホ連動ガジェット]
    Apple Watchはガチ本命? 今、スマートウォッチを買う前に知っておきたいコト
  • [スマホ連動ガジェット]
    [タイムセール速報]本日、Amazonでスマホ環境が激変します
  • [スマホ連動ガジェット]
    もっと早く知りたかった! コレだけでめっちゃラクになることを…[アイデア3選]
  • [スマホ連動ガジェット]
    「Apple Watchは高い」派がポチりたくなるAmazonの掘り出しモノ6選
  • [スマホ連動ガジェット]
    「超楽しかった~!」が続く。360度カメラの意外な使い方がこちらです
  • [スマホ連動ガジェット]
    なぜAmazonの王者「Anker」が“ネットの外”に出たのか[リアル店舗解禁の理由]
  • [スマホ連動ガジェット]
    スマホの手ブレがたった1599円で解決できるって知ってた?
  • [スマホ連動ガジェット]
    iPad派は見ないでください。ハマった人だけが愛せる玄人タブレットがこちらです
  • [スマホ連動ガジェット]
    子どものオモチャ? いえいえ、これはオトナの…[カメラ付きドローン4製品比較]
  • [スマホ連動ガジェット]
    「あわわ、大事なアレがない!」忘れ物解決策が実用化していること、ご存知ですか?
  • [スマホ連動ガジェット]
    【iPhone】ケーブル無し、高速充電! そんな製品Amazonで見つけました
  • [スマホ連動ガジェット]
    写真が動いて、喋る…? 未来の話じゃないんです、コレがあればね!
  • [スマホ連動ガジェット]
    「あれ、カギ閉めたっけ?」がゼロになる最強のキーレス玄関の作り方
  • [スマホ連動ガジェット]
    蒸し風呂のような部屋に帰りたくない…ならばコレ必携です
  • [スマホ連動ガジェット]
    お、カワイイ……だけじゃない! 子どもの心配がちょっとだけなくなるんです
  • [スマホ連動ガジェット]
    古いiPhoneカメラを劇的改善する「外付け高画質」がコレ!
  • [スマホ連動ガジェット]
    iPhoneにできない「あったらいいな」がコチラです
  • [スマホ連動ガジェット]
    これは「いいね!」されるわ…SF動画が撮れる360度カメラがコレ
  • [スマホ連動ガジェット]
    「ジョン・マルコヴィッチ」って検索メンドウじゃない?→解決策がコレ
  • [スマホ連動ガジェット]
    「Fire TVっていいの?」その答え、バッチリ解説します
  • [スマホ連動ガジェット]
    【iPhone裏ワザ総集編】充電も、容量も、ちょい足しで解決できるんです!