お金で比べる前に知っておきたい
持ち家と賃貸の決定的な差
2016年04月21日(木)
小島 健良
小島 健良/Test by MONOQLO編集部
お金で比べる前に知っておきたい
持ち家と賃貸の決定的な差
買うべきか、借りるべきか。家選びの最初に必ず悩む永遠のテーマ。どちらにもメリット、デメリットはあるが、トータルコストを計算をする前に、知っておきたいことがある。
  • 購入と賃貸のコスト比較をする前に
    知っておきたいもっと根本的な差
特にマンションの場合、分譲か賃貸かは常に議論されるテーマ。生涯のトータルコストを比較することで、「絶対、賃貸が得!」とか「いやいや、ホントは分譲が得なんです!」といった具合に様々なメディアで「どっちが得か?」論争が繰り広げられている。もっともこの辺は、算出方法によりどっちにでもなるという識者も多い。

ただ、実際に暮らすことを考えた場合、トータルコストよりも先に知っておきたい事実がある。それが設備のグレードだ。同じ金額を毎月支払う場合、分譲の方が総じて賃貸よりグレードが高いことが多い。さらに、そもそも賃貸の場合、分譲には標準的な設備がなかったり、あってもグレードの低いタイプであることが多い。

例えば、IHクッキングヒーター。ひとくちにIHクッキングヒーターといっても、機能はさまざま。分譲であれば、最初から2口オールメタル対応というハイグレードの製品が装備されていることもあるが、賃貸では、鉄・ステンレスのみ対応だったり、オールメタルが使えるのは1口だけだったりと、グレードが落ちることがよくある。

ほかにも、お風呂の広さや洗浄付きトイレのグレード、細かいところでは、廊下に面したガラス窓についている防犯用の面格子も、単純なアルミの縦面格子か、目隠しの羽根部が可動するルーバータイプかといった具体に、住宅の装備は目立たないが、差のつくポイントがいくつもある。

部屋を選ぶ際、間取りや広さばかりに目が行きがちだが、実際に暮らし始めると、こういった設備面の充実が日々の暮らしやすさを左右する。
  • 賃貸と分譲、月々の支払いが同じなら分譲の方がグレードは上
賃貸では部屋が広くても、他の設備が極端に狭い例も。その最たるものがバスルーム。1坪確保していればかなり良心的で、通常は0.75坪がいいところだ。バスタブも当然小さく狭く、窮屈な姿勢を取るはめになり、ゆったり風呂に浸かるという目的は果たせない。月々支払う金額が同程度であるなら、この差は埋めようがない。

ユニットバスの規格は各メーカーで統一されている。分譲物件を選ぶ際には、賃貸サイズを物差しにするのではなく、あくまで分譲サイズのなかで、どれほどのグレードのものなのかを見極める必要がある。
バスタブ:バスルーム:ユニットバス
[左]賃貸の一般的なサイズ、[右]分譲のサイズ。浴槽を比較しただけでも大きな差がある。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [メンテナンス]
    10年ものの家具がペカーッ! 塗るだけで新品に戻ります
  • [メンテナンス]
    クレ556を越えた? Amazonで支持される人気潤滑剤はココが凄い!