今やつけるのが当たり前
ベストバイは画質が群を抜くHP製
2016年08月03日(水)
早坂 英之
早坂 英之/Test by 自動車360.life
今やつけるのが当たり前
ベストバイは画質が群を抜くHP製
事故は突然起こるもの。そして、安全運転をしていても、証拠がなければ理不尽にこちらの過失になってしまう場合すらあるのが怖いところ。そんなときに身を守ってくれるのが、ドライブレコーダー(以下ドラレコ)で撮った証拠動画。いざというときに、あなたを助けてくれるドラレコ、探しました。
  • 今は2万円だせば
    高性能なドラレコが買えちゃうんです!
ドラレコとは走行中などの映像や音声などを記録する、自動車用の車載装置。速度を記録したり、駐車中も録画できたりと、様々な機能がある。こういった機能を持つドラレコが、今は2万円以下で買えるとなれば、もうつけるしかない! ただ、いざというときの切り札だけに、安くてもちゃんと撮れないと意味はない。昼でも夜でもキレイに取れて、扱いやすい、真にコストパフォーマンスが好い1台を調査しました。
  • 今回の試験方法はこちら
  • [TEST1] 
    2台の車で日夜走行を記録。膨大な録画データを収集
テスター陣の愛車にドラレコを取り付け、晴れ・雨・曇りの日に朝・昼・夕方・深夜の都内をひたすら走行。microSDカードから取り出したデータは総量1TB超!
  • [TEST2]
    自動車評論家の先生と映像チェック。使い勝手を調べました
12V対応ポータブルバッテリーにドラレコを接続。操作しながら編集部が用意した動画を見ていただき、プロの視点からジャッジしていただいた。
[右]自動車評論家 岡崎五朗さん [左]テスト協力ライター・石原美紀子さん
  • [TEST3]
    項目ごとにスコア化して総合点からランク付けしました
「外観やサイズ感」「液晶モニタの見やすさ」「操作性」「記録映像の美しさ」「その他の機能」を徹底調査して点数化。証拠となる記録映像の鮮明さと美しさは、とくに念入りに調べた。


※このテストは本サイト独自の調査結果によるものです。天候や使用車種、ルートなどでテスト結果が異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 最高値2万円超えだが群を抜いて高画質
    確実に安心できるドラレコベストバイは「HP f530g」
<製品情報>
ヒューレット・パッカード
HP f530g
購入価格 2万3200円

2016年3月にヒューレット・パッカードより発売された「HP f520g」の後継機種。f520gで好評だった対角156°の画角とF値1.8の明るいレンズなどはそのままに、本体の発熱を若干減らし、外観をより洗練させている。日本語の説明書が同梱されていないなど面倒な点はあるが、それを補って余りある画質のよさが魅力。取り付けは吸盤。「画角が広いのに、パソコンで再生しても湾曲が気にならないのが素晴らしい。主張があるデザインでかっこいいのも、メーカーのこだわりが感じられていいです」(自動車評論家 岡崎五朗さん)
晴れの日の日陰が真っ暗に映る機種が多いなか、この製品は日なたは明るすぎず、日陰は暗すぎず記録していた。日陰から出てきた車のナンバーもはっきりわかった。
夜間走行でも前にいる車はもちろんのこと、対向車、横から出てきた車などのナンバーがすべて問題なく視認できたのはこの機種だけ。夜間走行が多いなら迷わず買い。
[F1.8レンズはクラス最上位]レンズが明るいので、昼はもちろん、夜の走行動画も美しい。日陰もクリアに写っている。画質はテスト機種中ベストだ。
[操作パネルはシンプル&イージー]左下のボタンを押してメニュー画面に入り、「▲」「▼」ボタンで選択、「OK」で決定と直感的に最初の設定がしやすい。
[SDカードは32GBクラス10推奨]最高画質だと1ファイルあたりの容量が大きいので128GBのmicroSDで録画したいが、32GBではないと認識しない。
[シガー電源アダプターはスリムです]シガー電源アダプターはスリムで取り付ける車を選ばない。シガーソケットに挿した感じもカッコよく、さすが海外メーカー。
  • 正直使い勝手はイマイチ、ネガティブなAmazonのレビューも
    ですがそれを補って余りあるほど、記録映像がきれいなんです!
今回、テスト陣がこの機種を検証したのは、ユピテルやケンウッドなど、かゆいところに手が届く日本製品のテスト後。はじめは「説明書が英語のみ」「最初の設定が英語なので、言語設定を日本語にする必要がある」「記録動画閲覧ソフトのSuperCarがMac未対応」「手持ちのmircoSD64GBを認識しない」などの欠点が目についてしまい、第一印象は最悪に近いものだった。

ではなぜ、全機種をテストし終えた今、自信を持って「HP f530g」がイチオシだといえるのか。それは、「記録性能の高さ」にほかならない。

ドラレコを導入するのは、「事故が発生したとき、運転の正当性を主張したい」からだ。ならば、導入の簡単さよりも、記録した動画の美しさ、説得力の高さに重点を置いてドラレコを選ぶべきと考える。この点、「HP f530g」で録画した動画の鮮明さ、映像としての質の高さは群を抜いている。

他機種では、晴天の日陰が暗すぎて見えなかったり、太陽がまぶしすぎたり、駐車場から屋外へ出たときなどに動画が白飛びしてしまったりするものがあった。F値が明るいだけではなく、明るさ、コントラストの自動修正も素早いHP f530gでは、一切このようなストレスがなく、つねに映像が鮮明だ。さらに、夜の繁華街はもちろん、街灯が少ない住宅街でも映像が明るい。さっと走り去る対向車のナンバーも、一時停止をかければ問題なく読めるし、夜道を歩く人の表情までうかがえる。前述のとおり、付属ソフトはMac未対応だが、動画自体はMOV形式で保存されているため、QuickTimeプレイヤーで閲覧できる。座標や時間などの情報は動画上にテロップで記録できるので、Macユーザーでも使用上は問題ない。
液晶画面の美しさはパナソニックほどではないが、操作しやすい。アイコンと、その下の操作ボタンが常に対応し、説明書を読まなくても直感的に操作可能だ。日本語の説明書はHPからダウンロードできる。
画面右、トラックの後ろの自転車まで映る画角の広さは検証機中随一。操作性、モニタの見やすさも◎。
[映像が歪まない]画角が広いと、魚眼レンズで撮った写真のように両端が歪みがち。HP f530gは多少歪みは見られるものの、さほど気にならない。
こちらは他社製品の画像。HPと比べてかなり湾曲しているのがわかる。


ドラレコにとって何が必要かを教えてくれた機種。「一見ダメだが使うと神」な機種。近所を録画しながら走った動画を見比べたら、この機種だけが「通行人が知り合い」であることを認識できるほど鮮明です!

[テスト協力]
自動車評論家 岡崎五朗さん
日本自動車ジャーナリスト協会理事。日本カーオブザイヤー、インターナショナルカーオブザイヤー、ワールドエンジンオブザイヤーの選考委員も務める、日本を代表するモータージャーナリスト

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [ドライブレコーダー]
    交通事故の証拠は自分で撮る時代! 安くて良いドラレコ・ダメなドラレコはコレだ①
  • [洗車・メンテナンス用品]
    【洗車】5本指グローブが オートバックスでバカ売れする理由
  • [カーアクセサリ]
    車内の「置く場所がない」問題解決! おすすめの車載テーブルNo.1は?
  • [洗車・メンテナンス用品]
    【残り湯で洗車!?】たった2つのアイテムで叶います
  • [カーアクセサリ]
    【1000円以下で高速化】 車内でスマホを一番速く充電する方法
  • [カーアクセサリ]
    助手席の荷崩れを防ぐフックが有能すぎる! Amazonレビュー高評価にも納得です
  • [カーアクセサリ]
    車がシアタールームに! 一番お手軽にiPadを取り付けられるホルダーを見つけた!
  • [洗車・メンテナンス用品]
    アマゾンの人気「雪対策グッズ」から 編集部おすすめの4製品を選びました
  • [洗車・メンテナンス用品]
    クルマのガラス凍結を最速で溶かす 解氷剤は噴射の勢いと範囲がキモでした