デジタルじゃ聴けない音があるんです。1万円から始めるレコード生活
2018年08月10日(金)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
デジタルじゃ聴けない音があるんです。1万円から始めるレコード生活
音楽のストリーミングやデジタルダウンロードが人気を集めるなか、今世界的にレコード人気が高まりつつあります。新譜が円盤で発売されるなど、レコードを買う音楽ファンが多様化しています。レコードの魅力とともに、オススメのアナログの音楽鑑賞を紹介していきます!
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 今、新しくレコードを
    始めてみるのもアリなんです
システムにレコードを組み込んだアナログオーディオ。ただの懐古趣味、と思うかもしれませんが、アーティストが新曲をアナログ盤でもリリースするなど、再び人気が再燃しています。年代層も多様化し、若い人にも注目されています。

レコードの再評価の理由は、単にコレクション性だけでなく、音質が優れているということにあります。CDやネットで配信される音源にはサンプリング周波数やビットレートといった、デジタルフォーマットの制約がつきものですが、レコードにはそういった縛りがなく、再生周波数の上限加減がない自然な音響に仕上がるという事情があります。
デジタルフォーマットの制約もないため、自然な音響に仕上がります。
サカナクション『sakanaction』、スピッツ『フェイクファー』など、最近のアーティストでもレコードで楽曲を発売するパターンも珍しくありません。

WEB記事担当の私が個人的に敬愛しておりますクロマニヨンズもこのとおり。
コレクション性の高さも魅力。過去の名盤やお気に入りの楽曲を集めた棚を眺めるだけでも楽しいものです。
  • カートリッジ交換式の
    レコードプレーヤーが◎
レコードプレーヤーを購入する際、おすすめはカートリッジでレコード針を交換できるタイプ。レコードの醍醐味はなんといっても、この針交換。針を換えるだけで聴こえ方が変わるので、いろいろカートリッジを試して自分好みの音に調整してみてください。
オンキヨー
Planar1
実勢価格:3万7030円
※50Hz専用モデルはこちら
カートリッジには「MM型カートリッジ」と「MC型カートリッジ」の2種類がありますが、初心者ならば構造がシンプルな「MM型カートリッジ」が使いやすくオススメ。下記にオススメのカートリッジをまとめましたので、ぜひご参考にしてみてください。

シュアーの「M44-7」はパワフルさが魅力。
<MM型カートリッジ>
シュアー
M44-7
実勢価格:1万5480円
オルトフォン「2M Red Pnp」はジャンルを問わずオールマイティに使えます。
<MM型カートリッジ>
オルトフォン
2M Red Pnp
実勢価格:3万5548円
  • レコード入門機には
    格安モデルもアリ
レコードプレーヤーはなんとなく高いという印象を持っている人も多いと思います。しかし、レコードプレーヤーは新製品が続々と発売されており、その中で1万円以下の格安モデルもあります。
ION AUDIO
Max LP
実勢価格:9860円
  • フォノイコライザーの
    有無を確認する
レコードプレーヤーをシステムに組み込むにあたって、注意にしないといけないのが「フォノイコライザー」がアンプに搭載されているか否か。アンプ購入前に確かめておきましょう。もし、搭載されていないものを購入してしまっても、後から買い足すこともできます。
audio-technica
AT-PEQ20
実勢価格:1万5121円
  • 熟成されたレコーディング環境の
    80年代以前のレコードが◎
アナログオーディオシステムが完成したら、是非とも聴いてほしいのは80年代以前に発売されたレコード。アナログでレコーディングされた音は、現代の最新技術でデジタル化しても完全なコピーはできないといわれています。
アナログ技術が熟成された80年代の曲は一聴の価値ありですよ。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [レコード]
    実はアナログこそ最高音質なワケ ソニーも本気のレコード再入門
  • [スピーカー]
    Amazon夏のタイムセール、狙い目ベストがコチラです
  • [ポータブルスピーカー]
    お盆休みの渋滞に、車内にぴったりの「スピーカー」が見つかりました
  • [ポータブルスピーカー]
    知ってた? スマートスピーカーがお風呂に最適な理由
  • [ポータブルスピーカー]
    BoseでもAnkerでもない! 手乗りBluetoothスピーカーは“2000円”でOKな理由
  • [ポータブルスピーカー]
    アンカー独占に待った! 1万円台Bluetoothスピーカーの王者はどれ?
  • [ポータブルスピーカー]
    最強コスパ「Ankerスピーカー」は断然“2”を選ぶべき理由
  • [ポータブルスピーカー]
    Amazonベストセラーの「ちょい足し」最強アイデア6選
  • [ポータブルスピーカー]
    スマートスピーカーはこう楽しむ! 今さら聞けない“通好み”の使い道
  • [スピーカー]
    「日テレつけて」。レグザがついにリモコン不要にできます
  • [スピーカー]
    【ソニーの重低音】がキャンプ用スピーカーのBESTである理由
  • [ポータブルスピーカー]
    何に使うの?「360度スピーカー」の使い道はドライブにアリ
  • [ポータブルスピーカー]
    「お風呂YouTube」にこの防水スピーカーが最高でした
  • [スピーカー]
    AIスピーカー「良さがわからん」という人に、便利機能ランキング10選
  • [ポータブルスピーカー]
    この「置くだけスピーカー」なら、もうペアリングは不要です
  • [ポータブルスピーカー]
    【Google Home】これから買うなら見るべき購入ガイドがコチラ!
  • [スピーカー]
    【本日発売】AIスピーカー「Amazon Echo」の最速総まとめ!
  • [スピーカー]
    ソニーの肩のせスピーカー「SRS-WS1」がまるで映画館でした
  • [スピーカー]
    【Amazon Echo】ラジオ好き必見! AIスピーカー機能ランキング7選
  • [スピーカー]
    【Amazon Echo】今日から一般販売。「水買っておいて!」で買い物できます
  • [スピーカー]
    買う前に要確認「Amazon Echo」国内版でできること、できないこと
  • [スピーカー]
    「Amazon Echo」は育つんです! ゼロからわかるスタートガイド
  • [スピーカー]
    【招待制のAIスピーカー】「Amazon Echo」今さら聞けない超基本
  • [スピーカー]
    本当に? スピーカーは「台」を変えると間違いなく音質アップするんです