冷蔵庫の2018年上半期ベストが“あの2強”である理由
2018年08月07日(火)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
冷蔵庫の2018年上半期ベストが“あの2強”である理由
今回は家電専門誌「家電批評」がオススメする“大型冷蔵庫”の2018年上半期ベストをご紹介したいと思います。最近では野菜室の高機能化がトレンドになっています。そんな中、編集部がイチオシするのは三菱と日立の製品です。冷蔵庫選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 今、冷蔵庫を買うなら
    ダンゼン日立か三菱!
最近では500L台の大型冷蔵庫がファミリー層(4人前後の世帯)に人気なんだとか。大型の方が省エネ性能がよく、まとめ買いや作り置きなどに対応できる点が主な理由のようです。

でも、まとめ買いした野菜が使い切る前に傷んでしまっては意味がありませんよね。そんなこともあって、最近では野菜室の高機能化がトレンドとなっています。

三菱電機の最新モデルでは、省エネや設計の面でハードルの高かった「真ん中野菜室」が復活。一方、日立の真空チルド冷蔵庫の最新モデルでは、炭酸ガス濃度を高めて野菜を眠らせるように保存する「新鮮スリープ」の機能などが進化しています。
三菱電機
置けるスマート大容量
MXシリーズ MR-MX50D
503L・フレンチドア(観音開き)
実勢価格:23万9700円

サイズ:幅650×奥行699×高さ1826mm
重量:123kg
定格内容積:503L
冷蔵室:271L
冷凍室:89L
野菜室:98L
独立製氷室:18L
年間消費電力量:250kWh
「真ん中野菜室」は整理しやすく、中身を見わたせる構造になっています。屈まなくても野菜や大きめのペットボトルなどがスッと取り出せて、これは本当に便利!
日立
真空チルド HWシリーズ
R-HW52J
520L・フレンチドア(観音開き)
実勢価格:19万1200円

サイズ:幅650×奥行699×高さ1833mm
重量:117kg
定格内容積:520L
冷蔵室:266L
冷凍室:133L
野菜室:99L
独立製氷室:22L
年間消費電力量:239kWh
炭酸ガスの効果で野菜を眠らせるように保存して、7日間鮮度を保つという「新鮮スリープ野菜室」。容量もタップリで、これなら買いだめしても安心です。

どちらのモデルも省エネ性能や容量スペックなど文句なしの逸品なので、あとは付加機能を見比べてお好みの方をお選びください。
  • 僅差ながらも一番の
    省エネモデルは三菱
チリも積もれば……という訳で「省エネ性能」をもっとも重視するならば、先ほどご紹介した三菱の「MR-MX50D」がオススメです。

最近の大型家電は高機能化が著しく、省エネモデルであることはもはや当たり前といった状況です。家電業界で省エネ性能を競う時代は終わったようなものですが、それでもやはりメーカーによって多少の差はあります。
MR-MX50D、MR-RX46C(三菱電機)
R-HW60J(日立)
NR-F554WPX、NR-JD5103V、NR-FV45S3(パナソニック)
SJ-GT50D、SJ-F462D(シャープ)

同じくらいの容量の各メーカーの冷蔵庫の消費電力を比較してみたところ、僅差ですが三菱の最新モデルが“省エネ王者”となりました。
  • 中のレイアウトが自由に
    変えられたらいいのに…
冷蔵庫に入れるものは毎日同じとは限らないので、棚の高さや中のレイアウトが自由に変えられたら便利ですよね。……実は日立の「HWシリーズ」なら、それが可能なんです。
HWシリーズには「高さかわるん棚」という面白い機能がついていて、棚の高さや配置を自由にカスタマイズすることができます。慣れてくると、楽しく効率よくレイアウトを変えられますよ!
  • 見た目にこだわるなら
    シルバータイプにご用心
新築住宅のキッチンはオープン型が主流で、メーカーも冷蔵庫のデザイン性を強化しています。そのため光沢感と高級感のあるガラストップの製品が増えています。シルバーカラーの“いかにもガラス”という感じのもの選んでしまうと、何でもかんでも写り込んでしまうのでチョット注意が必要です。

三菱などはグラデーションカラーのガラスを採用。写り込みが気にならないうえ、シックでオシャレに見えるので、ガラストップの冷蔵庫を選ぶならこういったタイプがオススメです。
以上、「家電批評」がオススメする冷蔵庫の2018年上半期ベストのご紹介でした。

今回ご紹介した冷蔵庫は4人前後の家族向けとなっています。6人以上の世帯で、もう少し大きめのものが欲しいという場合は東芝の「FWXシリーズ」もアリです。真ん中野菜室やツイン冷却などがあり、大きくても使いやすい作りになっています。

もっと冷蔵庫のことを詳しく知りたいという方は、ぜひコチラの記事もご覧ください。
「価格差10万円!」でも大差なし?冷蔵庫のお値段のヒミツ、教えます。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [冷蔵庫]
    ダイソー・セリアで解決! 冷蔵庫の劇的ダイエット術6選
  • [冷蔵庫]
    これだよコレ! 車内にぴったりの「ミニ冷温庫」ようやく発見しました
  • [冷蔵庫]
    あっ、冷やすの忘れてた!…を帳消しにする冷蔵庫の裏ワザ!
  • [冷蔵庫]
    糖質制限の救世主! アレするだけで、お豆腐がメインディッシュに変身します
  • [冷蔵庫]
    火にかけずに昆布だしがとれる! 冷蔵庫で仕込む時短アイデア
  • [冷蔵庫]
    旨味をキープ「美味しい冷凍」5つの極意
  • [冷蔵庫]
    【冷蔵庫】納豆の発酵が止まる? 意外と知らないチルド室のお得技
  • [冷蔵庫]
    え、ドアポケットに卵はダメ? 「冷蔵庫」やってしまいがちな4つのNG
  • [冷蔵庫]
    Amazonで見つけた掘り出しモノ 重ね収納できちゃうたまごパック
  • [冷蔵庫]
    【寝室に冷蔵庫】を置くなら 絶対知っておきたい最強コンビ
  • [冷蔵庫]
    【冷蔵庫】3位は日立、2位は東芝、1位は… コスパ重視ランキング2017夏
  • [冷蔵庫]
    【冷蔵庫】1位は東芝でも、パナソニックでもなく……2017夏の最新ランキング発表
  • [冷蔵庫]
    【冷蔵庫スッキリ】100%真似できる 整理収納アイテム6選
  • [冷蔵庫]
    「価格差10万円!」でも大差なし? 冷蔵庫のお値段のヒミツ、教えます。
  • [炊飯器]
    史上最高の味を更新か…象印「炎舞炊き」に“お米のプロ”が唸った理由
  • [炊飯器]
    高級炊飯器“マニア化”の終焉? 「ふつう炊き」を追求する新潮流とは
  • [トースター]
    「ホテルのクロワッサン」あの味を自宅で再現するトースターがコレ
  • [ホットプレート・グリル鍋]
    お客さんにバレない! 焼肉のニオイをサッパリ消す“新方程式”の完成です
  • [トースター]
    パン派の皆様、冷凍トーストでも「サクッとモチモチ」になる方法発見しました
  • [電子レンジ・オーブン]
    [Amazonタイムセール祭り速報]コスパ派が絶賛するあのメーカーが登場中!
  • [トースター]
    奮発は正解だった? バルミューダ「The Toaster」3年後の本音
  • [炊飯器]
    知ってた? 炊飯器の大本命が“今日だけ安い”んです[Amazonタイムセール祭り速報]
  • [トースター]
    食パンがごちそうになる! バルミューダに負けない絶品トースターの秘密…
  • [ホットプレート・グリル鍋]
    まさか! “焼肉の焦げ”がこんなカンタンに落ちるなんて…