電車で運べる! Amazonの焚き火台でBBQもできるなんて…
2018年08月02日(木)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
電車で運べる! Amazonの焚き火台でBBQもできるなんて…
「絶対楽しいけど、荷物も増えるし面倒くさそう」なんてイメージの焚き火。でも、実は電車で運べるくらいコンパクトな製品もあるんです。そこで今回は、焚き火はもちろん、BBQだってできちゃう1台2役のマルチな焚き火台をプロとガチ検証。見つかったのは、Amazonで5000円以下というコスパのベスト製品でした。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • BBQもできる焚き火台なら
    料理もできて一石二鳥
夏休みシーズンに入り、キャンプやバーベキューなどを計画している方も多いのではないでしょうか。

そんなアウトドアシーンで、ぜひおすすめしたいのが「焚き火台」。みんなで焚き火を囲めば、雰囲気たっぷりで盛り上がること間違いなし! 焼き網が付いているものなら、バーベキューはもちろん、料理の腕をふるうこともできちゃいます。

焼き網付きの焚き火台は、過去の検証で何度もベストバイに輝いた「ユニフレーム ファイヤグリル」がテッパンでしたが、今回の検証で、ユニフレームに劣らず、しかも価格が安いアイテムを発見しました! 

同じく5000円以下の他製品とも比較してみましたので、あわせてご紹介します。


今回、検証に協力いただいたのはこちらの方です。
OutdoorLifeStyleProduce 小清水哲郎さん
アウトドアコンサルタント。企画からチームビルディング・教育研修などを展開。



キャンプは何かとグッズが必要で、荷物が増えたり、費用がかさみがちですが、こちらはコンパクトで気軽に揃えられるものですので、ぜひご覧ください!
  • [A]簡単組み立てで
    炭追加も楽勝なViaggio+
今回、最強に輝いたのは、燃焼効率もよく、燃え残りも少ないうえ、網を動かさずに炭の位置を調整できる「Viaggio+」。初心者でも簡単に組み立てられ、脚フレームをたたんでコンパクトになるので持ち運びもラクラクです。
Viaggio+
バーベキュー
コンロ 焚火台
実勢価格:4680円
焼き網と火床がずれているので、炭を追加しやすくなっています。

ちなみに、過去ベストバイの「ユニフレーム」はこちら。特徴や使い勝手は「Viaggio+」とほとんど変わりません。
ユニフレーム
ファイアグリル
実勢価格:6900円
「Viaggio+」と「ファイアグリル」を比べてみました。


[形状・素材はまったく同じ]
左:ユニフレーム 右:Viaggio+
火床や炭受けの穴のサイズまで同じで、どちらも燃焼効率はバツグン。薪はよく燃えます。


[細かなところの仕上げに差あり]
左奥:ユニフレーム 右前:Viaggio+
「Viaggio+」は、ハンドルを上向きにして固定可能ですが、ユニフレームは固定不可です。
「Viaggio+」は、脚フレーム留め具の出っ張りが大きく、フチが鋭利な部分があります。


[Viaggio+は焼き網2枚&収納袋付き]
左:ユニフレーム 右:Viaggio+
予備の焼き網1枚と収納袋は「ユニフレーム」は、オプションですが「Viaggio+」
には付属されているのが嬉しい! 収納のコンパクトさはどちらも同じです。


その他、比較した3製品もご参考までにご紹介します。
  • [B]炭追加はやや面倒だけど
    携帯性抜群のキャプテンスタッグ
こちらも一台二役の焚き火台ですが、炭を追加する場合は、網を持ち上げる必要があり、グローブが必須です。コンパクトで、持ち運びには便利です。
キャプテンスタッグ
ヘキサステンレス
ファイア グリル
実勢価格:3919円
  • [C]軽量だけど組み立てにくい
    SPEVORIXバーベキューコンロ
軽量なので持ち運びはしやすいのですが、組み立てに少してこずりました。炭を入れる際は、焼き網を横にスライドさせて入れられます。
SPEVORIX
バーベキュー コンロ
実勢価格:2500円
  • [C]本体がたためるのに
    携帯が不便なFIELDOOR
本体自体は折りたたんでコンパクトになりますが、脚や網、ロストルが収納できないので、かえって荷物になってしまいます。炭の追加をするときは、焼き網を持ち上げて行わなければなりません。
FIELDOOR:バーベキューコンロ:コンロ
FIELDOOR
バーベキューコンロ
実勢価格:4104円
以上、おすすめ「焼き網付きの焚き火台」のご紹介でした。何かと必要なグッズが多く、費用がかかりがちなキャンプですが、これなら手軽に揃えられますので、ぜひこの夏のお供に加えてみてくださいね!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [コンロ・焚き火台]
    ズボラさん歓迎! 準備5分で始めるお手軽BBQグッズ4選
  • [コンロ・焚き火台]
    秋キャンプで100%使える! 最速火起こしで家族に尊敬されるベストテク
  • [コンロ・焚き火台]
    【焚き火台おすすめ6選】マニアック? いやいや、キャンプの万能選手なんです
  • [コンロ・焚き火台]
    孫の代まで受け継ぎたい、 おれんちのスゴい焚き火台、育てませんか。
  • [バーベキュー用品]
    もう戻れない。アウトドア初心者が慢心する大傑作3選
  • [燻製・スモーカー用品]
    【燻製デビュー】は「安くて小さい」この燻製機がバッチリでした
  • [燻製・スモーカー用品]
    初めてでも簡単! お手軽燻製を作ってキャンプで楽しもう
  • [バーベキュー用品]
    BBQシーズン到来! 初心者におすすめバーベキュー道具7選
  • [バーベキュー用品]
    「栓抜きがない!」……じつは紙で開けられるってご存知ですか?
  • [バーベキュー用品]
    コールマン派もロゴス派も必見! 初夏のアウトドアおすすめアイテム8選
  • [バーベキュー用品]
    1ポンドステーキにかぶりつき! BBQの「手間なしゴージャス」化が止まらない!
  • [バーナー]
    男を上げる! コツすら不要のバーベキュー火おこし裏技
  • [バーベキュー用品]
    「BBQはコールマンを選んでおけば全員が幸せになる」説がガチである理由
  • [バーベキュー用品]
    焼肉名店「ゆうじ」がプロデュースした 炭火焼グリルのリアル感が飯テロすぎた!
  • [バーベキュー用品]
    肉がむちゃくちゃ旨く焼けると大評判 超うれてる「マイ鉄板」を試してみた
  • [バーナー]
    空き缶で作る、 ウルトラライトストーブの作り方。
  • [テントアクセサリー]
    Amazonの格安キャプテンスタッグ。買っていいモノ、ダメなモノ
  • [テントアクセサリー]
    Amazonの格安コールマンは“ワケあり”なの? 人気5製品を本音でチェック
  • [テント]
    [コールマン価格破壊]Amazonでアウトドア界に異変が…
  • [下着・靴下]
    ユニクロの隠れ傑作「ボーダーベリーショートソックス」をファッションのプロが大絶賛...
  • [パンツ・ズボン]
    ユニクロのメンズボトム7選。買っていいもの、ダメなもの
  • [パンツ・ズボン]
    売り切れ必至! ユニクロで買うべき1本が“感動パンツ”である理由
  • [レジャー用品]
    IKEAとニトリでつくるお手軽ベランダアウトドア!おすすめ格安アイテム7点
  • [クッキング用品]
    「安さで選んじゃダメ」説は“デマ”…を実証した格安アウトドア4選