【発表】2016年最強クレジットカードランキング②
第4位-第10位
2016年05月25日(水)
浅沼 伊織
浅沼 伊織/Test by MONOQLO編集部
【発表】2016年最強クレジットカードランキング②
第4位-第10位
前記事の「発表! 2016年版 最強クレジットカードランキング①」では、見事TOP3に輝いたクレジットカードを発表しましたが、ほかにもお得なクレジットカードはまだまだあります。今回はランキングの続きとなる4位~10位のクレジットカードを発表していきます。
  • クレジットカードランキングの
    評価方法をここでもう一度確認
前記事の 発表! 2016年版 最強クレジットカードランキング①  で解説していますが、まずは採点基準を再確認しておきましょう。

今回の採点方法は、まずクレジットカード専門サイトでの注目度や発行枚数から121枚のカードをリストアップしています。そして、3名のクレジットカードの専門家にご協力頂き、下記の11項目について採点を行い、その合計点でランキングを決定しています。

採点基準は、カードの使い勝手に関わってくる年会費やポイント還元率、チャージ付与率、ポイント最小交換単位などは点数を多くしています。なお、リボ払いが条件となる特典等は、どんなに好条件であっても今回は加点の要素とはしていません。
  • 11項目・合計100点で各クレジットカードを採点
  • 採点にご協力頂いたクレジットカードの専門家
[クレジットカードの専門家]クレカ・電子マネー情報サイト「E-MONEY JAPAN」を運営する藤井伸一郎さん(写真左)/カードビジネス総合情報誌「CardWave」編集長の岩崎純さん(写真中央)/カードやマネーの記事を執筆し、テレビ・ラジオにも出演しているITジャーナリストの三上洋さん(写真右)
  • 4位以降は楽天系クレジットカードが健闘
    デビットやゴールドもランクキング上位に
トップ3に続いてクレカランキング第4位となったのは、「オリコカード ザ ポイント」です。還元率は1%ですが、ポイントモール経由で還元率がアップします。「たとえばAmazonなら2%にアップ。また入会後、6ヵ月はキャンペーンで基本還元率が2%になります」(「CardWave」編集長 岩崎さん)とのことです。

第5位となった「楽天カード」は、周期的に行われるキャンペーンが強力で、入会時のポイントプレゼントが8千円相当なんてこともあります。カード情報サイトを運営する藤井さんによると、「野球(楽天)・サッカー(ヴィッセル神戸)が勝つとポイントアップするのが面白く、楽天のキャンペーンの発生パターンを裏読みして13%の還元率を実現した事例もありました」との話です。岩崎さんも「楽天市場を使う人なら、持っておいて損はありませんね。ただし登録メールアドレスは、捨てアドレスで(笑)」と高評価です。

第7位は「楽天デビット(JCB)」ですが、デビットカードがランキング上位に入るのは初となります。「今までもデビットカードでポイントが付くものはありましたが極端に低めでした。でも、楽天デビット(JCB)は還元率の高さから人気が出そうです」(藤井さん)とのことです。岩崎さんも「日本では通常のクレカでも手数料なしですから、デビットの人気はあまりありません。しかしクレカが使えない学生にはいいかもしません」と評価していました。

第8位の「楽天プレミアム」は、旅行系ブログだと必ずと言っていいほどお勧めるカードです。「ゴールドで年会費1万円ですが、空港ラウンジプログラムである「プライオリティ・パス」が使えるのは強力です。利用できる「プレステージ会員」は3万円相当なので、それだけでも価値があります」(藤井さん)とのことです。「ただゴールドで楽天のロゴがあるのはどうなんでしょうね(笑)。海外旅行ならいいかもしれませんが、国内で使うのはちょっと、と思う人もいるかもですね」と岩崎さんは笑っていました。

第9位の「dカード」は、NTTドコモの新カードとなります。DCMXからの名称変更で、新たな「dポイント」はドコモを中心とした共通ポイントに生まれ変わっています。藤井さんによると、「マクドナルト・ローソン(Ponta)・JALなどとの提携・割引クーポンが強力です。ドコモユーザーなら普段使いとしてもオススメできます」との話でした。

それでは、第4位~10位までのクレジットカードごとの評価を見てみましょう。  
  • [第4位:合計63pt]Orico Card THE POINT
    専用モール経由ならネット通販で更に0.5%の還元率
年会費無料で還元率は常に1.0%以上です。入会後6カ月間はポイント還元率が2%(上限5,000ポイント)となります。オリコモール経由すれば、Amazonの買い物は還元率2%(入会後6か月間は3%)になります。還元率1%+強力なポイント優遇+年会費無料とクレカマニアも垂涎の1枚です。

<製品情報>
Orico Card THE POINT
種類:VISA/MasterCard/JCB
発行:オリエントコーポレーション
  • [11項目の各評価]
  • [第5位:合計62pt]楽天カード
    超定番カードは「土曜日」利用でポイント3倍=還元率3%に!
人気オンラインショップ楽天が発行する、年会費が永年無料のクレジットカードです。多くのキャンペーンがあり、毎週土曜日の「楽天カード感謝デー」には楽天市場での利用で3%還元となります。楽天市場でのネット通販や、楽天トラベルで航空券などを購入する予定がある人は持っておくべきカードです。

<製品情報>
楽天カード
種類:VISA/MasterCard/JCB
発行:楽天カード
  • [11項目の各評価]
  • [第6位:合計61pt]REX CARD Lite
    改悪で還元率がダウン、ただし改悪後も還元率は1.25%
有名通販サイト価格.comが提携しているクレジットカード。第3位のREX CARDより還元率は低いですが、年会費がずっと無料なのが魅力です。「価格.com安心支払いサービス」を利用すると還元率が1.5%にアップします。

<製品情報>
REX CARD Lite
種類:VISA
発行:ジャックス
提携:カカクコム
  • [11項目の各評価]
  • [第7位:合計60pt]楽天銀行デビットカード(JCB)
    通常0.3%のデビットカードで還元率1%は破格!
利用ごとに銀行口座から引き落としされるデビットカードです。デビットカードは発行会社の収益性が非常に低いのですが、これは還元率が破格の1%です。ちなみに、デビットカードは通常約0.3%となっています。16歳から申し込み可能なので、留学する高校生などにも最適です。

<製品情報>
楽天銀行デビットカード(JCB)
種類:JCB
発行:楽天銀行
  • [11項目の各評価]
  • [第8位:合計59pt]楽天プレミアムカード
    世界中のラウンジが楽しめるプライオリティ・パスつき
ゴールドカードとしては年会費がさほど高くないクレジットカードです。手厚い保険や、世界中にある空港ラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています。大抵のカードはプライオリティ・パスが付くと年会費が約3万円になるものが多いのですが、このカードは1万円と、とってもお得です。

<製品情報>
楽天プレミアムカード
種類:VISA/MasterCard/JCB
発行:楽天カード
  • [11項目の各評価】
  • 【第9位:合計58pt]dカード
    ドコモユーザー以外にもオススメのカードです
DCMXから名称が変更されたクレジットカード。ドコモのポイントクラブのブロンズステージに優遇されます。期間1年、最大1万円の携帯電話補償も付いています。ローソンで利用時には3%OFFになるなど、ドコモユーザー以外にもオススメのカードです。JALやPontaとも提携しています。

<製品情報>
dカード
種類:VISA/MasterCard
発行:NTTドコモ
  • [11項目の各評価]
  • [第10位:合計57pt]ビックカメラSuicaカード
    Suicaチャージの定番カードは普段使いにも最適!
オートチャージなので、日常的にSuicaを利用するユーザーであれば、どんどんポイントを貯めていけます。Suicaが全国の交通系電子マネーと相互利用可能となったこともあり、東日本以外の居住者も見逃せないカードとなっています。

<製品情報>
ビックカメラSuicaカード
種類:VISA
発行:ビューカード
提携:ビックカメラ
  • [11項目の各評価]

オススメのコンテンツ

  • [ベストクレカランキング]
    発表! 2016年最強クレジットカードランキング① [第1位~第3位]
  • [ネット通販系]
    Amazon利用の最強カードは 無料のオリコ「Orico THE POINT」
  • [鉄道系]
    「チャージ技」で11.5%還元も! 交通系は定番ビックスイカが◎
  • [マイル]
    JAL・ANAより外資系カードが今はお得! マイルが貯まるクレカの新常識
  • [高還元率]
    有名カードが軒並み改悪! 高還元率クレカの現状最強の1枚は!?