2017年に備える今はいるべき
BEST保険[定期保険編]①
2016年04月16日(土)
沢井 竜太
沢井 竜太/Test by LDK編集部
2017年に備える今はいるべき
BEST保険[定期保険編]①
  • 定期保険はシンプルでわかりやすい
    だからこそ保険料の安さで選ぶのが◎
定期保険は、夫など家計を支えている人に万一のことがあった場合、残された家族が保険金を受け取ることができるシンプルな保険。

ただし、保険金を受け取ることができるのは、一定期間内に亡くなったときだけ。保険期間の途中で、あるいは満了後に解約しても解約返戻金はないのが主流なので、貯蓄代わりにはならない。いわゆる掛け捨てタイプの保険だ。そのため、保険料が安い。

たとえば、子どもが生まれたので死亡時に備えて定期保険に加入したとする。40歳の男性が死亡保険金1000万円で保険期間を20年間とした場合の保険料は2000円とお手頃。20年後の60歳時に更新したときの月々の保険料は上がっても6000円。60歳で死亡時に1000万円の保障をこの料金で得られるのは他の保険ではあり得ない。

定期保険はシンプルなだけに、基本的に保障は各社ほぼ横並び状態。なので自分にとって月額保険料が安いところを選べばOKなのでとってもわかりやすい。
  • 基準クリアで最安になるチューリッヒ
    喫煙者・血圧が不安ならファインセーブ
一定期間の間、万一のことがあった場合に保険金が受け取れるというのが定期保険の基本的なシステムだ。基本的な商品性はシンプルで、割安な保険料が特長。最近は、喫煙の有無や血圧などの健康状態で保険料が割安になる「リスク細分型」の定期保険が注目を集めている。やはり、タバコが身体に及ぼす影響は甚大で、タバコを吸わない人の方が病気になる可能性が低いことが保険料に反映されているというわけ。

ここでオススメしたいのは、だれでも同じ保険料で加入できるオリックス生命のファインセーブと、リスク細分型のチューリッヒ生命の定期保険プレミアムメットライフ生命のスーパー割引定期の3商品。リスク細分型の2商品は、タバコの非喫煙期間などで違いがあるので注意しておこう。

チューリッヒ生命の定期保険プレミアムは非喫煙期間を過去1年としているのに対し、メットライフ生命のスーパー割引定期は過去2年間としている。また、メットライフは喫煙と血圧以外に、身長・体重も加味されるので、チューリッヒより加入条件は厳しくなる。

とはいえこれらリスク細分型は、条件をクリアできれば安い保険料で加入できるのでかなり魅力的。定期保険を選ぶ上で大切な保険料を物差しに自分にとってベストを見極めよう。
  • ベストは「チューリッヒ生命 定期保険プレミアム」
    条件をクリアすれば全商品中最安になるお宝保険
タバコを吸わない人で、血圧の基準値を満たしていれば、保険料が安くなる定期保険。血圧基準は、最高120mmHg未満で最低80mmHg未満。これらの条件をクリアできる人は、迷わず加入した方がいい。たとえば、45歳男性、保険金額3000万円、保険期間・保険料払込期間10年の場合、保険料が最大41%も割り引かれる、お宝保険だ。
チューリッヒ生命:定期保険プレミアム
  • 月額保険料と保険金額
  • 過去1年の禁煙なので基準は緩め!?
保険料が安くなるには、血圧は最高120mmHg未満、最低80mmHg未満の基準を満たすこと。過去1年以内の喫煙歴がなければいいので基準はゆるめ。(※申込時にニコチン検査あり)
  • 健康状態を問わない価格設定で細やかなカスタマイズができる
    「オリックス生命 FineSave」もオススメ!
タバコを吸う人、血圧が高い人などの条件がないので、誰もが同じ保険料。保険金額は200万円から5000万円まで、100万円単位で選ぶことができる。また、保険期間は、10年満了から35年満了まで、あるいは60歳満了から90歳満了まで5年刻みで選べるので、カスタマイズ性がかなり高い。90歳満了にすれば、保険金を死亡時の費用にあてられるかも。
オリックス生命:FineSave
  • 月額保険料と保険金額
タバコを吸う人はこの保険が◎
  • ニーズによりマッチできる
保険金額は、店舗で申込む場合、200万円から10万円単位で細かく設定できる。必要な保障との兼ね合いできめ細やかな対応が特長だ
  • 月々の支払いがコレだけ!
保険金額 200万円
月額 598円
40歳男性・保険期間10年
  • 大きな保障もお任せ!
保険金額 5000万円
月額 1万3500円
40歳男性・保険期間10年
  • 非喫煙というだけでかなりお得になる
    「メットライフ生命スーパー割引定期保険」
保険料は喫煙の有無(過去2年以内)と血圧、そして身長・体重によって、標準体、喫煙優良体、非喫煙標準体、非喫煙優良体の4つのクラスに分かれる。保険金額1000万円、保険期間20年で35歳の男性の場合の保険料は、標準体で3700円だが、非喫煙標準体になると2510円まで割り引かれる。そして、非喫煙優良体になると1740円となり、月払保険料が最大約52%割安に。
メットライフ生命:スーパー割引定期保険
  • タバコを吸わないと割安に
過去2年以内喫煙していなければ、保険料が割安に。たとえば、40歳男性で保険金額1000万円、保険期間20年の場合、月3850円が月2470円と4割近く抑えられる

40歳男性の保険料(保険金1000万円)
喫煙者
3850円
↓
非喫煙者
2470円
  • 同じ死亡保障でも保障内容がまったく違う !
    死亡保障の3つのタイプをここで一気にチェック
加入者が亡くなったときにお金が受け取れる、いわゆる死亡保険はズバリこの3タイプ。死亡時の保障であることは同じだけど、それぞれまったく特性が違うのでよく覚えておきたい。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [定期&終身]
    2017年に備える今はいるべきBEST保険【終身保険編】②
  • [定期&終身]
    2017年に備える今はいるべきBEST保険【終身保険編】①
  • [定期&終身]
    加入するのはちょっと待った! 要注意終身保険はコレだ!
  • [定期&終身]
    値上げ前に検討したい保険No.1 [2016年度春版]終身保険の選び方
  • [保険の選び方]
    自動車保険料の20%を「やさしさ」で節約する方法
  • [保険の選び方]
    中立の立場ってホント? 話題の乗合保険代理店を覆面調査!
  • [保険の選び方]
    2017年保険は大激変の可能性アリ  見なおすべきは今!