最強カメラ「α7」の“レンズ高い”問題を解決するアイデア
2018年07月10日(火)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
最強カメラ「α7」の“レンズ高い”問題を解決するアイデア
連載3回目は、ソニーの「α7シリーズ」のレンズに注目。高性能なα7シリーズですが、レンズが高すぎるところが弱点なんです。今回はレンズの選択肢を広げる解決策をご提案します!
  • コンパクトかつコスパ良し!
    サムヤンの最小35mmレンズ
基本的にソニーのレンズは高額です。そこで注目なのが、レンズメーカー製のレンズ。安くて性能も十分なお買い得レンズもあり、中でもサムヤンは低価格なAFレンズを手がけているので要チェックです。
α7をコンパクトに持ち歩くには、薄型の「パンケーキレンズ」を装着するのが最適です。α7で使えるパンケーキレンズは少ないですが、オススメはとにかく軽いサムヤンの35mmレンズ。キットレンズより200gも軽くなるんです。また、AFもしっかり使えるので、日常のスナップにもぴったりです。
サムヤン
AF35mm F2.8 FE
実勢価格:3万8520円
このサムヤンのレンズとソニーの純正レンズでは、同スペックながらこれだけの価格差があります。
ソニー
Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA
実勢価格:6万9030円
ほかには、APS-Cセンサー機のα5000、α6000シリーズ用のレンズもα7シリーズにそのまま装着できます。写る範囲がAPS-C相当に自動でクロップされるので画素数は落ちてしまいますが、APS-C用レンズはコンパクトなので、フルサイズをコンパクトに持ち歩くためにAPS-C用のレンズを付けるのも良いでしょう。
  • コスパの良いレンズなら
    あえて「中古単焦点」を推します!
ソニー
Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
実勢価格:9万6268円
中古相場:7万7490円
α7 Ⅲにはレンズキットもありますが、フルサイズらしい豊かなボケやピントが合った部分のシャープな解像感を味わえるうえ、ボディのコンパクトさを損なわないという貴重なレンズが、この55mm F1.8 ZAです。最短撮影距離が長いのでご飯や小物を撮るのには不向きですが、α7 Ⅲには最適な1本です。新品より2万円は安いので中古で買うと良いでしょう。

また、最初に買うならこんなレンズもアリです。
トキナー
FiRIN 20mm F2 FE AF
実勢価格:11万4210円
ソニー
FE 85mm F1.8
実勢価格:6万1945円
キットレンズではカバーできるシチュエーションが限られるため、予算が許せばソニーの24-240mm F3.5-6.3 OSSと、単焦点1本という買い方がおすすめですよ。
  • 人と違ったレンズを使いたい!
    「オールドレンズ」はいかが?
ちょうどよいレンズが見当たらないときは、オートフォーカスを諦めると選択肢が一気に増えます。その代表格は、フィルム時代の一眼レフや古いライカMレンズなどの「オールドレンズ」をアダプターで装着するスタイル。また、日本のフォクトレンダーやドイツのカールツァイスなどから、α7シリーズ用のレンズも登場しています。
フォクトレンダー
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical Eマウント用
実勢価格:11万2571円
フォクトレンダーのEマウントレンズは、AFレンズと同じように電子接点でボディと通信可能。ピントリングを回すと、ピントを合わせた部分が自動で液晶に拡大表示されるので、目視でも正確なピント合わせができます。
「いやいやマニュアルフォーカスは難しそう…」という人は、ライカM用のレンズを無理やりオートフォーカス化するというアダプターを試してみてください。技術的に強引な方法なのでAFは遅めで迷いやすいですが、AFが機能するだけで十分ありがたいレベルです。動作にはα7 Ⅱ以降が必要で、第3世代のボディだとなお快適に使えます。
テックアート
LM-EA7
実勢価格:4万7120円
対応しているのはライカMマウント用のレンズですが、アダプターを重ねれば、さまざまなオールドレンズをAFで楽しめるという裏技的な使用もできます。
オールドレンズは逆光で撮ると味のある写真になります。現代のレンズではこういう光の表現は難しいです。
  • 「キヤノン」レンズも
    アダプターで選択肢に入ります
また、さらにマウントアダプターを駆使して、キヤノン用のレンズを装着するのもアリ。実売価格の安い単焦点レンズが豊富に見つかるはずです。
キヤノン
EF28mm F1.8 USM
実勢価格:5万7990円
キヤノン
EF50mm F1.8 STM
実勢価格:1万4270円
ちなみに、α7シリーズの手ブレ補正の効き目を示す補正段数はα7R Ⅲが5.5段、α7 Ⅲが5段分とかなりのスペック。ですが実際のところ、スローシャッターや動画の手ブレ補正はオリンパスのOM-Dシリーズには劣る印象です。

いかがでしたか? 手頃なレンズが見つかれば、より使い勝手がよくなりそうです。ぜひこの機会にα7シリーズに注目してみてください。

次回連載最終回では、ソニーαシリーズのお得な買い方についてお届けします。ぜひご覧ください!
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [ミラーレス一眼]
    連載「Kiss M」「α7 III」最新ミラーレス一眼、本音の完全解説ガイド
  • [ミラーレス一眼]
    ソニー通は知っている「残クレ」というお得な買い方
  • [ミラーレス一眼]
    「憧れ」を身近にしたフルサイズの立役者、ソニー「α7 III」徹底解説!
  • [ミラーレス一眼]
    【本音解説】初心者向け大本命ミラーレス「Kiss」の良いトコ、ダメなトコ
  • [ミラーレス一眼]
    表情もバッチリ捉える一台はコレ!【プロが選ぶミラーレス】
  • [ミラーレス一眼]
    【ミラーレスカメラの選びかた】色合いは値段じゃなくて、メーカーによって差が出るん...
  • [ミラーレス一眼]
    【スマホからミラーレスへ】オリンパス、富士フイルム、ソニー…ボケ検証の結果は意外...
  • [ミラーレス一眼]
    【ミラーレスカメラの選び方】最安モデルこそ、“くっきり”撮れちゃうってホント!?
  • [ミラーレス一眼]
    【スマホからミラーレス】乗り換え派が続出するのは必然である理由
  • [ミラーレス一眼]
    【筆者が実践】ソニー「α7RⅡ」でキヤノンのレンズを使う方法
  • [ミラーレス一眼]
    今、女の子に一番モテてるカメラがこちらです!
  • [ミラーレス一眼]
    人気ミラーレス一眼のおすすめランキング10選!プロが選んだ最強の1台
  • [ミラーレス一眼]
    「失敗できない」超高級ミラーレスカメラ最強ランキング4選
  • [ミラーレス一眼]
    「クセが強い」でも…デジカメ通が愛するこのブランド、知っていますか?
  • [ミラーレス一眼]
    【パナソニック編】ミラーレス一眼カメラのおすすめランキング5選
  • [ミラーレス一眼]
    徹底比較! ソニーのミラーレス一眼カメラおすすめ6選
  • [ミラーレス一眼]
    知ってた? 「インスタ映え」の元祖はこのカメラかもしれません
  • [ミラーレス一眼]
    【ミラーレス】ニコンの「世界唯一」が旅好き必見の理由
  • [ミラーレス一眼]
    「キヤノン派のあなたへ」最新ミラーレスで買うべき1台
  • [ミラーレス一眼]
    ファーウェイP10の「ライカ」レンズがここまで騒がれる理由
  • [ミラーレス一眼]
    【失敗しないミラーレス】ソニー、オリンパス、パナ。今、買うべきはどれ?
  • [ミラーレス一眼]
    【α7 II】憧れのオールドレンズで フルサイズを撮るという贅沢
  • [カメラアクセサリー]
    Amazon「激安ストロボ」で失敗しない買いの目印はココででした
  • [デジタル一眼レフ]
    キヤノンが本気で「スマホ時代のデジカメ」を考えた結果がコチラ