【コスパ高っ!】カメラ好きの超鉄板
あの高級ブランドに似すぎの道具箱
2017年05月01日(月)
360.life編集部
360.life編集部/Test by カメラ360.life
【コスパ高っ!】カメラ好きの超鉄板
あの高級ブランドに似すぎの道具箱
本格的な一眼レフを購入しレンズも一通り揃えたら、次はしっかり保護してくれるカメラケースが欲しくなるというもの。そこで、定番かつ王道といえばアメリカの老舗ケースブランド「ペリカン」。でも高いしそこまでガッチリしたものじゃなくていいから、もっとコスパがいいケースないの? と探したところ、ちょうどいいものありました。
  • 超王道のペリカンケースは
    確かに良いけど価格もお高い
厳しい審査を通ってアメリカ軍御用達の物品に指定される「ミルスペック」だけあるペリカンのハードケース。高い防水性能など、耐久性に疑いはないのですが、値段が少々高すぎます。

そこでオススメしたいのがトラスコのプロテクターツールケース。一般消費者向けの販促をあまり行っておらず聞き慣れないブランドですが。サイズはS~XLまで大小揃って価格は2500~1万円台とお手頃価格。ペリカンのほぼ半額です!
<製品情報>
トラスコ中山
プロテクターツールケース
購入金額:9441円
サイズ・質量:W430×D380×H154mm・3.1kg 
耐荷重:50kg(Lサイズ)
(画像クリックでアマゾンの商品ページが開きます)
<製品情報>
ペリカン
PELICAN ハードケース 1500 19L
購入金額:2万5093円
サイズ・質量:W470×D357×H176mm・4.2kg
  • ペリカンの半額でも
    耐水性&衝撃性どちらも十分!
でも、耐久性が低いと安かろうで終わってしまいます。そこで、検証すべく少々手荒に扱ってみました。
フタを閉めた状態で砂や水をかけてみましたが、中身はなんともありませんでした。防水規格はペリカンと同じ「IP67」。粉塵が中に侵入せず、1mの深水で30分間浸けても問題ないレベルです。

中には本体側、フタ側と両方に厚いウレタン緩衝材がしっかり入っています。これなら愛用のカメラキットもしっかり護ってくれそうです。
  • 緩衝材の切り取りもカンタンです
もうひとつ、オススメの理由は、付属の緩衝材の切り取りが簡単なこと。安いケースだと緩衝材が扱いにくく、無理にちぎってボロボロになるということもよくあります。
トラスコならしっかり切れ目が入っています。これならキレイに千切れそう。
とくに器用でもないスタッフでもキレイに切り取ることができました。

オススメのコンテンツ

  • [カメラアクセサリー]
    【加工じゃない!】空が青くなるカメラフィルターが効果抜群でした。
  • [ミラーレス一眼]
    【α7Ⅱ】憧れのオールドレンズで フルサイズを撮るという贅沢
  • [交換レンズ]
    即買いOK「安くて良い単焦点レンズ」徹底比較 [テスト結果発表編]
  • [交換レンズ]
    即買いOK「安くて良い単焦点レンズ」比較 [ベストバイ編]
  • [ビデオカメラ本体]
    スマホ全盛時代でも学校行事には ビデオカメラが絶対におすすめなワケ①