最新microSDガチランキング8選
2位は東芝、ダントツ1位は……
2017年04月25日(火)
360.life編集部
360.life編集部/Test by スマートフォン360.life
最新microSDガチランキング8選
2位は東芝、ダントツ1位は……
大容量の製品が手頃な価格で買えるようになり、活躍の場が増えているmicroSDカード。速度面も大幅に進化し、スマホはもちろん、デジカメやパソコンなどにも使える性能になっています。今回は、Amazonで今すぐ買える人気のmicroSDを8製品選びランキングとしました。
  • 何が違う? どこで買う?
    microSDカード選びの基本
いまmicroSDを買うなら、Amazonで選ぶのがベスト。その理由は大きく分けてふたつ。ひとつはリーズナブルな価格設定と購入の手軽さ。もうひとつは、今回上位を獲得した製品の中には、Amazonでしか入手できない限定モデルがあるためです。

microSDカードを選ぶ際、重要になってくるのが「速度」「コスパ」「容量」の3点。とくに「速度」は、単純にスペック値や価格だけを鵜呑みにしてしまうのは危険。

結果的に「安物買いの銭失い」にも繋がりかねないため、購入する段階で性能とコスパを両立した製品を選ぶことが重要になります。
  • ややこしいスペックで選ぶより
    「本当」に速いmicroSDを選ぼう!
microSDの「速度」は、どのブランドも公称スペックはほぼ横一線に見えますが、実際の速度を測定すると「速さ」には大きな差が出ました。さらに同じ速さでも、より重要となるが「書き込み速度」です。

SDカードの中からデータを取り出すのが「読み込み速度」で、データをSDカードに記録するのが「書き込み速度」です。デジカメやスマホなどを使って画像や動画を記録するといった場合は、書き込み速度が速い製品を選ぶのが鉄則と言えるでしょう。
  • すべて試して本当に「速い」1枚を探しました
今回のテストで測定するのは、まずパソコン上での読み書き速度、スマホでの読み書き速度といった一般的なベンチマーク計測。

そして実際の利用シーンを想定してデジカメにmicroSDカードをセットし、1カット32MBという高精細な写真を5連写し、その書き込みに掛った時間の計測、そして1GBあたりの価格といった6項目をポイント化し、真の5つ星製品を選びたいと思います。

※詳細なテスト条件はページ下記に記載。
  • まさに最強コスパはこの1枚!
    「サムスン」が“実測”で速い本音の5つ星
(画像クリックでアマゾンの商品ページが開きます)
※詳細なテスト結果はページ下部にまとめてあります。

<製品情報>
サムスン
microSDHCカード 32GB EVO Plus
MB-MC32GA/ECO
実容量:29.80GB
実勢価格:1680円
  • とにかく「書き込み速度」が速い!
栄光の第1位に輝いた32GBのmicroSDは、サムスンの「32GB EVO Plus」。2017年4月に発売が開始された新モデルとなっており、前作と比べて公称のリードスペック値が80MB/sから95MB/sへとアップ。

実測値を見ても他のモデルと比べて全体的に速く、とりわけ書き込み性能に強みを見せているのが特徴です。とくにデジタル一眼カメラでの実使用テストで他のモデルを圧倒する素早い書き込み性能を発揮しています。

読み書き速度が速いにもかかわらず、販売価格もリーズナブルで1GBあたりの単価も50円台前半とコストパフォーマンスにも優れています。
  • ほぼ同じスペックでも1位と最下位で大きな差!
総合1位「サムスン」
総合8位 「SanDisk」
ほぼ同じ容量でありながら1位の「32GB EVO Plus」と最下位の製品では、性能差が体感しにくいベンチマークだけでなく、速度差が体感しやすい実使用テストでも大きな差が生じています。

とりわけパソコンでのリード速度、デジカメで撮影した画像の保存速度は、それぞれ2倍程度の差が生じるほど、性能差が顕著に表れました。
  • 保証の手厚さもサムスンSDの大きな魅力!
スマホやデジカメといった頻繁にデータを読み書きするmicroSDカードだからこそ、避けて通れないのが故障問題。万が一、不具合が発生してもサムスンなら10年の長期保証を設けています。

microSDカードの保証は、各社によって対応が異なり、メーカーによっては問い合わせから製品の送付、保証の適用有無までに複雑なプロセスを設けているケースも少なくありませんが、サムスンの保証はプロセスが少ないためスムーズに対応してもらえるのも好印象と言えるでしょう。
  • 優秀な「書き込み」速度こそ最速の証明!
パソコンはもちろんスマホやデジカメといった製品でmicroSDカードを利用する場合、保存したデータの読み込み性能より、撮影した動画や写真の保存など、書き込み性能が使い勝手に直結する傾向にあります。

32GBというカテゴリの中で「32GB EVO Plus」の書き込み性能は、他の製品と比較するとベンチマークで圧倒的な速さをみせ、さらにデジカメへの書き込み時間も短いことが確認できます。連写を伴う写真や動画を頻繁に撮影するユーザーなら大きな恩恵が受けられる製品と言えるでしょう。
  • 「東芝」は正規品の価格は高いが
    書き込み速度はトップクラス!
(画像クリックでアマゾンの商品ページが開きます)
<製品情報>
TOSHIBA
microSDHCカード 32GB
MUH-B032G
実容量:29.1GB
実勢価格:3380円
次点に輝いたのがパソコンとスマホの書き込みテストにおいてトップスピードをマークした東芝製品。デジカメの写真保存速度も比較的速く、読み込み速度もトップクラスを誇っています。しかし、販売価格は高め。国内メーカーの製品という点を加味しても1GBあたりの価格が100円を超え、1位のサムスンと同率2位のシリコンパワーと比較しても2倍近いのがややネック。
  • 実使用テストで好成績をマーク
    コストパフォーマンスにも優れる!
(画像クリックでアマゾンの商品ページが開きます)
シリコンパワー
microSDHCカード 32GB
SP032GBSTHBU1V20BS
実容量:29.4GB
実勢価格:1780円
東芝のmicroSDと並んで同率2位を獲得したのがシリコンパワー製品。パソコンでの読み書きに関しては可もなく不可もない堅実なスコアに留まったものの、デジカメでの撮影テストで好記録をマーク。1GBあたりの単価も50円台中盤と安いため、性能と容量の双方を加味したコストパフォーマンスに優れた製品と言えるでしょう。
  • ベンチマークテストは及第点!
    実使用テストでポイントが伸びず
(画像クリックでアマゾンの商品ページが開きます)
Transcend
microSDHCカード 32GB
TS32GUSDU1PE
実容量:29.7GB
実勢価格:1980円
読み込みや書き込み性能のベンチマークテストは、上位製品に近いスコアを記録するものの、デジカメの撮影テスト結果は振るわずこの位置に。29.7GBとトップクラスの実容量を持ち、価格も手頃で無期限保証を謳っているため、コストパフォーマンスに優れている製品と言えるでしょう。
  • 読み込み性能は必要十分も
    書き込み速度で順位を落とす
(画像クリックでアマゾンの商品ページが開きます)
スーパータレント
UHS-I microSDHCメモリーカード 32GB
ST32MSU1P
実容量:29.5GB
実勢価格:1984円
パソコンとスマホともに読み込み性能は十分な性能を兼ね備えていますが、書き込み性能のベンチマークが振るわずこの位置に。しかし、実使用テストの結果は中位につけているため、性能は必要十分。実容量が29.5GBと比較的大きく、1GBあたりの単価も60円台前半とコスパも悪くない製品と言えるでしょう。
  • 安くて手軽に買えるものの
    性能面にやや不安あり
(画像クリックでアマゾンの商品ページが開きます)
Team
Micro SDHC UHS-1 
COLOR CARDシリーズ (32GB) 
実容量:29.4GB
実勢価格:1680円
販売価格は安く手軽に買えるものの、スマホの読み込み性能以外のテストで大きくポイントを落としています。1GBあたりの単価が50円台前半となっていますが、1位のサムスン製品と同じ価格で実容量が29.4GBと少ないことを加味すると、価格こそ手軽でも性能面に物足りなさを感じる結果に。保証期間は10年と長めです。
  • 読み込み速度は上位の製品に匹敵!
    しかし、書き込み性能で残念な結果に
(画像クリックでアマゾンの商品ページが開きます)
I-O DATA
microSDHCカード 32GB
EX-MSDC10/32G
実容量:28.8G
実勢価格:1980円
パソコンとスマホの双方とも読み込み性能は上位に匹敵し、1GBあたりのコストパフォーマンスも上々。しかし、書き込み性能が振るわずこの位置に。なお、採点基準には含まれていませんが実容量が28.8GBとなっており、テストした32GBカテゴリの8製品でもっとも少ないものとなっています。
  • ベンチマークも実使用テストも振るわず!
    性能と価格の双方に対するコスパも残念
(画像クリックでアマゾンの商品ページが開きます)
SanDisk
Ultra microSDHCカード UHS-I Class10 32GB
SDSDQUL-032G-EPK
実容量:29.7GB
実勢価格:2952円
パソコンの書き込み性能こそ好スコアをマークするものの、パソコンでの読み込みテストとスマホの書き込み、実使用テストのテストで大きくブレーキ。1GBあたりの単価も90円を超えており、上位の製品と比較すると性能面とコスパの両面で大きく差が開く結果となっています。
  • 最新microSDならデジカメにもOK!
    「アダプタ」でも速いから万能です
一眼レフでSDカードを利用しているユーザーにとって、アダプタを利用しなければならないmicroSDに不安を覚えている人もいるかと思います。しかし、今回のテストで「アダプタ利用」「そのまま」の2種類で比較をしましたが、驚くことに速度の差は誤差レベルとも言えるわずかなものでした。
  • 一眼レフにも十分使えます
下のテスト結果は、1位の「32GB EVO Plus」において、microSDカード単体のベンチマーク値とmicroSDカードを付属のアダプターにセットした時のベンチマーク値を比較したものです。読み書き速度ともに速度差はほとんどありません。

他社のモデルに関してもアダプターの有無でベンチマークの結果が大きく変わることはありませんでした。SDカードの世界においては「小は大を兼ねる」と言っても過言ではなく、アダプターによってあらゆるSDカード対応機器で使いまわせるため、これからSDカードを買うならmicroSDを選ぶのが賢い選択と言えるでしょう。
microSDそのままのベンチマーク
アダプタ使用時のベンチマーク
  • 全製品のテスト結果一覧はコチラ!
    実測結果に大きな開きが出ました
  • 採点基準
今回テストした8製品では、パソコンやスマホの読み込み性能こそ一部製品を除いてほぼ横並びに近い結果となっていますが、書き込み性能に大きな開きが生じています。とはいえベンチマーク結果は、速度差が直接的に体感できる部分ではないため、捉われ過ぎずひとつの指標として考えてみましょう。むしろ使い勝手やストレスの有無に直結するデジカメへの書き込み時間のような速度差が体感できる部分とコストパフォーマンスに重点を置いて製品選びをすることが重要と言えるでしょう。

  • テスト詳細&環境はこちら
【PC Read/PC Write】
定番ベンチマークソフト「CrystalDiskMark 5.2.1」を使ってシーケンシャルリード/ライト速度を測定。1GiBデータを5回測定し、最大値を算出。

※テスト環境
パソコン:東芝PV73TSP-NWA+カードリーダー(ELECOM MR3-K012)

【スマホ Read/スマホ Write】 
ベンチアプリ「A1 SD Bench」を使ってリード/ライト速度を測定

※テスト環境
スマホ:Sony Xperia Z5 (使用アプリ:A1 SD Bench)

【連続撮影書き込み】
RAW+Jpeg Lモードに設定した一眼デジタルカメラを利用し、1カット32MBの写真を5連写で撮影。その書き込みに掛った時間を3回計測し、平均値を算出。

※テスト環境
デジカメ:Canon EOS 7D MarkⅡ RAW+Jpeg Lモード

オススメのコンテンツ

  • [メモリカード]
    【200GB超】microSDカード徹底比較! 定番サンディスクがまさかの苦戦…
  • [携帯・スマホ本体端末]
    【最強のSIMフリー】Huawei P10を 50時間かけてガチ比較してみました
  • [スマホ連動ガジェット]
    壁も机もぜんぶタブレットになる! 「Xperia Touch」の魅力と惜しい弱点
  • [スマートフォンアクセサリ...]
    【かわいい】女性を美しく撮れる スマホレンズ6製品比較!
  • [スマートフォンアクセサリ...]
    【スマホ写真激変】「マクロ」レンズ8本勝負! 1位は意外にも……
  • [スマートフォンアクセサリ...]
    【自撮りレンズ】徹底テスト8製品 意外な1位はあの激安ブランドでした
  • [アプリ]
    【Apple純正は第5位】iPhone音楽再生アプリ最強ランキング まさかの第1位はあの無料ア...
  • [携帯・スマホ本体端末]
    【スマホの音が悪い】と感じたら 絶対知っておいて欲しいコト
  • [アプリ]
    【Google Playは6位】音楽再生アプリ最強ランキング プロが絶賛した第1位は?
  • [携帯・スマホ本体端末]
    【お風呂で最強】がXperiaじゃなかった予想外の理由
  • [携帯・スマホ本体端末]
    iPhoneの画面が割れた…… 一番リーズナブルな修理方法はコレ!
  • [バッテリー・充電器・チャ...]
    【3日もつ!】はずのスマホが3時間でバッテリー切れになる意外な理由
  • [スマートフォンアクセサリ...]
    お風呂スマホはジップロックで十分でした
  • [携帯・スマホ本体端末]
    [メーカー直撃]スマホの最高速度って、本当に出てますか?
  • [バッテリー・充電器・チャ...]
    【1年間検証済】iPhoneを一日充電いらずで使えるケースがお得すぎた
  • [ケース・液晶保護フィルム]
    【最強の399円発見】安くて強い「ガラスフィルム」を徹底比較!
  • [SIMカード]
    巷で話題の格安SIM「mineo」を 一番お得に契約する方法
  • [アプリ]
    月末恒例の通信制限に勝つ! サクサク接続「無料Wi-Fi」活用ワザ
  • [バッテリー・充電器・チャ...]
    災害時でもスマホの充電は 「ソーラーバッテリー」で切らさない!
  • [携帯・スマホ本体端末]
    期間限定セール中の「VAIO Phone」 大幅値下げでも“待ち”が正解?
  • [携帯・スマホ本体端末]
    神画質スマホ「ファーウェイP9」の検証写真を全公開!
  • [携帯・スマホ本体端末]
    この写真、スマホで撮ったんです。 ライカ監修「P9」の神カメラ
  • [携帯・スマホ本体端末]
    日本で一番売れたSIMフリーの後継機 「ZenFone 3」を全方位レビュー
  • [携帯・スマホ本体端末]
    「ZenFone 3」でスマホ料金の節約ができるワケ