【iPadでかすぎ!】タブレットを“フリーハンド”で使うベストアイデア9選
2017年04月15日(土)
阿部 淳平
阿部 淳平/Test by 家電批評編集部
【iPadでかすぎ!】タブレットを“フリーハンド”で使うベストアイデア9選
9.7インチの新型iPadが驚きのコスパで話題になっています。今まで大型のタブレットは高級品のイメージでしたが、最近では格安モデルも増えてきました。スマホにはない、大画面はとても魅力的ですが、弱点もあります。それが「腕が疲れる」こと。今回はそんな弱点を解消できるグッズをご紹介します。
  • タブレットはスマホと違い
    長時間持っていると腕が辛い…
    
会社から帰って、ベッドにごろ寝。さぁタブレットで動画鑑賞…至福のひとときですが、9.7インチのiPadは片手で持つには大きすぎます。もちろん、うつ伏せスタイルも良いんですが、体制を変えられないもキツイ。
片手で持てても長時間だと腕がプルってきます。
  • “フリーハンド”って素晴らしい!
    楽するアームスタンド活用術
大画面タブレットの「持ち疲れ」問題を解決するには、アームスタンドでベッドに固定するのがオススメです。できれば、どの角度でも支えられるフレキシブルアームをもつスタンドがベスト。家具への固定はクランプ式が主流です。
  • 「BESTEK」適度な強度で角度調整がスムーズ
(画像クリックでAmazon商品ページが開きます)
<製品情報>
BESTEK
iPadスタンドホルダー  
BTIH130
実勢価格:2080円
アーム長:550mm×直径15mm・998g
iPadシリーズ専用設計なので、他のスタンドより本体の着脱が簡単です。また強度がありながらもアームの折り曲げがしやすいのが魅力。iPad miniにも対応しています。
  • 「Whaleship」は対応サイズが広くスマホもOK
(画像クリックでAmazon商品ページが開きます)
<製品情報>
Whaleship
フレキシブルアーム65cm
実勢価格:1240円
サイズ・質量:W217×H155×D67mm・360g
素材:アルミニウム
フレキシブルの名前の通り、アルミ製のアーム部分を好きな形に曲げることができるアームスタンドです。ホルダー調節でさまざまなサイズに対応し、スマホを装着することも可能。上で紹介した「BESTEK」と比較するとクランプが大きく、設置する先が幅広いのもメリットです。
  • 挟めないなら「オウルテック」の床置きタイプ
    
(画像クリックでAmazon商品ページが開きます)
<製品情報>
オウルテック
OWL-MAFA03K
実勢価格:9237円
サイズ・質量:本体最大高140・最小高107cm・5.2kg
対応サイズ:7~11インチタブレットPC
取り付け可能重量:約1kg
他の2製品に比べると値段は張りますが、挟み込んで固定するクランプ式ではないので、どこでも置けるのがメリットです。屋外設置も想定した設計で、金属製の土台部分は相当重く、安定しています。

ただし、弱点として、発売時期が古いスタンドなので最近の薄型機を想定していないことがあります。薄型タイプのタブレットの場合はケースを付けないと安定しない場合があります。
  • さらに画面操作もリモコンにして
    トコトン堕落しよう!
(画像クリックでAmazon商品ページが開きます)
<製品情報>
Satechi
Bluetooth Multi Media Remote
実勢価格:3999円
サイズ・質量:W35×H90×10mm・168g
搭載機能:再生・一時停止、高速早送り・巻き戻し、音量調整、ミュート、iPhoneカメラのリモート撮影
「Bluetooth Muti Media Remote」は音楽や動画の再生や巻き戻し、Siriの起動などができリモコンです。タップやスクロールといった、マウスライクな操作はできませんが、これでも十分堕落できます。
  • 究極のゴロ寝システム
    Androidなら実現できます!
(画像クリックでAmazon商品ページが開きます)
<製品情報>
Ewin
EW-RB12
実勢価格:3780円
サイズと質量:H150×W100×D20mm・127g
ワイヤレス:Bluetooth
対応OS:Windows2000以降、LInux、OS X10.2.8以降、iOS、Android、Playstation3 、XBOX360
Androidのタブレットやスマホの場合、Bluetoothでできることが多く、より快適なゴロ寝アイテムが使えます。この「EW-RB12」なら、手元で文字入力、音量調整、タッチ操作など、画面に触れることなくタブレットを操作可能です。キーボードが少し打ちにくい印象でしたが許容範囲。
手に馴染みやすいコントローラー型で、中央にタッチパッドがありマウス操作も可能です。一本指タップ、二本指タップ、二本指上下スライドの3種類のジェスチャーを認識します。左の十字キーでは動画や音楽の再生や音量のコントロールが可能です。
  • 防水タブレットをもっと楽しめる
    お風呂で使えるハンズフリー!
(画像クリックでAmazon商品ページが開きます)
<製品情報>
UNIQ
ファンタスティックアーム+
実勢価格:3980円
サイズ・質量:W325xH205xD70mm・699g
UNIQはクリップ部分はお風呂でも使える、吸盤で取り付けるタイプのアームです。スマホにもタブレットにも利用でき、関節部分はレンチで締めて固さを調節できます。弱点として、吸盤は少し粘着力が弱めですが、吸盤に接する部分を完全に乾燥させ汚れも落としておけば十分に使えます。
  • 寝そべり派の方にぜひおすすめ!
    iPad Proも固定できるクッション
(画像クリックでAmazon商品ページが開きます)
<製品情報>
SOLCION
トマルクッションカバー
実勢価格:3644円(クッション付き)

片面がシリコンの滑り止めに加工されていて、タブレットを固定できるクッション。12.9インチのiPad Proもしっかり留まってくれました。
  • シンプル・イズ・ベスト
    角度調整しやすいスタンド
(画像クリックでAmazon商品ページが開きます)
<製品情報>
ATiC
スマホ&タブレット用スタンド 210度回転
実勢価格:1880円
サイズ・質量:W132×H113×D131 mm ・259 g

可動域が広いため、最適な角度でタブレットを固定できます。質感も高級感があります。
  • 膝上作業スタイルをお助け!
    角度が固定できるキーボード
(画像クリックでAmazon商品ページが開きます)
<製品情報>
Arteck
iPad mini用キーボードフォリオケースカバー
実勢価格:2799円
サイズ・質量:W230×D171×H190・181g
キー配列:iOS(英語)
 角度を固定できるキーボードカバー。膝上でノートパソコンの様に作業がでできます。

オススメのコンテンツ

  • [タブレット本体]
    iPad miniの独壇場はもう終わり! 8インチの新本命が買い時です
  • [タブレット本体]
    新iPad登場でも揺るがない 「ZenPad」が最高コスパの理由
  • [タブレット本体]
    Kindle選びに迷ったら、 迷わずPaperwhiteでOK!
  • [タブレット本体]
    最安タブレット「Amazon Fire」の 最大の弱点をかき消す裏ワザ
  • [タブレット本体]
    17台のランキングで堂々1位! “無敵の完成度”をほこる最強タブ!
  • [メモリカード]
    最新microSDガチランキング8選 2位は東芝、ダントツ1位は……
  • [SIMカード]
    巷で話題の格安SIM「mineo」を 一番お得に契約する方法
  • [アプリ]
    月末恒例の通信制限に勝つ! サクサク接続「無料Wi-Fi」活用ワザ
  • [バッテリー・充電器・チャ...]
    災害時でもスマホの充電は 「ソーラーバッテリー」で切らさない!
  • [携帯・スマホ本体端末]
    期間限定セール中の「VAIO Phone」 大幅値下げでも“待ち”が正解?
  • [携帯・スマホ本体端末]
    神画質スマホ「ファーウェイP9」の検証写真を全公開!
  • [携帯・スマホ本体端末]
    この写真、スマホで撮ったんです。 ライカ監修「P9」の神カメラ
  • [携帯・スマホ本体端末]
    日本で一番売れたSIMフリーの後継機 「ZenFone 3」を全方位レビュー
  • [携帯・スマホ本体端末]
    「ZenFone 3」でスマホ料金の節約ができるワケ
  • [バッテリー・充電器・チャ...]
    一体型のデュアルケーブルが決め手! 高いけど「買い」の価値あり!
  • [携帯・スマホ本体端末]
    高級感もあるちょうどいいサイズの Xperia Xが値下がりで株急上昇!
  • [SIMカード]
    格安SIM比較ランキング12社 2017年最新のおすすめはコレ!
  • [携帯・スマホ本体端末]
    どれもコレも大きすぎ! 手に馴染む 小型スマホランキング【16年夏版】
  • [携帯・スマホ本体端末]
    総勢50台テストを勝ち抜いたのは 神バランスの伏兵ZTEだった!
  • [ケーブル・コネクタ]
    【55本検証】純正品vs激安iPhoneライトニング 一番の違いは電流の強さでした