「無印良品の爪切りが世界一」って言ったら信じますか?
2017年04月12日(水)
青山 卓弥
青山 卓弥/Test by MONOQLO編集部
「無印良品の爪切りが世界一」って言ったら信じますか?
数々の無印製品を検証してきた取材班が、その中でも特に強くオススメしたい逸品が爪切りです。地味? 安い? そんなこと言わず、世界中の爪切り27製品とさまざまな能力を比較したテストをぜひご覧ください。きっと、この気持ちがおわかりいただけるはずですので。
製品写真をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 全世界27製品を比較して
    スペシャルな実力が判明!
世界一の爪切りを探すべく、全世界27種類の爪切りを比較して明らかになった、無印良品の爪切りが逸品である理由。テストを加えるたびに明らかになったその実力を、順を追って解説いたします。
無印良品
スチール爪切り・大
実勢価格:683円
  • [切れ味]無印は最高評価!
    検査機関と専門家がジャッジ
爪切りにとって、もっとも大事な要素が切れ味であることは間違いないかと思います。そこで、検証機関にて各爪切りの刃先と切断後の爪の断面をマクロ撮影し、その資料を爪切りの専門家『爪切り屋 足楽』の伴野店長にご覧になっていただき、採点を加えました。
結果、最高評価を得たのは5モデルありましたが、600円台というひときわ安い価格ながら、無印がその一角に食い込みました。
ポイントは、丹念に研がれた刃のクオリティと、上刃と下刃の絶妙なズレ具合(※この具合を「カブリ」といいます)。特にカブリについては丁寧な仕上がりが見事でした。
無印は刃先はすごく精緻です 
某100均爪切りはこんな感じ 
その結果、切られた爪はバリが出ず、直後からツヤツヤした肌ざわりになります。まずはこちらをご覧ください。
無印は白い部分がありません 
ダメなのだと見るからにひどい 
無印で切った爪は、先端がツヤツヤして、切った直後でも違和感がありません。逆に、ダメな爪切りで切った後は、爪の先端が何かに引っかかりやすくなります。

ちなみに「ストッキングに伝線が!」という惨事は、ダメ爪切りによってギザギザになった爪が原因であることが多いのですが、無印爪切りならば、そんなトラブルは間違いなく減少します。
  • [切りやすさ]も高評価!
    全27製品中3位でした
続いては爪の切りやすさについて検証を加えました。これは、先述した『爪切り屋 足楽』の伴野店長さんを始めとするスタッフさんと編集部員による使用感を元に採点しました。
ここでは2700円、7020円という高額2モデルが最高評価でしたが、無印はその次点。全27製品中3位という結果になりました。
ポイントは若干固めで安定感のあるテコ。この部分がしっかりしているため、刃先がブレず、パチパチと小気味良く爪を切ることができるのです。

また、全体的にシンプルなつくりで、サイズ感も適切であるため手に馴染みやすいという特徴も。シンプルなデザインは、余計な汚れが残りにくいというメリットもありました。
  • [付加価値]付属品は
    まあまあレベル
最後に、爪を受け止めるキャッチャーとヤスリについても検証を加えました。

まず、ヤスリについては、大前提として下記のような格付けがあります。
無印は「刻み型(クロス)」に該当します。スゴく良い! わけではありませんが、爪を切った後の先端を整えるという最低限の機能は果たせました。

次いで、キャッチャー。基本的に、今回仕様したほとんどの爪切りで、キャッチャーから爪がこぼれる現象はほとんど見られませんでした。ですので、論点は掃除のしやすさ。

中に詰まった爪のカスを掃除するとき、片面が大きくえぐれているものほどラクチンです。ちょっとわかりにくいので、下記に例示します。
すごく掃除しやすい! 
無印はまあまあ 
キャッチャーが取れないのはダメ 
ちょっと細かいですが、切れ味や使い心地以外の面でも、無印に大きな隙がない、ということがおわかりいただけたかと思います。
  • [最終評価]無印爪切りは
    世界一のコスパです!
無印HPによると、この爪切りは室町時代から刃物の産地として栄える岐阜県関市で、30もの行程を経て鍛え上げられたとのこと。今回のテストにて、その成果は十二分に発揮していたのではないでしょうか。

最高の切れ味、素晴らしい使用感、そして弱点のない全体の仕上がり。それでいて683円という価格は、間違いなくコスパ世界一であると言えます。

世界選抜の爪切りと比較しても何ら譲ることの無いクオリティを、ぜひあなたの爪でも確かめてみてください!

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [爪切り]
    お待たせしました。世界一の爪切り ようやくみつけました[切れ味編]
  • [リラクゼーション]
    しっかり握れて、しっかり伝わる。 ツボ押しグッズの最新かつ最終形がコレです