まるで「絵本みたい」な山小屋キャンプ、簡単デビューしてみませんか?
2018年06月07日(木)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
まるで「絵本みたい」な山小屋キャンプ、簡単デビューしてみませんか?
いざアウトドアでキャンプをやろうとするとテントなど道具の準備や段取りに時間がかかり、なかなか踏み切れないものです。そんなときに利用したいのがグランピング。しかも大手キャンピング施設とは違うエアビーを利用したグランピングの魅力について、ご紹介します。
  • グランピングって
    そもそも何をするの?
グランピングと聞いて何をするのか、キャンプと何が違うのかなど知らない人が多いかと思います。グランピングとは、glamorous(グラマラス)とcamping(キャンピング)を合わせた造語で、キャンプのように自然を楽しみながらホテル並のサービスが受けられる施設のこと。主に大人数でBBQが楽しめるコテージやバンガローなどの施設を差していることがほとんど。
その施設の予約に利用したのが、大手宿泊シェアサイト「Airbnb」となります。手ぶらでも手軽にグランピングを楽しむために、1泊2日でグランピング体験をしてきました。
  • Airbnbで見つけた
    超格安隠れ家ログハウス
今回は長野県のカワイイログハウスを1棟まるごとお借りすることができました。山間部に位置するので車でのアクセスのみとなりますが、それも大自然を味わうスパイスになります。それでは、お借りできたログハウスを紹介します。
山小屋mokki
住所:長野県伊那市富県1777-557
アクセス:都心から中央自動車道で約3時間30分、伊那市から県道210号線を経由し約35分
まるでマンガや絵本から飛び出したかのようなオシャレなログハウスに感激! コレがマルっと貸し切りできます。
  • カワイイログハウスに
    清潔で充実した設備の数々!
キャンプで一番の悩み事といえば台所やトイレ、お風呂などの設備です。使いにくさや衛生面も気になるところですが、そもそもお風呂が併設されていないキャンプ場がほとんど。しかしグランピングでは、設備が充実しています。今回お借りしたログハウスを見てみましょう。

キッチン
調理に必要なコンロはもちろん、フライパンやまな板、包丁などが揃っています。
また食器やカトラリー、調味料も揃っているので、割り箸などの余計な小物の準備も必要ありません。

トイレ
キャンプでの最大の鬼門がトイレです。外に設置されているので虫や汚れなどが気になります。しかし、ログハウスなら洋式水洗トイレで清潔そのもの。何も気になりません。

バスルーム
キャンプ場では近くの温泉がお風呂の変わりになっているところもありますが、基本的にはないことがほとんど。ログハウスならこんなにもキレイなお風呂も完備! 
しかもソープ類も揃っていました。

ゲストドリンク
紅茶や緑茶はもちろん、コーヒーやハーブティーも揃っています。

ドレッサー
ドレッサーは寝室にあり、デスクとしても使えます。
アメニティでは綿棒やコットンが準備されていて、女性目線でのおもてなしが心地いい。しかも、引き出しには虫除けスプレーもあるので虫対策も万全です。

ベッドルーム
2台のベッドが並んだ主寝室と、4人程度が寝られるロフトがあります。さらにロフトにも布団が用意されているので、雑魚寝もありません。
タオル類やオシャレなパジャマもあるので、本当に手ぶらでOKです。
  • 都会では味わえない
    貴重なアクティビティ
せっかく長野まで来て大自然を味わうなら、この場でしかできないアクティビティも体験したいところ。そこでオススメアクティビティをご紹介します。

薪割り
田舎暮らしの醍醐味といえば、暖をとったり料理に使える薪の準備「薪割り」です。かなりの重労働で、現代人には新鮮なアクティビティでしょう。

薪ストーブ
薪割りをしたのなら、その薪を使ってストーブも体験したいところ。都会ではなかなか見られない薪ストーブ体験もできます。

ヤギの乳搾り
酪農体験は牧場など限られた場所でしかできません。今回参加できたのはヤギの乳搾り。ヤギとのふれあいも貴重な体験です。

石窯ピザ
都会の本格的ピザ屋では見かけるかもしれませんが、個人で使用するとなると一気にハードルが上がる石窯。ここでは窯を熱するための薪入れから体験が可能です。
  • グランピングの宿泊料は
    おいくらでしょうか?
ここまで設備がしっかりと整えられているログハウス1棟貸しとなると、さぞかしお高めの価格設定かと想像している人も多いかと思います。それでは今回の1名様の宿泊料金を大発表します。
今回は5名分の価格ですが、最大7名まで寝具が用意されているので、さらにお安く泊まることも可能です。
体験しきれなかったアクティビティとして、山菜狩りや登山、スノーハイクなどもあります。ここまで貴重な体験が格安でできるので、キャンプは難しいけどグランピングならという人は、すぐに試してみるのが吉。Airbnbを活用して、格安のグランピングを楽しんじゃいましょう。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [ホテル選び]
    アウトドア聖地で見つけたオススメ「Airbnb」民泊スポット13選
  • [ホテル選び]
    まだ、ビジネスホテル? カンタンに高層マンションに泊まる方法がコチラ
  • [スーツケース]
    “無印良品のスーツケースはコスパが良すぎる説”は、やはり真実でした
  • [スーツケース]
    旅上手は知っている。リモワを5000円でお供にする方法を[4社比較]
  • [スーツケース]
    リモワ派の方は見ないでください。Amazon“格安”スーツケース4品比較
  • [旅行用品]
    早く使えばよかった! Amazonの“旅のお供”が便利すぎでした
  • [旅行用品]
    トラベルグッズの大正解! オススメしたい100均アイテム2選
  • [スーツケース]
    「コンセント探しでうろうろ」がなくなるキャリーケースがコチラです
  • [旅行用品]
    「半分になる!?」無印良品のソフトスーツケースは“使わない”時も超有能なんです
  • [旅行用品]
    もう手放せない! “吊るせる”トラベルポーチおすすめ6選
  • [旅行用品]
    携帯用ナメてた! 小さくて速乾サラサラになるなんて…
  • [旅行用品]
    ひとつ上の安心。最新「スーツケースベルト」おすすめ4選
  • [旅行用品]
    無印でもハンズでもない! アイマスクは〇〇型が絶対な理由
  • [旅行用品]
    ふわふわで、じんわり。携帯できるブランケットがここまで有能だとは…
  • [旅行用品]
    【旅上手は知っている】荷物で両手がふさがるストレス…を解決する方法
  • [旅行用品]
    「無印を首から下げる」のが貴重品モンダイの大正解でした
  • [旅行用品]
    使った人だけ得してる! 無印のアレで、旅支度が時短できる理由
  • [旅行用品]
    ラクチンすぎ! スーツケース新世代「フロントオープン」イチオシがこちら
  • [旅行用品]
    知ってた? ワインはスーツケースに入れて運べちゃうんです!
  • [旅行用品]
    【本音のルポ!】レゴランドのイイところ、ダメなところ!
  • [旅行用品]
    「無印だけじゃないんです」トラベルグッズの大正解
  • [旅行用品]
    【寝坊なぞ許されぬ…】出張先でもこれで安心して眠れます
  • [旅行用品]
    熟睡したいならビニール製じゃダメなんです【ネックピロー4品評価】
  • [旅行用品]
    【買って良かった】100均セリアの「荷造り」グッズ4選