【タネ爆売れ】パクチーが
ベランダ栽培できるって知ってます?
2017年04月12日(水)
浅沼 伊織
浅沼 伊織/Test by MONOQLO編集部
【タネ爆売れ】パクチーが
ベランダ栽培できるって知ってます?
パクチー好きな編集部員が探す度に売り切れで、やっと購入できたのがこの「パクチーの種」。パクチーマニアの間で「これさえあれば自宅で育てて、2ヶ月後には食べ放題!」と爆売れ中なんです!
製品写真をクリックすると購入ページへ移動します。
  • ありそうでなかった
    爆売れパクチーのタネ
好きな人は大好き、苦手な人はトコトン苦手と好みがハッキリ分かれるパクチー。パクチーが嫌い? いやいや、それって「乾燥パクチー」を食べていたからではないですか? 
乾燥パクチーはこういうやつです
安くて長持ちしますが、香りが弱く風味がイマイチ。生のパクチーは全くの別物です。

方や生パクチーはスーパーで買おうとすると少量で数百円、添え物程度にしか使えないのが悲しいところ。
美味しいけど1束250円くらいします
ああ、美味しいパクチーを満足いくまで食べたい! そこで提案したいのが“種から育てる”ことです! 難しそう? 土地がない? いえいえ、初心者でもプランターでわりとカンタンに栽培できちゃうんですよ、これが!
サカタのタネ
香草パクチー
実勢価格:280円
  • プランターで育てて
    収穫まで2ヶ月!
パクチーは香りが強いため虫がつきにくく、狭いスペースでも栽培できます。つまり、ガーデニング初心者でも比較的育てやすい部類なんです。

ホームセンターでは苗が売っていますが、種から育てた方がよりタフに育ちます。そんなに難しい行程はないので、下記をご参考にトライしてみてはいかがでしょうか。
割ると中にふたつのタネがあります
パクチーのタネは、まず棒などでゴリゴリこすって割る必要があります。これは、パクチーのタネはもともと2つのタネがひっついている仕様だからです。
蒔く
その後、発芽を促すため数時間水につけてから20~30cm間隔で蒔きます。
育てる
虫はつきにくのですが、乾燥に弱いので、日よけをすると良いでしょう。液肥を使用して水やりを兼ねるのもオススメです。
収穫する
2ヶ月程度で若い葉が出ます。高さ10cmほどに育ったら、そのまま摘んでさっそく食べられます! その後は1週間に1度以上のペースで収穫できるようになります。
  • もちろん、ほったらかしでは
    アウトです
パクチーは暑い国の植物ですが、真夏のベランダ栽培はプランター自体が熱を持ち、暑さで一気に枯れてしまうことも……。パクチー食べ放題を叶えるなら、春・秋が育てやすくおすすめです。
  • [おまけ]パクチー苦手な料理家が
    ついつい美味しい! と食べちゃう味
料理のプロに味見をしていただいたところ、「正直パクチーは苦手でしたが、今回、生のパクチーを食べて好きになっちゃいました!」(スーパーエコごはん研究家・桃世真弓さん)と、想像以上の大好評!

自家栽培なら、収穫したての香り豊かなパクチーを心ゆくまで食べられる! 採れたて生パクチーのサラダを食べれば、あなたのパクチー観が変わること間違いありません。
  • パクチーを育てると
    女性受けが良い! との声も
既にパクチー栽培を実践している某カメラマンは「じつはパクチー育ててるんですよ、というと女の子が目を輝かせるんです。少なくとも話題のタネにはなりますね」とのコメントを残しておりましたことを補足します。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [野菜]
    乱切り? 輪切り? それとも…。一番美味しいのはコレ【8技比較】
  • [野菜]
    知ってた? 肉じゃがが一番おいしい野菜の切り方がこちらです
  • [野菜]
    カルディで密かに人気のアレ…美味しく食べるなら“小麦粉”に注目!
  • [野菜]
    そのみかん、ちょっと気取ってみませんか?
  • [野菜]
    目利きが通じない? スーパーの野菜選びの意外な秘密
  • [野菜]
    熟したほうが美味しいのは”カボチャ”と”トマト”どっち?
  • [野菜]
    知ってた? アレするだけで「もやし」の消費期限が2倍になるんです
  • [野菜]
    むしろ鮮度ダウン!?「冷蔵庫」に入れるとNGな3つの野菜
  • [野菜]
    「味だけじゃない」って知ってた? 野菜は旬がいい理由
  • [野菜]
    「春と冬で全然違います」美味しいキャベツ目利きのコツ
  • [野菜]
    自炊派が嫉妬する「レシピ付き食材配達」の良いトコ&残念なトコ
  • [野菜]
    切らないのがコツ! 大きくて硬くいかぼちゃを安全に切る方法
  • [野菜]
    寒い季節にも“採れたて野菜”が 食べられるという贅沢
  • [野菜]
    【お得技】シャッキシャキ! 使いかけの野菜を長持ちさせる裏ワザ
  • [野菜]
    オススメ芋&チョッパーで おウチで山盛りポテトの幸せ満喫!
  • [肉・肉加工品]
    ひき肉は「アレをしてから冷凍」するとコクが出て日持ちがのびるんです!
  • [肉・肉加工品]
    ローソンは「からあげクン」だけじゃない! “小腹にうれしい”肉グルメ4選
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    本家を超える激旨モノ発掘! Amazonイクラ頂上決戦はコスパが決め手に
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【特別企画】おせち料理が“2018年の開運”を呼ぶ理由
  • [肉・肉加工品]
    本日より2018年コストコ開幕! 満場一致の最強食材がこちらです【総集編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「脂質17%と0.2%」タラは2種類あるのを知っていますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「余っちゃった…」2日目のお刺身が美味しく食べられる裏ワザ
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知ってた? 同じ魚でも刺身と調理で食べごろが違います
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「青魚と白身魚」決定的に味が変わる焼く前のあることとは?