【ケルヒャー】吸引力より手軽さ重視。世界一メンドクサくない掃除機…かもしれません
2018年04月18日(水)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
【ケルヒャー】吸引力より手軽さ重視。世界一メンドクサくない掃除機…かもしれません
掃除機を出すほどじゃないけど、ちょっとしたゴミを、サクッと掃除したいときって、意外と多くないですか? そこで今回は、サクッと手軽に使える“ちょうど良い”クリーナーをご紹介したいと思います!
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • ちょっとした掃除に
    使いたいクリーナーです
毎日のちょっとした掃除に、わざわざ掃除機を出すのはメンドウ……。重いし電源コードを差さなきゃだし(スティック式除く)、準備をするだけで、疲れちゃいますよね。

そこで今回は、めちゃめちゃ軽くてラクチンなスティッククリーナーをご紹介。サブの掃除機として用意しておきたい“ちょうど良さ”を、ぜひご覧ください!
  • 軽くてスグに掃除できる
    ケルヒャーのクリーナー
ハンドルをクイッと倒すだけで電源が入る、ケルヒャースティッククリーナー。最低限の動作で、ゴミを集めてくれるという手軽さで、掃除機よりも素早く掃除ができちゃいます。
ケルヒャー
スティッククリーナー KB5
実勢価格:1万4007円
サイズ:23×21.5×112cm
重量:1.2kg 
稼働音:55dB
連続使用時間:フローリング約30分、カーペット約20分 
充電時間:約3時間 

※ホワイトは家電量販店で取り扱われるモデルです。ケルヒャーならではのイエローモデルはこちら。ちょっとお安くなってます。
空気で吸い上げるのではなく、本体内のブラシが回転してゴミを集める仕組み。絡まった髪の毛や糸くずもすぐに処理できます。排気がなく、空気も汚れないのがうれしい!


では、手軽さの秘密を詳しくみていきましょう。
  • 「吸引力」はそこそこだけど
    それ以上のラクチンさ!
「ケルヒャー」というと、本格派でパワフルなイメージがあるかもしれませんが、これはまったく逆のベクトルで「いかにラクに掃除できるか」を追求した製品といえます。吸引力はそこそこですが、それをカバーするくらいのラクチンさです。

【①とにかく軽い】
最大の魅力は“軽さ”。おまけに、ハンドルをちょっと倒すだけで電源が入るので、くたびれる、メンドウなどとは無縁です!
ちなみに、箱も超小さい! これなら衝動買いしても、片手で持って帰れます。


【②ゴミ捨ては片手で!】
片手でゴミ捨てができちゃうのもとってもラクです。ちょっとこぼれるのところは難点ですが……。


【③大きめのゴミは得意】
大きめのゴミは得意で、見た目よりも頼れます。細かい砂は取り残しもありましたが、ちょっと使いには十分です。


【④使い勝手バツグン】
手を離しても自立するのが意外と便利!
低い位置から首を曲げることも可能で、機動力が高いんです。
  • 構造上、左側と正面に
    ゴミが残るのはマイナス
ブラシの構造上、右側のゴミは壁に吸い付くように処理できるのですが、左側と正面にはやや隙がありました。キレイ好きな方は、この点にご注意を……。
左側の壁には、ゴミが残ってしまいました。
正面も……。
右側は壁にぴったりくっつくので、キレイになります。


以上、手軽に使えるちょうどいいクリーナーをご紹介しました! 2台目のクリーナーとして用意しておけば、便利なこと間違いなしです。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [掃除機]
    「布団? 干したくても干せないの!」…ならAmazonのコレがおすすめです
  • [掃除機]
    Amazonベストセラー脱落!? 格安掃除機に意外なニュースター登場です
  • [掃除機]
    Amazon売れ筋2位の掃除機が、5年売れ続ける理由
  • [掃除機]
    【2018年】マキタのコードレス掃除機おすすめランキング10選!
  • [掃除機]
    コードレス掃除機おすすめランキング10選! 人気ブランド全部試した本音評価
  • [掃除機]
    ダイソン派は見ないでください。無印スティック掃除機をマキタと比べた結果…
  • [掃除機]
    【スティック掃除機】国産メーカーの本気で「ダイソンキラー」なるか?
  • [掃除機]
    逆転の発想、「吹く」掃除機がスキマのホコリを逃しません
  • [掃除機]
    【ダイソン】コードレス掃除機はV10が最強? 型落ちV8がお値打ち? 失敗しない選び方
  • [掃除機]
    ダイソン派は見ないでください。安くて働きモノな“型落ち掃除機”BEST3
  • [掃除機]
    【現地取材】ジェームズ・ダイソンに聞く「ロボット掃除機どうなった?」
  • [掃除機]
    ダイソンの本気! テストでわかった新製品「V10」最強吸引力の秘密
  • [掃除機]
    【連載“ダイソンの真実”第1回】今さら聞けない、どんなメーカー?
  • [掃除機]
    「使い勝手に全力投球」した東芝の掃除機がコチラです
  • [掃除機]
    リビング掃除は「ルンバ+マキタ」が超おすすめな理由
  • [掃除機]
    マキタのコードレス掃除機で一番おすすめの型番はコレ!
  • [掃除機]
    【家電】どうして国産買わないの? 海外メーカーの方が受け入れられている理由
  • [掃除機]
    穴あけ不要! ダイソンの壁掛けスタンドのおすすめはコレ
  • [掃除機]
    本物そっくり…でも買ってはいけないAmazonの「もどき製品」4選
  • [掃除機]
    家電批評が選ぶ最新おすすめ掃除機4選
  • [掃除機]
    掃除機の出番が激減! お掃除“苦手”派ほどハマる、リビングの救世主がこちら
  • [掃除機]
    まさかの敗北!? 安すぎドンキの「情熱価格」買っていいのは…
  • [掃除機]
    「あれ、どこやった?」がなくなるAmazonの“見たことない”便利グッズ
  • [掃除機]
    掃除機のタブーを超えた! 水まで吸っちゃうハンディをご存知ですか?