まぐろの刺身は“サク一択”な理由【スーパーでハズレを引かない目利きワザ】
2018年04月12日(木)
360.life編集部
360.life編集部/Test by LDK編集部
まぐろの刺身は“サク一択”な理由【スーパーでハズレを引かない目利きワザ】
いつもなんとなく選ぶまぐろのお刺身。実際に食べてみて「今日のまぐろはおいしくないなぁ……」なんて思ったことはありませんか? そこで今回は、おいしいまぐろを見極めるためのポイントをご紹介します!
  • スーパーでおいしいまぐろを
    選ぶポイントがあります
スーパーなどに並ぶまぐろのお刺身。「どれも一緒かな」と、なんとなく選んでいる方も多いと思います。でも実際に自宅で食べてみると「今日のまぐろは、ハズレだな~」、逆に「前回よりもなめらかでおいしい!」と感じることはありませんか?

じつはまぐろは、選び方ひとつでおいしさが変わってくるんです。今回はそんなまぐろの見極めの方法をご紹介したいと思います!
  • お刺身よりサクの方が
    新鮮で安くなります
売り場には、お刺身やブツ、サクなど、いろいろな切り方のまぐろが売っていますが、おすすめはサク買い。サクのほうが劣化しにくく、カット代やツマなどの価格が含まれないため低価格です。刺身用は同グラム数のサクの1.5倍~2倍程度の価格になることも……。
細かく切られたものほど劣化が早くなります。市販のネギトロやタタキには保存料等が加えられていることもありますので、裏面などのラベルもチェックしましょう。

また、スジの多さや脂ののりなどでおいしさに差がつくので、品揃えの多い夕方に買うのもコツです。

では次に、サクを買うとき、どこに気をつければいいのか見てみましょう。
  • 鮮やかでスジが均等
    それがおいしさの印
選ぶ際にチェックしたいのは、以下4つのポイントです。

[①スジが均等に入っているか]
スジの間隔が等間隔に近く、間隔が広めのものは口当たりがよいのでお刺身向きです。そうでないものは、生食には向きませんが、火を通すとスジは気にならなくなります。

●良い例
○スジの間隔が均等
○スジの間隔が広い
○スジが並行に近い

●悪い例
○スジが不均等、または三角
○スジが白く目立つ
○スジの本数が多い

[②黒い斑点や血栓がないこと]
漁獲時にまぐろが暴れた場合など、内出血を起こし血の塊や血管が残ることがあります。臭みや傷みの元になるので、黒い斑点や血栓があるものは避けましょう。
よくみると、黒っぽい斑点が……。

[③ドリップのないもの]
ドリップのあるものは、旨味や水分が抜けており、鮮度が落ちている証拠なので避けましょう。
特に解凍品は、生よりドリップが出やすくなります。

[④鮮やかな色合いであるか]
濃い赤色のほうがよいように思えますが、品種ごとに色が大きく異なるため、色の濃さよりも赤の鮮やかさを重視しましょう。
しっかり手にとって確認し、茶色や緑色っぽくなっているものは避けます。

以上のことをしっかり確認しましょう! つづいては、サクのまぐろを上手に切る方法をご覧ください。
  • 厚みのある方を奥に
    薄い方を手前にして切ります
キレイに切るには、身の厚いほうを奥にして包丁をいれましょう。自然に力が入り、くずれにくくなります。また、刃を往復させず一気に引いて切るのがコツです。
さらに、刃を左に向けて倒して切ると、角がキレイになります。

凍ったまぐろを解凍する場合は……。
ビニール袋でピッタリ包み、水で表面を溶かしたあと、冷蔵庫や氷水でゆっくり解凍するとなめらかな食感を保つことができます。
  • 【おまけ】おいしくない…なら
    油で焼くのがおすすめです
パサパサしていたり、スジっぽかったり……。おいしくないまぐろを選んでしまった場合は、ねぎまや汁物にして火を通したり、バターなどで焼いて油分を補えば、食感の悪さをカバーできます。
ねぎと一緒に串に刺して焼けば、ねぎまに。
バターで焼くとおいしくなります。また、旨味の弱いものは、漬けなどにして濃い味付けにするのもおすすめです。


以上、まぐろの選び方をご紹介しました。これを参考に「サク」で買ったまぐろを、おいしく召し上がってくださいね!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    平日が楽チンに! あっという間にできたての下味冷凍レシピ[タラの時短2品]
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    賞味期限切れの前に…エビの使い切り冷凍レシピがこちら
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    パックのままじゃダメ? 鮭は“アレ”するだけで美味しくなるんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    ふっくら、パリパリ! “国産うなぎ”を買うならAmazonが近道です
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    658円で感じるイカのうま味。「北海道の海の幸」お取り寄せオススメ3選
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【裏技レシピ】スーパーのうなぎが簡単美味しい! その秘密は“洗い流す”にあり
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    “キハダ”“ビンチョウ”“メバチ”。高級まぐろはどれか、わかりますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知ってた? まぐろのお刺身はパッケージで“目利き”できるんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【素通りNG】コストコの鮮魚コーナーはアレンジ食材の宝庫なんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    大容量でアレンジ自在!魚介類はコストコの隠れた逸品なんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知らなきゃ損! スーパーの“お魚選び”の大正解
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    からしに明太マヨ!? クセになるカニカマ6製品ランキング【変わり種編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    1位はもはや本物!? カニカマ11製品ランキング【カニ感追求タイプ編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    1位は西友・セブン超え! カニカマ32製品採点【ノーマル編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    本家を超える激旨モノ発掘! Amazonイクラ頂上決戦はコスパが決め手に
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【特別企画】おせち料理が“2018年の開運”を呼ぶ理由
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「脂質17%と0.2%」タラは2種類あるのを知っていますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「余っちゃった…」2日目のお刺身が美味しく食べられる裏ワザ
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知ってた? 同じ魚でも刺身と調理で食べごろが違います
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「青魚と白身魚」決定的に味が変わる焼く前のあることとは?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    魚さばける? 無理ならスーパーに頼めばいいじゃない
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「待った!」明日の夕飯のサンマ、そのまま冷蔵庫に入れていませんか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「鮭とサーモン」どっちが刺し身NGか知っていますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    3位広島、2位京都、1位は……最強の鍋ランキング5選