ソニーの肩のせスピーカー「SRS-WS1」がまるで映画館でした
2018年04月11日(水)
東 春樹
東 春樹/Test by 家電批評編集部
ソニーの肩のせスピーカー「SRS-WS1」がまるで映画館でした
これまでのスピーカーといえば、置き型か耳に装着するタイプが当たり前でした。しかし今、その概念を覆す製品として注目を集めているのがこちら。アメトークでも紹介された話題の製品で、迫力あるサラウンドで臨場感が楽しめる新感覚のスピーカーです。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 誰にも音で迷惑をかけない
    その新天地は「肩」でした
近所迷惑を考えると音量を上げにくいホームシアター。とはいえ、ヘッドフォンは長時間使うと耳が痛くなることもよくあります。

そこでオススメしたいのが、その中間に位置する肩掛けスピーカー。ソニーの「SRSーWS1」は、ヘッドホンでもない、サラウンドオーディオでもない、耳が痛くならず、ご近所さんにも迷惑にならない究極のスピーカーです。

実はコレ、アメトークの「家電芸人特集」でも取り上げられた製品で、家電ツウの芸人さんの間でも話題となっています。Amazonでも購入できますが、注文が多く殺到している模様。4月初旬現在注文が一時停止されており、販売価格はかなり割高となっています。
ソニー 
SRS-WS1
実勢価格:2万6870円
(※現在、品薄で価格が高騰しています)
サイズ:W210xD205xH75mm
型式:アンプ内蔵スピーカーシステム
連続使用時間:約7時間
充電池充電時間:約3時間
実用最大出力:1W+1W
スピーカーユニット:Φ30mmx2
このスピーカー、どこかマッサージ機を思わせるデザインで、スピーカーを肩かけ? と思うかもしれませんが、実はスグレモノなんです。

耳とスピーカーとの距離が近いため、臨場感は想像以上。「肩」を定位置とし、バイブレーションが震えてまるで後ろから迫力あるサラウンド演出がされているような感覚にさせてくれます。

肩にかけるといっても圧迫感はなく、335gと軽量のため長時間利用も苦になりません。映画&音楽好きにはぜひ試してほしい次世代ウェアラブルスピーカーです。
ボタンは内側に左右合わせて4つ搭載。右側には電源の右横に振動板「パッシブラジエーター」の強弱調整ボタンも。低音を増強することができるニクイ仕掛けで、これを調整することで映画館さながらの臨場感が味わえます。
一方、左側にはプラスマイナスの音量調整ボタンがあり、手元でアップダウンが可能です。
充電も充電台に置くだけでワイヤレス充電可能と非常にスマート。有線ですがスマホともつながり、テレビに受信機をつけて本体とペアリングもできます。

また、接続もいたって簡単。音声ケーブルまたは光デジタルケーブルを使い、テレビに専用の送信機を接続するだけでOKです。
  • 離れていても臨場感が楽しめる
    明快な音質にプロも太鼓判です
1つのテレビに複数台つけるという使い方もできることから、夫婦や友人で、隣同士で、ゲームや映画を臨場感あふれる音で楽しめます。リビングから離れたキッチンで料理や洗い物をしていても、テレビの音声が明瞭に聴き取れるのは嬉しいです。

オーディオライターの山本敦氏もシンプルで明快な音質に太鼓判を押しており、「スマホで観る映画も没入感がひと味違う」とのこと。さまざまなデバイスでの活用にも期待ができます。
つけたまま移動や会話ができるのも高ポイントで、離れていても音が明瞭に聴き取れます。
音楽以外のゲームや映画鑑賞にも活用できそうな振動調節機能。臨場感を高めてくれますが、マッサージの効能はありません。
  • 海外ではすでにライバル機種も
    肩掛け式空気清浄機まであります
海外ではライバルメーカーも製品を発売中。ボーズやLGといった海外メーカーも似たような製品をすでに海外で販売していて、2製品とも比較的音楽を聴くのに特化した印象。

日本のAmazonでも購入することができますが、並行輸入品でやや値段が高めなので注意が必要です。
LG
Tone Studio
実勢価格:2万1900円
ちなみに、こちらはスピーカーではなく、ヘッドホンを首からかけているような見た目の空気清浄機。顔周辺の空気を綺麗にしてくれます。
エコバックス
ポータブル
空気清浄機 ARIA
実勢価格:9072円
以上、ソニー「SRS-W1」の紹介でした。ワイヤレス通信技術が進化し続ける現代は、自分の身体でさえ家電の定位置とすることができるのはさすが! 自宅がマンションでホームシアターの導入を諦めていた人も、コレを使えば臨場感ある音で映画を楽しめること間違いなしです。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [スピーカー]
    拝啓、アメトーーク!様。バカ売れ「肩掛けスピーカー」はソニーよりもコチラです
  • [スピーカー]
    [なんと6000円OFF]Amazonのアレが“敬老の日の贈り物”にピッタリな理由
  • [スピーカー]
    Amazon夏のタイムセール、狙い目ベストがコチラです
  • [スピーカー]
    [本日再販開始]プレミア化した“SONYのアレ”…買う前に知っておきたいこと
  • [スピーカー]
    「日テレつけて」。レグザがついにリモコン不要にできます
  • [スピーカー]
    【ソニーの重低音】がキャンプ用スピーカーのBESTである理由
  • [スピーカー]
    AIスピーカー「良さがわからん」という人に、便利機能ランキング10選
  • [スピーカー]
    【本日発売】AIスピーカー「Amazon Echo」の最速総まとめ!
  • [スピーカー]
    【Amazon Echo】ラジオ好き必見! AIスピーカー機能ランキング7選
  • [スピーカー]
    【Amazon Echo】今日から一般販売。「水買っておいて!」で買い物できます
  • [スピーカー]
    買う前に要確認「Amazon Echo」国内版でできること、できないこと
  • [スピーカー]
    「Amazon Echo」は育つんです! ゼロからわかるスタートガイド
  • [スピーカー]
    【招待制のAIスピーカー】「Amazon Echo」今さら聞けない超基本
  • [スピーカー]
    本当に? スピーカーは「台」を変えると間違いなく音質アップするんです
  • [スピーカー]
    レビュワー1000人が選んだPCスピーカーは確かな実力でした
  • [スピーカー]
    【スマートスピーカー】google、LINE、amazon、試してわかった大本命はコレだ!
  • [スピーカー]
    【2017年】家電批評が選ぶ今年のベスト「スピーカー編」がコチラです
  • [スピーカー]
    オーディオ黄金比率は「5:3:2」 失敗しないスピーカー選びのコツ
  • [スピーカー]
    もったいない!高級スピーカーを 良い音で鳴らしきる“ベスポジ”がコチラです
  • [スピーカー]
    【苦情ナシ】マンションでも 大音量で映画を見る方法、見つけました。
  • [スピーカー]
    最小コスパの本格オーディオ 入門用BESTセットはコチラです
  • [スピーカー]
    【賃貸OK】壁掛けスピーカーをノーリスクで実現する方法
  • [スピーカー]
    “空っぽ”のスピーカーが Amazonベストセラーに選ばれ続ける理由
  • [スピーカー]
    1万円で買える「PCスピーカー」比較 おすすめS評価はこの2機種!