【素通りNG】コストコの鮮魚コーナーはアレンジ食材の宝庫なんです
2018年04月18日(水)
360.life編集部
360.life編集部/Test by LDK編集部
【素通りNG】コストコの鮮魚コーナーはアレンジ食材の宝庫なんです
サーモンのお刺身やアルゼンチンの赤エビなどが定番のコストコの鮮魚。でも実は、定番商品以外にも使える食材がいろいろあるんです。しかも大容量だから、アレンジ料理に大活躍! そこで今回は、ド定番の陰に隠れて見過ごしていた激ウマ魚介類をご紹介します。
  • グリルで焼くだけと朝食に最適
    味付け絶妙なさばの味醂干し
    
8枚入りと大容量で一見使いづらそうなコストコのさば。でもこのさばの味醂干しはそのままグリルで焼くだけと簡単だから、朝ごはんのお供にぴったりなんです。

甘辛い味が染み込んでいて、味付けも絶妙。朝の食卓が確実にグレードアップします。
カークランドシグネチャー:さば味醂干し(8枚)
カークランドシグネチャー
さば味醂干し(8枚)
購入価格:1280円
  • 塩さばフィレで作る
    絶品オリジナルさばフライ
辛すぎず淡白すぎずで塩加減がちょうどいいのが塩さばフィレ。こちらも10枚入りと大容量ですが、さまざまなメニューにアレンジできます。

たとえば、塩コショウで下味をつけた後に衣をつけて揚げると、絶品さばフライの完成です。
カークランドシグネチャー:さば味醂干し(8枚)
カークランドシグネチャー
さば味醂干し(8枚)
購入価格:1330円
ノーマルなさばフライもいいですが、ほんのひと手間で、お酒のお供にぴったりな一品にもなります。作り方は簡単、中骨を抜いたところにマスタードを塗るだけ。

実はさばとマスタードって、とても相性がいいんです。なるべく平たくまんべんなく塗るようにすると、さばとマスタードがよく馴染んで味がキマリます。
  • 聞いたことがないカニ!?
    でも美味でインパクト大です
コストコに行っても意識していないと気づかない場所にあるのがカニ。タンジネスクラブとは、日本名では「アメリカイチョウガニ」と呼ばれるワタリ蟹の一種でアメリカ西海岸では最もポピュラーな蟹なんだそうです。

すでにボイルされているため、解凍するだけでOK。そのまま食べることができます。
ハサミ部分にはしっとりとした身がぎゅっと詰まっていて、味もしっかりしています。
カークランドシグネチャー:ボイルダンジネスクラブ
カークランドシグネチャー
ボイルダンジネスクラブ
購入価格:1680円
  • プチプチ食感がクセになるもずく
    かつおの風味がきいただしが決め手です
「コストコでもずく?」なんて思われがちですが、このもずくの歯ごたえと味は一度食べるとやみつきになります。1本1本に筋の通ったようなプチプチっとした歯ごたえと、かつおの風味がきいただしがおいしさの決め手。

かつおのだしと酢の酸味の絶妙な組み合わせは風味豊かで、思わず飲みたくなるほどです。
マルハン:味付もずく
マルハン
味付もずく
購入価格:598円
わざわざコストコで買わなくても……と思ってしまいがちな鮮魚。ですが、大容量だからさまざまなメニューにアレンジできて重宝します。定番以外のものも一度試してみると、やみつきになるかもしれません。お試ししてみる価値大です。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    まぐろの刺身は“サク一択”な理由【スーパーでハズレを引かない目利きワザ】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    “キハダ”“ビンチョウ”“メバチ”。高級まぐろはどれか、わかりますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知ってた? まぐろのお刺身はパッケージで“目利き”できるんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    大容量でアレンジ自在!魚介類はコストコの隠れた逸品なんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知らなきゃ損! スーパーの“お魚選び”の大正解
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    からしに明太マヨ!? クセになるカニカマ6製品ランキング【変わり種編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    1位はもはや本物!? カニカマ11製品ランキング【カニ感追求タイプ編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    1位は西友・セブン超え! カニカマ32製品採点【ノーマル編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    本家を超える激旨モノ発掘! Amazonイクラ頂上決戦はコスパが決め手に
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【特別企画】おせち料理が“2018年の開運”を呼ぶ理由
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「脂質17%と0.2%」タラは2種類あるのを知っていますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「余っちゃった…」2日目のお刺身が美味しく食べられる裏ワザ
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知ってた? 同じ魚でも刺身と調理で食べごろが違います
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「青魚と白身魚」決定的に味が変わる焼く前のあることとは?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    魚さばける? 無理ならスーパーに頼めばいいじゃない
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「待った!」明日の夕飯のサンマ、そのまま冷蔵庫に入れていませんか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「鮭とサーモン」どっちが刺し身NGか知っていますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    3位広島、2位京都、1位は……最強の鍋ランキング5選
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    ふぐ? かに? ホタテ? 本格化する自宅鍋のレベルがヤバい
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【セブンはあっさり、紀文は後味しっかり】あったかおでん11種徹底食べ比べ
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    もう食べた? コストコの最強に旨い"お魚"を見つけました
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    Amazonで人気絶大「訳ありグルメ」を食べ比べ プロが選んだ意外な1位は…
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    絶対食べたい、取り寄せたい! 究極のご当地鍋ランキング TOP10
  • [野菜]
    でかいだけ? いやいや…甘くてジューシーな「コストコ野菜」おすすめ6選