1位はもはや本物!? カニカマ11製品ランキング【カニ感追求タイプ編】
2018年04月03日(火)
360.life編集部
360.life編集部/Test by LDK編集部
1位はもはや本物!? カニカマ11製品ランキング【カニ感追求タイプ編】
真に美味しいカニカマを見つけるべく、32製品を集めて採点しました! 今回は、その中から「カニ感追求タイプ」のものを11製品選抜してランキング化。カニのむき身にそっくりな見た目や、食感、香り、味わいなどを追求して作られたカニカマの中で、果たしてカニ超えのおいしいものはどれなのでしょうか。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 再ブームの兆しがある
    カニカマってそもそも何?
「カニ風味かまぼこ」、略してカニカマは、値段が安い上に見た目や食感がカニそっくりなことに加え、お肉よりヘルシーな魚を手軽に摂取できることで人気です。

前回は、全32製品を採点したうちのノーマルタイプ編として、いわゆる一般的なカニカマの採点結果をご紹介してきました。

今回は「カニ感追求タイプ」編。カニのむき身の見た目や、食感、香り、味わいを追求しているものです。それでは結果をご覧ください!
カニよりもおいしいカニカマを探しました!
  • 味わいと塩気、カニ度を
    実食して採点しました!
今回は検証にあたり、料理家 平尾由希さん(写真左)、一般主婦 延命玲奈さん(中央)、料理人 渡貫淳子さん(写真右)の3名にご協力いただきました。識者2人は、カニカマとしての完成度、いろいろな料理に使えるかを中心に、主婦は味とコスパから「自分は買うか」を念頭において採点してもらいました。なお、本検証はLDK2017年11月号発売当時の結果、価格は検証時に編集部にて購入した価格となります。
[検証方法]
合計100点満点で、以下6項目のトータル点を採点します。
それではおいしさカニ超え製品の発表です!
  • スギヨの大人のカニカマは
    付属のカニ酢とのバランスが◎
縦に裂いたときのほぐれ方がズワイガニそっくりで、色味もカニに似ており、カニを研究した成果がうかがえます。付属のカニ酢は酸味と旨みのバランスがよく、しっかりした塩みのカニカマにかけるとおいしさが増します。
スギヨ:大人のカニカマ
スギヨ
大人のカニカマ かに酢付き
購入価格:204円 
内容量:100g
1gあたり:2.04円
総合点と内訳です。
パッケージの中身はこちらです。
断面がこちら。
  • 付属のカニ酢でそのままでも贅沢なおつまみに!
カニ感抜群で付属のカニ酢もおいしい!
  • 一正蒲鉾は香り◎
    カニっぽさがアップします!
柔らかくて自然なカニの香りがあり、身ほぐれも抜群。しっとりした食感もよく、ほど良い旨みと塩みがあって、甘さは控えめです。シーフードパスタやポテトサラダに使うと、カニっぽさが増すのでおすすめです。 
(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

一正蒲鉾
シーサラダ ピュアふぶき
購入価格:192円
内容量:132g
1gあたり:1.45円
総合点と内訳です。
パッケージの中身はこちらです。
断面がこちら。
  • セブンプレミアムは
    ボリューミーな見た目を生かしたい
カニ酢の酸味はやや強めで、甘みがあるカニカマとよく合います。身ほぐれもいいですが、太めでボリューミーなのでそのまま使うと見栄えがよく豪華な仕上がりに。ちらし寿司にそのままのせるのがおすすめです。
(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

セブンプレミアム
かに酢で食べる お刺身かにかま
購入価格:198円
内容量:94g
1gあたり:2.11円
総合点と内訳です。
パッケージの中身はこちらです。
断面がこちら。
  • 極洋のカニカマは
    ほぐし系のカニにそっくり!
タラのほんのりとした上品な甘みがあり、そのままでもおいしく頂けます。ゴロゴロ入ったカニ風の身はほぐれ方が美しくない点がなんだかリアル。極洋は業務サイズしか作っていませんが、西友だと小分けで買えます。
極洋:オーシャンキング マリンファイバー
極洋
オーシャンキング マリンファイバー
購入価格:173円 
内容量:209g
1gあたり:0.83円
総合点と内訳です。
パッケージの中身はこちらです。
断面がこちら。
  • 身ほぐれのいい
    カネテツはおいしいかまぼこ
強気なネーミングですが、似ているのは見た目だけでカニの味わいや香りはやや低め。「身ほぐれのいい、おいしいカマボコ」といった印象です。付属のカニ酢は酸味が控えめの、白だし醤油のような味わいで、よく合います。
(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

カネテツ
ほぼカニ
購入価格:213円
内容量:90g
1gあたり:2.37円
総合点と内訳です。
パッケージの中身はこちらです。
断面がこちら。
  • スギヨの香り箱は
    甘酢の味が強めのカニカマ
見た目はカニのむき身そっくりですが、食べてみると出汁入り甘酢の味がかなり濃く、カニとは別のものです。かまぼことしては酢と塩みのバランスがいいのですが、見た目がカニなだけにがっかり感もあります。
スギヨ:香り箱(かに風味かまぼこ)
スギヨ
香り箱(かに風味かまぼこ)
購入価格:298円
内容量:104g
1gあたり:2.87円
総合点と内訳です。
パッケージの中身はこちらです。
断面がこちら。
  • 香草を加えて
    甘みを生かしたいヤマサ
色が淡く品のいい見た目なのですが、口に入れたときのにおいにやや生臭みがあります。甘みもあるので、スイートチリソースをかけて生春巻にしたり、パクチーなどの香草と和えてサラダにしたりするといいでしょう。
ヤマサ:サラダ マリアージュ
ヤマサ
サラダ マリアージュ
購入価格:192円
内容量:130g
1gあたり:1.48円
総合点と内訳です。
パッケージの中身はこちらです。
断面がこちら。
  • マリンフーズは
    旨みと甘みがあるのでマリネが◎
ほぐれ方はカニにかなり近く、塩みは少なめ。甘みがあるのでそのまま食べるより、レモンやオリーブオイルで和えてマリネにするのがおすすめ。ハードなクラッカーやチーズでオードブルにしても合います。
マリンフーズ:カニカマ倶楽部
マリンフーズ
カニカマ倶楽部
購入価格:306円
内容量:104g
1gあたり:2.94円
総合点と内訳です。
パッケージの中身はこちらです。
断面がこちら。
  • トップバリュは甘みが
    強すぎてアレンジしにくい
香りがまるでないのはまだいいのですが、後味はやや苦めで、辛みのような刺激が残るのがいまひとつ。甘みがかなり強いので、大根やなますなどと和えて使うくらいしかアレンジできません。
トップバリュベスト:プライス かに風味 かまぼこ フレーク
トップバリュベストプライス
かに風味 かまぼこ フレーク
購入価格:170円
内容量:120g
1gあたり:1.42円
総合点と内訳です。
パッケージの中身はこちらです。
断面がこちら。
  • ニッスイは
    開けたときの香りは良いけど……
焼いたカニの炙った香りがとてもよく、食欲をそそられます。口に含むと香ばしさと炭火で焼いたような苦味までリアルに感じます。結構きつめの苦味のため、食べる人によって好き嫌いははっきり分かれそうな味です。
ニッスイ:香味焼 焼がに風味
ニッスイ
香味焼 焼がに風味
購入価格:213円
内容量:112g
1gあたり:1.90円
総合点と内訳です。
パッケージの中身はこちらです。
断面がこちら。
  • フジミツは
    微妙な酸味で食べにくい!
一口食べるとわかる強い甘みと、後味に苦みを感じます。さらに敏感な舌にはピリッとした辛みも。身ほぐれは非常にいいので、オニオンスライスとポン酢で和えて味をごまかせば食べられます。
フジミツ:ジューシー かにかま
フジミツ
ジューシー かにかま
購入価格:267円
内容量:157g
1gあたり:1.70円
総合点と内訳です。
パッケージの中身はこちらです。
断面がこちら。


以上、「カニ感追求タイプ」のカニカマ11製品の採点結果をご紹介しました。「こんなカニカマもあるんだ」と、興味を持った方は、ぜひチェックをしてみてください!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    ふっくら、パリパリ! “国産うなぎ”を買うならAmazonが近道です
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    658円で感じるイカのうま味。「北海道の海の幸」お取り寄せオススメ3選
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【裏技レシピ】スーパーのうなぎが簡単美味しい! その秘密は“洗い流す”にあり
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    まぐろの刺身は“サク一択”な理由【スーパーでハズレを引かない目利きワザ】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    “キハダ”“ビンチョウ”“メバチ”。高級まぐろはどれか、わかりますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知ってた? まぐろのお刺身はパッケージで“目利き”できるんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【素通りNG】コストコの鮮魚コーナーはアレンジ食材の宝庫なんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    大容量でアレンジ自在!魚介類はコストコの隠れた逸品なんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知らなきゃ損! スーパーの“お魚選び”の大正解
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    からしに明太マヨ!? クセになるカニカマ6製品ランキング【変わり種編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    1位は西友・セブン超え! カニカマ32製品採点【ノーマル編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    本家を超える激旨モノ発掘! Amazonイクラ頂上決戦はコスパが決め手に
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【特別企画】おせち料理が“2018年の開運”を呼ぶ理由
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「脂質17%と0.2%」タラは2種類あるのを知っていますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「余っちゃった…」2日目のお刺身が美味しく食べられる裏ワザ
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知ってた? 同じ魚でも刺身と調理で食べごろが違います
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「青魚と白身魚」決定的に味が変わる焼く前のあることとは?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    魚さばける? 無理ならスーパーに頼めばいいじゃない
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「待った!」明日の夕飯のサンマ、そのまま冷蔵庫に入れていませんか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「鮭とサーモン」どっちが刺し身NGか知っていますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    3位広島、2位京都、1位は……最強の鍋ランキング5選
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    ふぐ? かに? ホタテ? 本格化する自宅鍋のレベルがヤバい
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【セブンはあっさり、紀文は後味しっかり】あったかおでん11種徹底食べ比べ
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    もう食べた? コストコの最強に旨い"お魚"を見つけました