「Amazon Echo」は育つんです! ゼロからわかるスタートガイド
2018年03月28日(水)
阿部 淳平
阿部 淳平/Test by 家電批評編集部
「Amazon Echo」は育つんです! ゼロからわかるスタートガイド
数社あるAIスピーカーのなかでも、「Amazon Echo」はカスタマイズすることで、さらに便利になります。そこで今回は家に届いたらすぐに実践したい、Amazon Echoの賢い使い方を紹介します。
  • Q1:手に入ったけどすぐ使える?
    A1:初期設定では使うべからず
「Amazon Echo」の初期設定はWi-Fiでスマホと接続して行います。スマホにはまずエコーの管理アプリ「Amazon Alexa」から導入しましょう。そして、Echoの最大の特徴である「スキル」も、Alexaアプリで追加できます。
「スキル」とはスマホでいうところのアプリにあたり、Echoに様々を追加できるプログラムです。これは自由にカスタマイズしやすいというメリットでもありますが、反面、例えばGoogle Homeでは標準搭載の「radiko」なども入っていません。そのため、「Amazon Echo」は初期設定で使うのではなく、好みのスキルを追加してから使い始めるのが正解です。
  • Q2:何と話しかければいい?
    A2:まずは「おはよう」でOK
はじめてのAIスピーカーで、何からはじめて良いのか迷いがちですが、まずはまずはあいさつから始めてみてはいかがでしょうか。ちょっとした季節の小ネタや気遣いの一言など、+αを添えて返事をしてくれます。
慣れてきたら、いろいろな機能を呼び出してみましょう。先ほどスキル追加の話はしましたが、天気予報やニュース、プライムミュージック(Amazon Music)などの基本的なスキルは、初期状態でも複数登録されています。
  • Q3:「アレクサ」以外でも反応する?
    A3:実はあんな言葉でも反応します
Echoの機能を呼び出すためのウェイクワードは「アレクサ!」と呼びかけるのが基本。しかし、これは設定で変更することもできます。「アマゾン!」や「エコー!」など、中には米SFドラマ『スタートレック』内で登場人物たちが使っていた「コンピューター!」にすることもできます。

設定方法もシンプル。Alexaアプリのメニューから「設定」→「ウェイクワード」で好きなワードを指定できます。
  • Q4:おしゃべりを途中で止めたい
    A4:「ストップ、アレクサ」で解決
スキルを起動中にほかの機能を使いたいときは「ストップ、アレクサ」。この言葉を唱えないと、次のスキルを起動できないので、エコーユーザーには必須の呪文です。
なお「キャンセル」「やめて」といった音声コマンドでも同様の操作が可能。別のスキルを使いたいときは、呪文を唱えて起動中のスキルを終了させる必要があります。
  • Q5:エコーを仕事に活用したい
    A5:ToDoに使うのはいかが?
Echoをビジネスに使いたいという人は、まずToDoリマインダーとして使ってみるのがおすすめ。「アレクサ、やることリストに追加して」この一言で、EchoにToDo登録ができます。
登録したToDoは、「やることリストを教えて」といったかけ声でチェックできるほか、Alexaアプリ内の「リスト」からも確認可能です。また、ToDoのほか、「買い物」リストの登録にも対応します。

以上、アマゾンエコーを賢く使う方法でした。紹介した方法でアマゾンエコーを使ってみてください。より便利さが実感できると思います。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [スピーカー]
    Amazon夏のタイムセール、狙い目ベストがコチラです
  • [スピーカー]
    「日テレつけて」。レグザがついにリモコン不要にできます
  • [スピーカー]
    【ソニーの重低音】がキャンプ用スピーカーのBESTである理由
  • [スピーカー]
    AIスピーカー「良さがわからん」という人に、便利機能ランキング10選
  • [スピーカー]
    【本日発売】AIスピーカー「Amazon Echo」の最速総まとめ!
  • [スピーカー]
    ソニーの肩のせスピーカー「SRS-WS1」がまるで映画館でした
  • [スピーカー]
    【Amazon Echo】ラジオ好き必見! AIスピーカー機能ランキング7選
  • [スピーカー]
    【Amazon Echo】今日から一般販売。「水買っておいて!」で買い物できます
  • [スピーカー]
    買う前に要確認「Amazon Echo」国内版でできること、できないこと
  • [スピーカー]
    【招待制のAIスピーカー】「Amazon Echo」今さら聞けない超基本
  • [スピーカー]
    本当に? スピーカーは「台」を変えると間違いなく音質アップするんです
  • [スピーカー]
    レビュワー1000人が選んだPCスピーカーは確かな実力でした
  • [スピーカー]
    【スマートスピーカー】google、LINE、amazon、試してわかった大本命はコレだ!
  • [スピーカー]
    【2017年】家電批評が選ぶ今年のベスト「スピーカー編」がコチラです
  • [スピーカー]
    オーディオ黄金比率は「5:3:2」 失敗しないスピーカー選びのコツ
  • [スピーカー]
    もったいない!高級スピーカーを 良い音で鳴らしきる“ベスポジ”がコチラです
  • [スピーカー]
    【苦情ナシ】マンションでも 大音量で映画を見る方法、見つけました。
  • [スピーカー]
    最小コスパの本格オーディオ 入門用BESTセットはコチラです
  • [スピーカー]
    【賃貸OK】壁掛けスピーカーをノーリスクで実現する方法
  • [スピーカー]
    “空っぽ”のスピーカーが Amazonベストセラーに選ばれ続ける理由
  • [スピーカー]
    1万円で買える「PCスピーカー」比較 おすすめS評価はこの2機種!
  • [スピーカー]
    7000円以下PCスピーカーのベストは プロ絶賛のトーンが冴えるこの1台!
  • [スピーカー]
    アマゾンで3000円以下で買えるPCスピーカーのおすすめは断然コレです
  • [レコード]
    デジタルじゃ聴けない音があるんです。1万円から始めるレコード生活