【招待制のAIスピーカー】「Amazon Echo」今さら聞けない超基本
2018年03月27日(火)
阿部 淳平
阿部 淳平/Test by 家電批評編集部
【招待制のAIスピーカー】「Amazon Echo」今さら聞けない超基本
「ねえ、グーグル」のGoogle HomeでAIスピーカーの存在感がどんどん大きくなってきているなか、後追いする形で登場した「Amazon Echo(エコー)」。実はすでに、世界では圧倒的シェアを誇っているんです。ということで、今後ますます注目される「Amazon Echo」特集を本日から公開します。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • Q1:そもそもAIスピーカーって何?
    A1:人工知能搭載の最新ガジェット
AIスピーカー、スマートスピーカーは人工知能を搭載し、音声を使って様々な機能を呼び起こせる注目の最新ガジェットです。日本ではCMでもよく見る「Google Home」や、LINEの「Clova」が有名。もちろん今回紹介するAmazonの「Echo」も、世界的に注目されている製品です。次世代技術として期待される「AI」を、一般のユーザーが手にできるレベルで実用化した、代表的な製品ジャンルと言えます。

また、Amazon Echoの音声アシスタント機能だけを指すのが「Alexa(アレクサ)」となり、呼びかけ時のトリガーワードとしても使います。
  • Q2:Amazon Echoの種類は?
    A2:3サイズ展開です
「Amazon Echo」は大きさと価格順に小さい方から「Echo Dot」「Echo」「Echo Plus」の3機種がラインナップされています。まずは基本のスペックから見ていきましょう。
Echo
購入価格:1万1980円
サイズ・質量:W88×H148×D88mm・821g 
スピーカー:2.5インチウーファー/0.6インチツイーター 
ワイヤレス:802.11 a/b/g/n+Bluetooth
Echo Dot
購入価格:5980円
サイズ・質量:W84×H32×D88mm・163g 
スピーカー:0.6インチフルレンジ 
ワイヤレス:802.11 a/b/g/n+Bluetooth
Echo Plus
購入価格:1万7980円
サイズ・質量:W84×H235×D84mm・954g 
スピーカー:2.5インチウーファー/0.8インチツイーター 
ワイヤレス:802.11 a/b/g/n+Bluetooth
並べたときのサイズ感はこんな感じ。一番大きいのが「Plus」です。サイズ以外にも、それぞれ、音質の違いや機能の違いでグレード分けされています。
  • Q3:どこで買えるの?
    A3:早く欲しい人は海外版を
アマゾンは「Alexaをともに作り上げ、進化を支えてくださるお客様を対象にした招待制」としており、音声認識の不具合などをフィードバックしてくれるようなユーザーを選んでいることも考えられます。ソフトウェアで言うところの「ベータ版」に近い位置づけなのかもしれません。

アメリカでは2014年11月に初期出荷分が用意され、その後2015年6月に一般発売となったことを考えると、日本でもそろそろ発売となるかもしれません。少しも待てない! という人は、英語版の並行輸入品なら購入できます。安心してください。「Echo」は設定で言語を変更可能なので、日本語で話しかけることもできます。
  • Q4:音質ってどうなの?
    A4:「Dot」以外は音質も上々です
スピーカーというからには、音楽試聴のクオリティも気になるところ。「Echo」「Echo Plus」はウーファーのほかツイーターも内蔵し、本格的な仕様。左の透視図のようになかなか凝った作りをしているのです。オーディオ評論家の山本氏も「360度方向へ均一に広がる立体的なサウンド。張りのあるボーカルや切れ味鋭い低音にも違いが表れます」と評価しています。
  • Q5:Echo「Plus」は何が特別?
    A5:家電連携が得意です
「Echo Plus」最大の特徴は「スマートホーム・ハブ」機能を内蔵していることです。グーグルホームもそうですが、スマートスピーカーとスマートホーム家電を連携させるにはWi-Fi接続を使うのが一般的。

でもエコープラスならWi-Fiを使わずにエコーとHueなどのスマート家電を連携させることができます。
フィリップス
Hue 
PE47916L 
購入価格:3690円
照明と連携させれば音声だけで、ON/OFFの切り替えが可能です。
  • Q6:Google homeとは何が違う?
    A6:似ているようで違います
CMが繰り返し放送されているGoogle HomeとGoogle Home Mini。そのため、スマートスピーカーと言えば「Googleが主役?」と思っている人も多いかもしれません。でも、先にも言ったように世界的なシェアはAmazonの方が上。それでは、GoogleとAmazonは何が違うのでしょうか。
大きな違いは、Google Homeがセットアップしてすぐできることが多いのに対して、Amazon Echoは「スキル」を追加していくことで、できることがどんどん増えていきます。初期設定では使いにくいとも言えますが、自分色のスマートスピーカーに育てることができるとも言えます。

ちなみに、AIスピーカーといえば「Hey Siri」のようなトリガーワードがありますが、Amazon Echoは「アレクサ」だけで起動が可能。
日本人だとちょっと気恥ずかしい、気取った掛け声は不要なのです。

以上、アマゾンエコーの解説でした。「しつけ」次第でできることが増えていくところが所有欲をくすぐるエコー。家電連携など、実際に使っても便利そうです。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [スピーカー]
    [なんと6000円OFF]Amazonのアレが“敬老の日の贈り物”にピッタリな理由
  • [スピーカー]
    Amazon夏のタイムセール、狙い目ベストがコチラです
  • [スピーカー]
    [本日再販開始]プレミア化した“SONYのアレ”…買う前に知っておきたいこと
  • [スピーカー]
    「日テレつけて」。レグザがついにリモコン不要にできます
  • [スピーカー]
    【ソニーの重低音】がキャンプ用スピーカーのBESTである理由
  • [スピーカー]
    AIスピーカー「良さがわからん」という人に、便利機能ランキング10選
  • [スピーカー]
    【本日発売】AIスピーカー「Amazon Echo」の最速総まとめ!
  • [スピーカー]
    ソニーの肩のせスピーカー「SRS-WS1」がまるで映画館でした
  • [スピーカー]
    【Amazon Echo】ラジオ好き必見! AIスピーカー機能ランキング7選
  • [スピーカー]
    【Amazon Echo】今日から一般販売。「水買っておいて!」で買い物できます
  • [スピーカー]
    買う前に要確認「Amazon Echo」国内版でできること、できないこと
  • [スピーカー]
    「Amazon Echo」は育つんです! ゼロからわかるスタートガイド
  • [スピーカー]
    本当に? スピーカーは「台」を変えると間違いなく音質アップするんです
  • [スピーカー]
    レビュワー1000人が選んだPCスピーカーは確かな実力でした
  • [スピーカー]
    【スマートスピーカー】google、LINE、amazon、試してわかった大本命はコレだ!
  • [スピーカー]
    【2017年】家電批評が選ぶ今年のベスト「スピーカー編」がコチラです
  • [スピーカー]
    オーディオ黄金比率は「5:3:2」 失敗しないスピーカー選びのコツ
  • [スピーカー]
    もったいない!高級スピーカーを 良い音で鳴らしきる“ベスポジ”がコチラです
  • [スピーカー]
    【苦情ナシ】マンションでも 大音量で映画を見る方法、見つけました。
  • [スピーカー]
    最小コスパの本格オーディオ 入門用BESTセットはコチラです
  • [スピーカー]
    【賃貸OK】壁掛けスピーカーをノーリスクで実現する方法
  • [スピーカー]
    “空っぽ”のスピーカーが Amazonベストセラーに選ばれ続ける理由
  • [スピーカー]
    1万円で買える「PCスピーカー」比較 おすすめS評価はこの2機種!
  • [スピーカー]
    7000円以下PCスピーカーのベストは プロ絶賛のトーンが冴えるこの1台!