新iPad登場でも揺るがない
「ZenPad」が最高コスパの理由
2017年03月22日(水)
阿部 淳平
阿部 淳平/Test by 家電批評編集部
新iPad登場でも揺るがない
「ZenPad」が最高コスパの理由
2年以上ぶりに新型iPadが発表されました。性能は微調整レベルですが、とにかく「安くなった」ことが最大のサプライズ。これでその地位も盤石かと思いきや、まだまだそれでもコスパ勝負ならAndroidも負けていません。ここでは安くなったiPadの対抗馬筆頭である「ZenPad 3S 10(Z500M)」を比較検証しました!
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
※本記事はiPad Air 2を利用しての比較記事となります。
  • 画面サイズも指紋認証も
    「iPadコピー」なZenPad 3S 10
(画像クリックで価格コムの商品ページが開きます)
<製品情報>
ASUS 
ZenPad 3S 10(Z500M)

サイズ・質量:W240.5×H163.7×D5.8~7.15mm・430g
画面サイズ:9.7インチ(2048×1536)
パネル種別:IPS
メインメモリー:4GB
ストレージ:32GB
主な入出力:USB3.0 Type C、ステレオミニ端子
ZenPad 3S 10(Z500M)は、iPadシリーズを強く意識した製品となっています。特徴的なのが「9.7インチ」という画面サイズ。これはiPadシリーズ特有のサイズで、アンドロイドで採用されるのはまれです。

Retinaディスプレイと同等の画面解像度や指紋認証機能などを採用していることからも、iPadオマージュが伺えます。

また、ヘキサコアCPU、GPS機能などのスペック面ではiPadを上回り、それでいて約4万円というリーズナブルな価格を実現しているのが、大きな魅力といえるでしょう。
  • とはいえ、iPadと比べると
    やっぱりダメなんじゃないの?
間違い探しレベルの高品質なディスプレイ
実際に見比べてみて、まず驚いたのがディスプレイです。「iPad Air 2」や 「新しいiPad」とも同等の2048×1536ドット解像度を持つディスプレイは、広い視野角のIPSパネルを採用。発色がよくシャープな描写で、高解像度の写真閲覧時などは、細部までくっきりと表示できました。
指紋認証対応はやっぱり安心できます
ホームボタンには指紋認証機能が備わっており、認識の精度が高くロック解除もスムーズに行えます。iPadでもおなじみの機能ですが、同価格帯の10インチAndroidタブレットで指紋認証を搭載する機種は、ほかにほとんど存在しません。ちなみに、指紋は5パターンまで登録可能です。
  • 忘れちゃいけない大きなメリット「GPS」
実は「Wi-Fi版」のiPadにはGPSが搭載されていません(全iPadシリーズ共通)。位置情報はWi-Fiを利用して計測しており、精度は少し落ちます。

ZenPadはWi-Fi版でもGPSを搭載しているので、モバイルルーターや公衆Wi-Fiを利用しながら外出先で通信する際も、正確な位置情報が取りやすいです。
  • 新iPadよりココがスゴイ!
    片手持ちOKな圧倒的「薄さ」
重く、厚くなってしまった新iPadにちょっとがっかり
ボディに関してはカメラ部分が出っ張っているものの、新iPadやiPad Air 2よりも薄い約5.8ミリという極薄のメタルボディーとなっています。

0.08ミリのダイアモンドカットで縁取りされ、手で持った時にホールドしやすく、手の大きな男性なら片手でも持ち運べます!

重さに関しても、437gから469gにボリュームアップしてしまった新iPadに比べて、ZenPadは430gとほんのり軽くなっています。
  • 処理性能は十分優秀ですが
    正直、iPadには敵いません
気になる性能面の検証は上の表の通り。Antutu Benchmarkにてベンチマークを測定。バッテリーは輝度最大などの設定を統一し、3時間の動画視聴後の電池残量を比較しました。

ここでは、旧iPad Air 2としっかりとした差がつきました。実際に操作した感覚も、どうしてもiPadの完成度には劣る印象です(ストレスとまでは言えません)。

ただ、それでも、ヘキサコア(6コア)CPUや4GBメモリを搭載するだけあって、同クラスのAndroid勢と比べればかなり優秀とも言えます。
多少はカクつきますが最新3Dゲームも滑らかです
実際に編集部で動画の視聴やアプリの操作を行った際にもなめらかに動作し、ゲームプレイ時にも快適な操作感が得られました。

ただし、処理性能が高いぶん消費電力も大きくなり、バッテリー残量が減りやすい傾向にあるようです。

今回のベンチマークテストでは、フル充電状態のZenPad 3S 10で3時間動画を視聴した場合、電池残量は39%まで減少。一日中充電なしで使うのは少し難しいかもしれません。
  • SDカード対応&割安SIMフリーが
    iPadより安くすむ最大ポイント!
嬉しいマイクロSD対応はAndroidの特権です
たとえばiPadで大容量データを扱いたい場合、より高額なモデルを選ぶ必要がありますが、本機はmicroSDカードが使えるので、本体容量が不足した場合にもわずかの投資でデータ増量が可能。

最近のmicroSDカードは128GBが最安4000円程度から購入できるので、大容量のデータを扱う場合にアドバンテージとなります!
SIMフリーモデルも4万3000円とお買い得
普通は価格が跳ね上がるSIMフリーモデルも、ZenPadはプラス3000円程度で購入できます。注意したいのは指紋認証が搭載されていないこと。その他はWi-Fi版とほとんど同じです。
  • ASUS ZenPad 3S 10は
    価格が下がってきた今が買い時!
AndroidタブレットはiPadとは異なり、発売直後からすぐに実勢価格が下がる傾向にあるので、発売から少し経ってから買うとお得です。

ZenPad 3S 10の現在最安値は3万5千円前後、Amazonでも4万1000円前後(2017年3月現在)となっており、2016年10月の発売当初と比較するとすでに下落してきています。まさに、今が買い時のタイミング! 

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [タブレット本体]
    【ヨドバシ店員に聞いた】iPadが今売れている3つの理由
  • [タブレット本体]
    生粋のMacユーザーが「iPad Proバカ」になった3つのポイント
  • [タブレット本体]
    【断言】この方法なら書類がなくなるはずがない
  • [タブレット本体]
    意外と知らない「iPadの補償」ベストな選択は?
  • [タブレット本体]
    【型落ちiPad】買って良いモデル、ダメなモデル
  • [タブレット本体]
    iPad絶好調!…でもSIMフリーならアンドロイドが買いの理由
  • [タブレット本体]
    【iPad Pro】どっちが正解? 「10.5 or 12.9」天下の分け目はココでした!
  • [タブレット本体]
    2万円以下のタブレットを買っていい人、ダメな人
  • [タブレット本体]
    【日本限定Kindle】のマンガモデルを 書籍派でも買うべき理由
  • [タブレット本体]
    新iPad Pro発表の裏で 「無印iPad」の存在価値が急騰中です
  • [タブレット本体]
    iPad miniの独壇場はもう終わり! 8インチの新本命が買い時です
  • [タブレット本体]
    Kindle選びに迷ったら、 迷わずPaperwhiteでOK!
  • [タブレット本体]
    最安タブレット「Amazon Fire」の 最大の弱点をかき消す裏ワザ
  • [タブレット本体]
    17台のランキングで堂々1位! “無敵の完成度”をほこる最強タブ!
  • [タブレットアクセサリー]
    格安iPadに「ちょい足し」したらProを買うより大変身
  • [タブレットアクセサリー]
    【悲劇を生まない】お風呂iPadの救世主がコチラです
  • [タブレットアクセサリー]
    【5時間→2時間】iPad Proの充電時間を半分にする裏ワザ
  • [タブレットアクセサリー]
    【純正は高すぎ】iPad Pro用お買い得キーボードTOP4
  • [タッチペン・スタイラス]
    【Pro顔負け】格安iPadでイラスト描くならコレを見て!
  • [タッチペン・スタイラス]
    無印iPadがまるでProみたい! 魔法のペンがコチラです
  • [タブレットアクセサリー]
    タブレット初心者が感動した周辺機器おすすめ4選
  • [タブレットアクセサリー]
    ソニーが作ったプログラミング学習に 編集長ファミリーが大興奮したワケ
  • [タブレットアクセサリー]
    【iPadでかすぎ!】タブレットを“フリーハンド”で使うベストアイデア9選
  • [スマートフォンアクセサリ...]
    ほとんどデジカメ! iPhoneが遂に限界を突破します