コールマンだけじゃない! これぞ大本命のキャンプ道具7選
2018年02月14日(水)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
コールマンだけじゃない! これぞ大本命のキャンプ道具7選 
今年こそキャンプに行きたい! というビギナーも、便利な道具で一味違ったキャンプを楽しみたいベテランも、大満足できるキャンプ道具を厳選してご紹介! 過去の『MONOQLO』誌でベストになったアイテムたちを集めました。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • コイツは絶対使える!
    今から揃えておきたい道具はコレ
アウトドアショップに行くと、いまや売り場にはありとあらゆるキャンプ道具があって、気分がアガりますよね。でもいざ買おうとするろ、「どれを選べばいいのかわからない」「本当にコレ買って大丈夫?」と、迷うこともしばしば……。

そこで今回は、ビギナーも安心、ベテランも大満足できる大本命のキャンプ道具をご紹介。どれも過去のMONOQLO本誌でベストバイに輝いたアイテムですので、買って損はさせません! ではさっそくご覧ください。
  • ①焚き火はもちろんBBQも
    ダッチ料理もできるファイヤグリル
6製品を集めて行われた焚き火テストで1位になったのがコチラの製品。フラットな底の炉は、間口が広く、初心者も火力調整しやすくなっています。また、焼き網でBBQをしたり、ダッチオーブンを使って料理もつくれます。

焚き火だけでなくアウトドア料理の幅を広げてくれる汎用性が評価を上げたポイント。
ユニフレーム
ファイアグリル
実勢価格:6900円
使用時サイズ:約43×43×33(網高)cm      
収納時サイズ:約38×38×7cm
重量:約2.7kg
パーツは炉、ロストル、スタンドの3つ。収納時は全て炉の中に入れておくことができます。
オプションパーツも豊富にラインナップ。別売のポットハンガーを使えば、ダッチオーブンを吊るして調理することもできちゃいます。
テスト時は、1万円以内で買える焚き火台を集めて検証。収納時サイズ、組み立てやすさ、機能の多さ、焚き火のしやすさを時間を掛けてじっくりテストし、ベストに選定しました。
  • ②テントのペグ打ちを助ける
    スノーピークのペグハンマー
こちらのハンマー、ヘッドの先端に銅が用いられているのに注目。この銅ヘッドが打撃時の衝撃を吸収し、腕へのショックを和らげてくれます。銅ヘッドは別売していて交換も可能です。
スノーピーク
ペグハンマーPRO.C
実勢価格:6696円
  • ③まるで掛け布団のようなシュラフ
    コールマンパフォーマーⅡ	
7500円以下で購入できるシュラフを4製品集めて比較調査し、ベストと評価されたのがこちらです。上面に適度な重みと厚みがあり、布団をかぶって眠る感覚を得られます。襟元は裏地を折り返して表側で縫製されており、首や顎に継ぎ目が当たらず感触もバツグンです。
コールマン
パフォーマーⅡ/C5	
実勢価格:7200円
使用時サイズ:約80×190cm
収納時サイズ:約∅21×40cm
総重量:約1.4kg
ゆとりをもって寝られる封筒型です。適度な重さが快眠を生みます。
  • ④燃焼効率がよく頑丈!
    フュアハンドのオイルランプ
日常生活から軍用まで幅広いシーンで使われ、世界中で愛されてきたフェアハンドのランタン。燃料は入手しやすい灯油です。タンク容量は340mlで燃焼効率がいいので、20時間以上連続して使い続けることができます。無骨さ感じるレトロなデザインもカッコいい!
フュアハンド
ベイビースペシャル276 サプリーム
実勢価格:7402円
本体サイズ:約15 × 26 cm
重量:520g
  • ⑤収納ポケット付で卓上すっきり
    グッドラックテーブル
キャンプでは調理器具や皿やコップなどのほか、布巾など散乱しがちな生活用品を、整理して収納できるテーブルがこちら。ポケットは前後から開閉でき、脇には小型ポケットもついています。
ドッペルギャンガーアウトドア	
グッドラックテーブル
実勢価格:8174円
使用時サイズ:W60×D100×H43.5~73cm
収納時サイズ:W60×D50×H8.2cm
クッカーやカトラリーなどを収納できます。中敷付きのポケットはジッパーで閉められるようになっているため、小物がこぼれでてしまうこともありません。
  • ⑥一台でいろいろ使える
    多機能パネルランタン
マグネット式発光パネル4枚を取り外せば、5カ所で同時利用もできるランタンです。USBポートも付いているので、スマホの充電もお任せ。最大800ルーメンという明るさも嬉しい!
コールマン
クアッドマルチパネルランタン
実勢価格:7735円
サイズ:約∅14.5×23.5cm
重量:約1.2kg
使用電源:アルカリ単一形乾電池×4本または8本(別売) 
シーンに合わせて使い方を変えられます。

[パネルを外し5個の灯りに]
[USBをつないで充電]
[パネルは自立も可能]
発光パネルには上部にもLEDが付いていて、取っ手をフラットにして手で持ち、懐中電灯としても使うことができます。
  • ⑦広大な居住スペースを作れる
    Ogawaのリビングシェルター
直線的フォルムの堂々とした佇まいのロッジ型シェルターは、四方をサイドパネルで囲み、安心して過ごせるスペースをつくりだします。広々とした居住性で、グループでも使えます。サイドパネルはを巻き上げ、フルオープンの状態にできたり、 室内の換気を促すベンチレーターも装備されていたりと機能面も大満足です。
ogawa
リビングシェルターⅤ
実勢価格:9万9799円
使用時サイズ:約360×360×220cm
収納時サイズ:約92×34×52cm
幕体重量:約8.4kg
ポール重量:約16.1kg
四方の側面パネルは、全て巻き上げメッシュにすることできます。陽光も風も思うがままで、スクエアタープのような開放感が気持ちい!

以上、大本命のキャンプ道具7選 でした。新しい道具選びに迷ったら、ぜひご参考にしてみてください。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [外遊び用具]
    キャンプシーズン到来、さぁ準備!…で、まずは【100均】に行くべき理由
  • [保冷剤]
    捨てちゃダメ! 鉢植えを乾燥から守る、意外なアレとは?
  • [フィールドギア]
    【1万円で大満足】買ってスグ飛ばして撮影できるドローン入門編
  • [フィールドギア]
    【検証済】レジャーのピンチを救う便利グッズ7選
  • [エアーベッド・エアーマッ...]
    【渋々の】車中泊を快適にするハンディサイズのスゴイやつ
  • [バーベキュー用品]
    「栓抜きがない!」……じつは紙で開けられるってご存知ですか?
  • [レジャー用品]
    【50人の本音】たばこ感はiQOS、吸いやすいのはPloom TECH、乗り換えなら…?
  • [レジャー用品]
    【非喫煙者50人の本音】iQOS、Ploom TECH、glo。ニオイが気になるのは?
  • [レジャー用品]
    【100人の本音】iQOS、Ploom TECH、glo。まず試してみるべき1本はコレ!
  • [レジャー用品]
    iQOSはホントに大本命? “過熱式たばこ”の選び方[使用感編]
  • [ランタン]
    Amazonで意外な人気!キャンプで役立つLEDランタン6選
  • [レジャーシート]
    「小さくて軽い」がすべてじゃない! コールマン“洗える寝袋”大絶賛のワケ
  • [レジャー用品]
    【どや顔必至】スピーカーなのか、ランタンなのか。その正体は……
  • [レジャー用品]
    迷ったら買っとく! アウトドア雑誌編集部が自腹で買ってる新定番11選
  • [タープ]
    「屋外リビングはコールマン」なら全員が幸せになれる理由
  • [テント]
    【2万円テント】安すぎると不安? 大丈夫、コールマンですから!
  • [レジャーシート]
    これ1枚でどこでもベッド! コールマン膨らむマット大絶賛のワケ
  • [テーブル]
    大定番コールマンを超えた! ピクニックの主役は今日からこっちです
  • [チェア・ベンチ]
    コールマンだけじゃない! 公園をラウンジに変える絶品チェア【6製品格付け】
  • [コンロ・焚き火台]
    【焚き火台おすすめ6選】マニアック? いやいや、キャンプの万能選手なんです
  • [レジャー用品]
    BBQの消耗品、100均で買っていいものダメなもの
  • [テント]
    コールマンだけじゃないんです。スムーズにゆったりできる名品6選
  • [レジャー用品]
    【Amazonで揃います】運動会間近のお父さんお母さんに絶対おすすめの3選
  • [レジャー用品]
    【8製品格付け】打ち上げ花火、どれを買えばいいのか問題が解決しました