火も、チップも、煙もいらない
冷蔵庫でつくる自家製スモーク
2017年03月17日(金)
青山 卓弥
青山 卓弥/Test by MONOQLO編集部
火も、チップも、煙もいらない
冷蔵庫でつくる自家製スモーク
薫製(くんせい)といえば、大きなスモーカーやチップなどの専門器具(?)が必要で、煙は出るし、場所もないし、そもそも自分で作るものではない……なんてお考えのアナタ! この魔法のシートを使えば、具材を包んで寝かせるだけで、美味しい薫製ができちゃうんです!
製品写真をクリックすると商品ページへ移動します。
  • 具材を包むだけで
    プロも驚くメニューができあがり!
シートに包んで冷蔵庫に3日寝かせるだけで、ただのチーズがスモークチーズに変身しました!

そんな、魔法のようなシートをご紹介します。
デルタ・トラスト
薫製シート
実勢価格;1728円
スモークフレーバーを浸透させた不織布で食材を包み、数日冷蔵庫で寝かせると薫製に変身するという、やや怪しさを感じる仕様ですが、薫製の本場、ノルウェーで開発されたという点で、なんとなく納得させられてしまうシロモノです。

とはいえ、火を使わないので煙や灰も出ないし、チップやスモーカーなどのアイテムも必要なし。アウトドア的要素が一切なくても、この通りいっぱしの色と香り漂う薫製が完成します。

シートにくるんで3日寝かせれば……
ほらこの通り!

……イマイチ信用できない? という声が多いと予想されますので、立派な薫製ができあがるまでの一幕をご覧ください。
  • [つくり方]手順はシンプル!
    包んで冷蔵庫で寝かせるだけ
[1]食材の大きさに合わせ、シートをハサミでカットします
この時、お好みでスパイス・ハーブを加えると、より美味しくなります。
[2]シートで食材を包みます
シートが食材に張り付くように、ピッタリ包みます。巻き付けるような感じで包むとよいです。
[3]シートの上から、さらにラップなどで包みます
食品用ラップのほか、真空パックでパッキングしてもOKです。
[4]冷蔵庫で3日間寝かせると、色と薫りがつきます
普通のチーズがスモークチーズに変身! プロセスチーズは下味をつける必要がないのでオススメです!
  • [お味は?]晩酌のアテに最適!
    でも注意点もあります
出来上がりはほどよい食べ応えで、水分もたっぷり。カッチカチになっちゃうなどの失敗がないのもうれしいところです!
ただ、基本的に味わいが変わるわけではないという点は注意してください。
事実、テスト時に使用したチーズは料理のプロも美味しいと絶賛する出来映えでしたが、サーモンやゆで卵は、下味なしではちょっと物足りなさがありました。

ですので、「あらかじめ、食材に塩をするなど下ごしらえしておけば、もっと美味しくなりそう」(料理家・風間章子さん)というご助言のように、お好みで味付けをするのがオススメです。それもメンドウなら「塩味のついた食品をくるむと、美味しい! お手軽でオススメです」(科学する料理研究家・さわけんさん)というのも手です。

とはいえ、様々な食材を試せるうえ、冷蔵庫さえあればつくれるという、このお手軽さ。ぜひみなさんも、オリジナル薫製づくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか(ちょっとお高いですが)?

  • 一緒に作って、食べていただいたのは、この方たちです
科学する料理研究家 さわけんさん
料理学校「ミルハウス」主宰。辻調理専門学校で助教授として勤務後、料理研究家として活躍中。

料理家 風間章子さん
料理教室「人形町キッチン」主宰。雑誌やWEBの料理監修などでも活躍中!

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [その他のキッチンツール]
    ル・クルーゼにも負けない! ブランド風100均雑貨をガチ比較!
  • [その他のキッチンツール]
    アマゾンで買える! 自家製ソーセージ三種の神機を見つけた!