「ジョン・マルコヴィッチ」って検索メンドウじゃない?→解決策がコレ
2018年02月04日(日)
青山 卓弥
青山 卓弥/Test by 家電批評編集部
「ジョン・マルコヴィッチ」って検索メンドウじゃない?→解決策がコレ
自宅のテレビでアマゾンのコンテンツを楽しめる「Fire TV Stick」。プライム・ビデオや動画配信サービスの豊富さに目が行きがちですが、それらのコンテンツをより便利に楽しむための機能が備わっているんです。検索のしやすさもそのひとつです。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • アマゾンの豊富なコンテンツで
    迷子にならないために
各社の動画配信サービスを、テレビで視聴できるようにするセットトップボックス(STB)。Googleの「Chromecast」、Appleの「Apple TV」など、各社が製品を出していますが、家電批評が"2017年のNo.1ガジェット"と高く評価したのは、AmazonのFire TV Stickでした。その6つの理由とFire TV Stickの機能、競合製品と比べたメリットなどを、前後編の記事でお伝えします。

前編はコチラ!
Amazon
Fire TV Stick
実勢価格:4980円
解像度:最大 60fps・1080p
プロセッサ:MediaTek Quad-core ARM 最大1.3GHz
メモリ:1GB
ストレージ:8GB
オーディオ:Dolby Audio
Wi-Fi:デュアルバンド・デュアルアンテナ(MIMO) 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth:Bluetooth 4.1
その他:音声認識リモコン/音声認識付きリモコンアプリ
入出力端子:タイプA HDMI(1.4b出力・HDCP 1.4)×1/Micro USB(電源用)×1
サイズ:85.9×30.0×12.6mm
重量:32.0g
プライム・ビデオを始めとした、アマゾンのコンテンツを大画面で楽しめるのがウリのFire TV Stick。でも、膨大な量のコンテンツから、肝心の「観たい動画」を探し出すのが、そもそも大変ですよね?

そこで役立つのが、好みのコンテンツへのアクセスを簡単にしてくれる便利な機能の数々です。どんなものがあるのか、順番にご紹介していきます。
  • リモコンで検索なんてもう古い!
    これからは「自分チャンネル化」の時代
まず注目したいのは、ショッピングでもおなじみの強力なレコメンド機能です。動画を視聴するたびにその傾向を学習し、アマゾンの豊富な動画コンテンツの中から、ユーザーの好みそうな作品をおすすめしてくれるのです。

おすすめ動画は、レンタル中の動画や購入動画などと並んで「マイビデオ」に表示されます。学習が進めば、わざわざ動画検索をしなくても、マイビデオから好みの作品を視聴できるようになります。
さらに、連続ドラマの続きや関連動画といった「次に見そうな動画」を予測する「ASAP機能」もあります。あらかじめ動画を読み込んでおいてくれるので、待ち時間なしのスムーズな連続視聴も可能です。
  • 「ジョン・マルコヴィッチ」なんて
    面倒な入力も音声でラクラク検索
Fire TV Stickの魅力のひとつは、シンプルなリモコンによる簡単操作。でも、検索のときに画面上で1文字ずつ文字入力するのが大変というデメリットもあります。

こんな場面で役立つのが、リモコンについている音声検索機能です。アマゾン内のコンテンツであれば、キーワードに関連した作品を音声で検索できます。「ジョン・マルコヴィッチ」のような入力が面倒なキーワードでも、検索に手間がかかりません。
ただし、アマゾン以外のコンテンツは検索対象外。さらに、リモコンの音声認識精度があまり高くない、といった欠点もあります。スマホ用のリモコンアプリでも音声検索は利用可能で、こちらの認識精度は優秀ですが、文字入力を本体に反映してくれません。この機能には、まだまだ改善の余地がありそうです。
  • 数百万曲が聞き放題に!
    リビングで音楽を垂れ流そう
Fire TV Stickには、プライム会員ならアマゾン内のデジタル音源が聴き放題となる「プライムミュージック」アプリが用意されています。オススメのプレイリストやステーションからジャンルを選び、ラジオのように音楽を流し続けることもできるんです。

そして、リモコンで楽曲に評価をつければ、ユーザーの好みを学習していく機能も備わっています。聴けば聴くほど、自分好みの曲が増えていくというわけですね!
  • [結論]Fire TV Stickは使うほど
    「自分仕様」に進化します
いかがでしたでしょうか? 豊富なコンテンツがウリというだけあって、それらへのアクセスをより簡単に、より快適にするための機能が備わっていることがおわかりいただけたと思います。Fire TV Stickをどんどん使って、より自分向けにカスタマイズされたコンテンツを楽しみましょう!
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [スマホ連動ガジェット]
    [タイムセール速報]本日、Amazonでスマホ環境が激変します
  • [スマホ連動ガジェット]
    もっと早く知りたかった! コレだけでめっちゃラクになることを…[アイデア3選]
  • [スマホ連動ガジェット]
    “有線最強説”に待った!? ガジェット更新の時期到来か
  • [スマホ連動ガジェット]
    「Apple Watchは高い」派がポチりたくなるAmazonの掘り出しモノ6選
  • [スマホ連動ガジェット]
    「超楽しかった~!」が続く。360度カメラの意外な使い方がこちらです
  • [スマホ連動ガジェット]
    なぜAmazonの王者「Anker」が“ネットの外”に出たのか[リアル店舗解禁の理由]
  • [スマホ連動ガジェット]
    スマホの手ブレがたった1599円で解決できるって知ってた?
  • [スマホ連動ガジェット]
    iPad派は見ないでください。ハマった人だけが愛せる玄人タブレットがこちらです
  • [スマホ連動ガジェット]
    子どものオモチャ? いえいえ、これはオトナの…[カメラ付きドローン4製品比較]
  • [スマホ連動ガジェット]
    「あわわ、大事なアレがない!」忘れ物解決策が実用化していること、ご存知ですか?
  • [スマホ連動ガジェット]
    【iPhone】ケーブル無し、高速充電! そんな製品Amazonで見つけました
  • [スマホ連動ガジェット]
    写真が動いて、喋る…? 未来の話じゃないんです、コレがあればね!
  • [スマホ連動ガジェット]
    「あれ、カギ閉めたっけ?」がゼロになる最強のキーレス玄関の作り方
  • [スマホ連動ガジェット]
    蒸し風呂のような部屋に帰りたくない…ならばコレ必携です
  • [スマホ連動ガジェット]
    お、カワイイ……だけじゃない! 子どもの心配がちょっとだけなくなるんです
  • [スマホ連動ガジェット]
    古いiPhoneカメラを劇的改善する「外付け高画質」がコレ!
  • [スマホ連動ガジェット]
    iPhoneにできない「あったらいいな」がコチラです
  • [スマホ連動ガジェット]
    これは「いいね!」されるわ…SF動画が撮れる360度カメラがコレ
  • [スマホ連動ガジェット]
    「Fire TVっていいの?」その答え、バッチリ解説します
  • [スマホ連動ガジェット]
    【iPhone裏ワザ総集編】充電も、容量も、ちょい足しで解決できるんです!
  • [スマホ連動ガジェット]
    「アップルウォッチは財布だ」説を裏付ける4つの証拠
  • [スマホ連動ガジェット]
    知ってた? ついにアップルウォッチは電話になりました。
  • [スマホ連動ガジェット]
    【見すぎ注意】動画好きにはたまらないガジェット3選
  • [スマホ連動ガジェット]
    スマホの欲求不満をチャラにする、4つのお助けアイテムがこちら