Kindle選びに迷ったら、
迷わずPaperwhiteでOK!
2017年03月16日(木)
浅沼 伊織
浅沼 伊織/Test by MONOQLO編集部
Kindle選びに迷ったら、
迷わずPaperwhiteでOK!
Amazonの電子書籍を読むにはKindleが必要。だけどそのKindleにはいくつものモデルがあって、そのうえパッと見もほとんど一緒だから「いつ」「何」を買っていいかわからない……。そんなギモンを解消すべく、買って損なしのKindleを大紹介します!
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • 操作性が優れてコスパも良い
    Paperwhiteがスゴいんです
「プライム会員なら4000円オフ」という破格のキャンペーンを行っているKindleですが、一体、どのモデルがホントの買いなのか。2016年に発売されたOasisを含めた4モデルの「解像度」「項送り」(ページを繰るスピードや操作のしやすさ)「価格」を比較して、これぞという1台を探しました!

……結果は、Paperwhite一択!

操作性も良く、価格も安いPaperwhiteは今、まさに買いのKindleです! その理由を詳しく解説いたします。
Amazon
Kindle Paperwhite(Wi-Fiモデル)
実勢価格:1万280円(クーポン適用)
  • [推しネタ①]バックライト
    搭載型の中では最安!
Kindleの読みやすさを決めるのは、Paperwhiteほか上位モデルのVoyage、Oasisに搭載されているバックライト機能です。バックライトのない最安価モデルKindleと比べると、上記写真の通り活字の視認性は一目瞭然です!

Kindleにはバックライトが必須! 7000円プラスしてでも、絶対手に入れたい機能ですね。
  • [推しネタ②]上位モデルに匹敵!
    「項送り」&「解像度」
  • 安いのに項送りが早い!
同じKindleでも、モデルによって項送りのスピードがまちまちです。Paperwhiteはバックライト機能がある3モデルのなかで最速の表示。サクサク読めてノンストレスです! ちなみに、上位モデルになればなるほど項送りが遅かったのが意外でした。

このスピード感にくわえて……
  • 解像度は上位モデルと同等!
Paperwhite、Voyage、Oasisはバックライトの明るさが異なるだけで、なんとパネルの解像度は同じ300ppi。活字の視認性は上位2モデルにひけをとりません。

Paperwhiteは太陽のもとで読んだら、本当に紙のような発色です。もちろん屋内でも十分読書を楽しめます!
  • [推しネタ③]最上位モデルの
    3分の1の価格で購入できます!
こちらはOasisです
ボタンで項送りができるVoyage、Oasisが使いやすいのは確か。そのうえ、数カ月もバッテリーが持つOasisはものすごく魅力的ですが、そこにプラス1~2万円を投資するのは、ちょっとどうだろう……というのが印象です。もちろん、お財布の事情が許せばVoyageあたりも狙い目ですが。

若干、話が複雑になってきましたので、詳細を下記にまとめました。
Paperwhiteがカンジンな機能をしっかり搭載していることがおわかりでしょう。それでいて、価格は1万円。

もう、迷うまでもありません!
性能重視派も納得する性能でコスパが高い、Paperwhiteがベストです。
  • [最終結論]即買いレベルの完成度
    Kindleシリーズの最高傑作です!
使い比べて感じたのはバックライトの必要性です。どんなに安くてもバックライト非搭載のモデルを選ぶと後悔することになるので、バックライトが搭載されたものを選びたいですね。そして、上位3モデルを比較したところ、電子書籍を読むうえで価格ほどの性能差は感じませんでした。

となると、わずか1万円とコスパが優秀すぎるPaperwhiteこそKindle最強です。これまでのKindleユーザーも買い替えをオススメできるシリーズ最高傑作レベルです!

ちなみに、無料3Gがプラスされると、お値段が5000円上がります。今回は、一般的な読書量を想定しているので、Wi-Fiモデルを推していますが、ものすごい速読&読書量の方は、Paperwhite Wi-Fi + 3Gを検討してみることをオススメします。

  • ちなみに……コミックに特化した
    Paperwhiteマンガモデルもあります!
Amazonより
そしてマンガ好き待望のPaperwhiteのマンガモデルも登場しました。本体にマンガを約700冊保存できる、8倍の32GBの大容量。また項送りも従来より33%スピードアップ(Amazon比較)と、より電子書籍リーディングが快適になること間違いなしです!
Amazonより
Amazon
Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル
実勢価格:1万2280円(クーポン適用)


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [タブレット本体]
    iOS11で「iPadのパソコン化計画」が一気に進んだ5つの理由
  • [タブレット本体]
    【ヨドバシ店員に聞いた】iPadが今売れている3つの理由
  • [タブレット本体]
    どんどん増える「iPad兄弟」知っておくべきホンネの選び方
  • [タブレット本体]
    現役の成蹊大教授が授業にiPadしか使わない理由
  • [タブレット本体]
    生粋のMacユーザーが「iPad Proバカ」になった3つのポイント
  • [タブレット本体]
    【断言】この方法なら書類がなくなるはずがない
  • [タブレット本体]
    生粋の「iPadバカ」が今、あえて「mini4」を使い続ける理由
  • [タブレット本体]
    意外と知らない「iPadの補償」ベストな選択は?
  • [タブレット本体]
    【型落ちiPad】買って良いモデル、ダメなモデル
  • [タブレット本体]
    iPad絶好調!…でもSIMフリーならアンドロイドが買いの理由
  • [タブレット本体]
    【iPad Pro】どっちが正解? 「10.5 or 12.9」天下の分け目はココでした!
  • [タブレット本体]
    2万円以下のタブレットを買っていい人、ダメな人
  • [タブレット本体]
    【日本限定Kindle】のマンガモデルを 書籍派でも買うべき理由
  • [タブレット本体]
    新iPad Pro発表の裏で 「無印iPad」の存在価値が急騰中です
  • [タブレット本体]
    iPad miniの独壇場はもう終わり! 8インチの新本命が買い時です
  • [タブレット本体]
    新iPad登場でも揺るがない 「ZenPad」が最高コスパの理由
  • [タブレット本体]
    最安タブレット「Amazon Fire」の 最大の弱点をかき消す裏ワザ
  • [タブレット本体]
    17台のランキングで堂々1位! “無敵の完成度”をほこる最強タブ!
  • [タブレットアクセサリー]
    格安iPadに「ちょい足し」したらProを買うより大変身
  • [タブレットアクセサリー]
    【悲劇を生まない】お風呂iPadの救世主がコチラです
  • [タブレットアクセサリー]
    【5時間→2時間】iPad Proの充電時間を半分にする裏ワザ
  • [タブレットアクセサリー]
    【純正は高すぎ】iPad Pro用お買い得キーボードTOP4
  • [タッチペン・スタイラス]
    【Pro顔負け】格安iPadでイラスト描くならコレを見て!
  • [タッチペン・スタイラス]
    無印iPadがまるでProみたい! 魔法のペンがコチラです