オススメ芋&チョッパーで
おウチで山盛りポテトの幸せ満喫!
2017年03月11日(土)
青山 卓弥
青山 卓弥/Test by MONOQLO編集部
オススメ芋&チョッパーで
おウチで山盛りポテトの幸せ満喫!
シーズニングも、塩さえなくても、ぱくぱくが止まらない最高のフライドポテト。実はコレ、自宅でカンタンに作れちゃうんです。揚げたての味わい、ぜひお試しを!
製品写真をクリックすると商品ページへ移動します。
  • 芋とカッティングにこだわれば
    究極ポテト一丁あがり!
みんなが大好きフライドポテト。時にはたべきれないほどの量を前にしてみたいもの。そんな子どものような夢って、実はカンタンに叶うんです。ポイントは芋とチョッパー。この2つにこだわって、食べきれないほどのポテトを量産してみましょう!
  • [芋編]ブドウ糖&デンプンが重要
    最適なホッカイコガネを選ぶ!
フライドポテトにする芋にも、実は向き不向きがあります、と教えてくれたのはジャガイモ博物館の館長、浅間和夫さん。「ポイントはブドウ糖含有率が低く、デンプン値が16~19%であること。このふたつが揃うと、キレイな黄金色に揚がり、荷崩れしにくく、食感もホクホクになります」とのこと。また、細長い形状をした芋ほど最適なのだとか。

その条件を満たす芋こそが、ホッカイコガネなのです。
ホッカイコガネ
長円形型のシルエット、かつ16%と最適なデンプン値です。立派なフライドポテトになる要素を備えています。
サイズ:◎ 色:◎ ほくほく感:◎
では、ほかのジャガイモはどうなのか見てみましょう。

男爵いも
円形状のものが多いので、サイズ的に厳しさがありますが、入手のしやすさ、加工のしやすさはありますので、手始めにはうってつけです。
サイズ:× 色:○ ほくほく感:○

メークイン
糖度が高いので、揚げると焦げてしまいがち。フライドポテト向きとはいいにくいですね。
サイズ:△ 色:× ほくほく感:×
いかがでしょうか。ホッカイコガネがいかにフライドポテトとしての才能にすぐれているか、おわかりいただけたのではないでしょうか。ただし、ひとつだけ問題があります。ホッカイコガネは実店舗では入手がちょっと難しいのです。ネット通販等で、必要な量をお求めになるのがベストでしょう。

ちなみに、検証用のホッカイコガネはJA士幌町から取り寄せたものです。
  • [チョッパー編]切れ味鋭く
    芋をカットできるのはコレ!
ジャガイモの選定に続いて「いかにフライドポテトっぽくカットするか」という点について検証を加えます。ここで皆さんに、ある大前提をお伝えします。それは、ジャガイモは想像以上にめっちゃ硬いということ。4製品のチョッパーを試したところ、2つはもうほとんどダメでした(腕なりコツなりがあるかもですが)。

難敵ジャガイモを見事にカッティングできたチョッパーはこちらのふたつ。高い方が切りやすいですが、900円のポテトチョッパーでも問題ありませんでした。
  • 値段なりの性能はあり!
    女性でもラクラクカッティング
プログレッシブ
ジャンボポテトカッター GPC-3664
実勢価格:4800円
ジャガイモをセットして……
レバーを惹くと、ジャガイモが飛び出します!
もっともカッティングがラクだったのが、こちらのポテトカッターです。レバーを引いてジャガイモを押し出すタイプで、台座にしっかり吸着したり、カットサイズを変更できるなど、仕上がりが光りました。毎日使うなら絶対こっちです。
  • 力尽くで押し込むから
    安くても切れる!
パール金属
ポテトチョッパー C3799
実勢価格:856円
ジャガイモをケースに入れて
力を込めて上から押し込むと
キレイにカッティングできました!
ケース中央の刃の上にジャガイモを設置し、上から押し込むタイプです。刃がケースに収納されているので、安心感があります。たま~に使うなら、コレでOK!
  • 均一サイズだから
    火の通りもよし!
「具材のサイズが揃っていると、火の通りが良く、美味しく揚がります。フライドポテトらしい形状が、じつは大変重要だったわけです。

こうして揚がったフライドポテトの味は、表面は香ばしく、中はムッチムチ。ジャガイモの味を100%引き出した、究極の味! ぜひみなさんも、夢のポテト生活を楽しんでみてください!
  • お話を聞いたのはこの方!
ジャガイモ博物館
浅間和夫さん

ジャガイモのことならなんでもおまかせ!
ジャガイモ博物館はこちら!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [野菜]
    そのみかん、ちょっと気取ってみませんか?
  • [野菜]
    目利きが通じない? スーパーの野菜選びの意外な秘密
  • [野菜]
    熟したほうが美味しいのは”カボチャ”と”トマト”どっち?
  • [野菜]
    知ってた? アレするだけで「もやし」の消費期限が2倍になるんです
  • [野菜]
    むしろ鮮度ダウン!?「冷蔵庫」に入れるとNGな3つの野菜
  • [野菜]
    「味だけじゃない」って知ってた? 野菜は旬がいい理由
  • [野菜]
    「春と冬で全然違います」美味しいキャベツ目利きのコツ
  • [野菜]
    自炊派が嫉妬する「レシピ付き食材配達」の良いトコ&残念なトコ
  • [野菜]
    切らないのがコツ! 大きくて硬くいかぼちゃを安全に切る方法
  • [野菜]
    寒い季節にも“採れたて野菜”が 食べられるという贅沢
  • [野菜]
    【お得技】シャッキシャキ! 使いかけの野菜を長持ちさせる裏ワザ
  • [野菜]
    【タネ爆売れ】パクチーが ベランダ栽培できるって知ってます?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【特別企画】おせち料理が“2018年の開運”を呼ぶ理由
  • [肉・肉加工品]
    本日より2018年コストコ開幕! 満場一致の最強食材がこちらです【総集編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「脂質17%と0.2%」タラは2種類あるのを知っていますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「余っちゃった…」2日目のお刺身が美味しく食べられる裏ワザ
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知ってた? 同じ魚でも刺身と調理で食べごろが違います
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「青魚と白身魚」決定的に味が変わる焼く前のあることとは?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    魚さばける? 無理ならスーパーに頼めばいいじゃない
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「待った!」明日の夕飯のサンマ、そのまま冷蔵庫に入れていませんか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「鮭とサーモン」どっちが刺し身NGか知っていますか?
  • [肉・肉加工品]
    コストコ飽きた? プロが選んだコストコの「非」定番グルメおすすめ14選
  • [肉・肉加工品]
    【おさらい】コストコで一度は買ってほしい超鉄板10選
  • [肉・肉加工品]
    知ってた? 牛肉なのにレアNGな落とし穴