孫の代まで受け継ぎたい、
おれんちのスゴい焚き火台、育てませんか。
2017年03月09日(木)
早坂 英之
早坂 英之/Test by アウトドア360.life
孫の代まで受け継ぎたい、
おれんちのスゴい焚き火台、育てませんか。
キャンプシーズン前にそわそわしている、全国の冬眠中キャンパーの皆さん、こんにちは。もうすぐ春ですね、シーズンインも間近です。道具の準備は整っていますか。冬の間に道具も腕も錆びついた! なんてことになっていませんか。今回はキャンプ道具のなかでもとくに人気な「焚き火台」について、選び方の記事をまとめます。
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • 長く使うほど愛着が出ます
    マイ焚き火台を育てましょう
キャンプの楽しみと言えば、昼のBBQに夜の焚き火。このふたつのメインイベントが充実すればするほど、思い出深い"楽しいキャンプ"になります。逆に失敗すると「ずっと炭を起こしてたよ…」「薪が全然燃えないし…」なんてトホホなこともよく聞く話。失敗しないためには"道具の力にも頼りたいもの"です。
キャンプ歴=焚き火台の使用歴も全然アリ
そこで今回は夜のメインイベントに必要なマストギア、焚き火台に注目し、"あなたに最適なベストバイアイテム"の選び方を解説します。BBQではなく、焚き火からスタートするのは、使い込むことによる"味"が出るから。「BBQグリルは買い換えても焚き火台は買い換えない、一生モノです」という焚き火ニストがいるほど、愛着がわきやすいアイテムでもあります。
  • 買い換えない焚き火台選び
    メジャーアイテムは3つです
焚き火台をリリースしているアウトドアブランドは大小合わせて多々ありますが、メジャーどころでは、スノーピーク、コールマンそしてユニフレームが人気です。アウトドア360.life担当としてはどれも甲乙つけがたく、「スタイルによってベストバイが変わる」と、しています。
パッと開いてすぐに使える、そして変形せずに長持ちなスノーピーク。井桁型の強火ガンガンスタイル・コールマン。幅広平型ラージは薪を自在に操りやすいユニフレーム。それぞれのベストバイな使い方をみていきましょう。
  • 厚さ1.5mmの超頑丈仕様
    タフ&イージーならスノピ推し
(画像クリックでアマゾンの購入ページが開きます)
<商品情報>
スノーピーク「焚火台」
公式価格:S 8600円、M 1万2600円、L 1万5600円(すべて税別)
オプション付きのスターターセットは価格が異なります。
公式サイトはこちら


逆四角錐のフォルムが美しいスノーピークの焚き火台「焚火台(S・M・Lあり)」。注目すべきは豪炎でも変形しない4枚のプレート。厚さ1.5mmは焚火台のなかでもトップクラスのスペックを誇ります。焚き火台のなかには使用していくうちに火で変形(湾曲など)してしまうものもありますが、スノーピークの焚き火台なら心配無用。何年も"ほぼ"その形のまま使えます。

★ヘビーデューティーな使い方がしたい! という人におすすめです。
ペタンと折りたためます
収納、設営が楽なのもスノーピーク焚火台のメリット。写真のようにペタンとしまうだけでOKで、使うときはパタっと広げるだけ。煩わしい組み立てがゼロなので、時短キャンパーにももってこいです。オプションなどを考えると、他の焚き火台よりも高くつきますが、一生モノと考えればありでは。
  • 燃焼効率はピカイチ
    井桁に薪を放り込むだけでOK
(画像クリックでアマゾンの購入ページが開きます)
<商品情報>
コールマン「ステンレスファイアープレイスⅢ」
公式価格:1万4553円(税込)
公式サイトはこちら


ステンレス素材で組まれた井桁スタイルが特徴的のコールマン「ステンレスファイアープレイスⅢ」。井桁のなかに網状の仕掛けが施されており、360度広範囲から風を取り入れることができます。そのため、薪の燃焼効率が非常に高く、薪の位置を都度調整せずに"ほったらかし"でもよく燃えます。また、井桁の高さが適度にあるため、追加の薪も放り込むだけでOK。雑に扱ってもよく燃える、それがコールマンの焚き火台です。

★キャンプファイヤーのような豪炎を楽しみたい! という人におすすめです。
薪が焚き火台の外に出ることもありません
薪が朽ち落ちて焚き火台の外に出てしまう、井桁式はそんな心配も無し。燃えやすいよう薪と薪を寄り添わして…なんてテクニックも不要。とにかく薪を入れればシンプルに燃えてくれます。

組み立て方の動画(コールマン ジャパン公式チャンネル)
  • シンプルイズベスト! そして安い!
    火加減のコントロールしやすさNo.1
(画像クリックでアマゾンの購入ページが開きます)
<商品情報>
ユニフレーム「ファイアグリル」
公式価格:6900円(税込)
公式サイトはこちら


一見して正方形の受け皿のように見えますが、じつは仕掛けが満載のユニフレーム焚き火台「ファイアグリル」。底面には風の通り道を設けるロストル(床)があり、薪への着火がスムーズです。また、脚のスタンドは取り外し可能。収納スペースをコンパクトにしてくれます。重量はこの3台のなかでもっとも軽い約2.7kg。値段は他と比べてグンと安い税込6900円。この価格は魅力的です。

★コスト重視! 軽さも大事! という人におすすめです。
この形状じゃなきゃ! という人もいるほど使い勝手ヨシ
薪が燃えやすいよう山型に揃えるなど、焚き火慣れが少々必要ですが、BBQグリルとしても併用できるので、"最初の焚き火台"として選ぶ人もけっこういます。
  • 焚き火は各社個性の見せ所
    他メーカーのものもまだまだあります
今回は焚き火台を選ぶうえでのメジャー3製品を紹介しました。どれも焚き火ビギナーを助けてくれる"機能や仕掛け"が施されており、扱いはとてもかんたん。これから焚き火台が欲しい! という人におすすめできるオール・ベストバイ製品です。

ですが、焚き火の世界は非常に奥が深く、この3製品以外にも多々、ほんとにたくさんの焚き火台があります。小さなソロキャンパー向け焚き火台、大皿のような焚き火台、かまどを彷彿とさせる焚き火などの個性派も。一生モノの焚き火台を選んだら、もうひとつの焚き火台は個性で選ぶ、そんな選択肢ももちろんアリです。
ソロ向け(おひとりさま)焚き火台
大皿スタイルの焚き火台

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [コンロ・焚き火台]
    【焚き火台おすすめ6選】マニアック? いやいや、キャンプの万能選手なんです
  • [バーベキュー用品]
    1ポンドステーキにかぶりつき! BBQの「手間なしゴージャス」化が止まらない!
  • [バーナー]
    男を上げる! コツすら不要のバーベキュー火おこし裏技
  • [バーベキュー用品]
    「BBQはコールマンを選んでおけば全員が幸せになる」説がガチである理由
  • [バーベキュー用品]
    焼肉名店「ゆうじ」がプロデュースした 炭火焼グリルのリアル感が飯テロすぎた!
  • [バーベキュー用品]
    肉がむちゃくちゃ旨く焼けると大評判 超うれてる「マイ鉄板」を試してみた
  • [バーナー]
    空き缶で作る、 ウルトラライトストーブの作り方。
  • [ランタン]
    Amazonで意外な人気!キャンプで役立つLEDランタン6選
  • [レジャーシート]
    「小さくて軽い」がすべてじゃない! コールマン“洗える寝袋”大絶賛のワケ
  • [レジャー用品]
    【どや顔必至】スピーカーなのか、ランタンなのか。その正体は……
  • [レジャー用品]
    迷ったら買っとく! アウトドア雑誌編集部が自腹で買ってる新定番11選
  • [チェア・ベンチ]
    大定番コールマンを超えた! ピクニックの主役は今日からこっちです
  • [チェア・ベンチ]
    コールマンだけじゃない! 公園をラウンジに変える絶品チェア【6製品格付け】
  • [レジャー用品]
    BBQの消耗品、100均で買っていいものダメなもの
  • [レジャー用品]
    【Amazonで揃います】運動会間近のお父さんお母さんに絶対おすすめの3選
  • [レジャー用品]
    【8製品格付け】打ち上げ花火、どれを買えばいいのか問題が解決しました
  • [フィールドギア]
    【1万円で大満足】買ってスグ飛ばして撮影できるドローン入門編
  • [外遊び用具]
    キャンプシーズン到来、さぁ準備!…で、まずは【100均】に行くべき理由
  • [レジャー用品]
    無印良品のアウトドアグッズで 軽自動車の「荷台狭い問題」を解決!
  • [フィールドギア]
    【検証済】レジャーのピンチを救う便利グッズ7選
  • [ハンモック]
    アウトドア初心者の私がドハマりした ハンモック最初の1枚は絶対コレ!
  • [レジャーシート]
    【さらばケツ痛】これはレジャーシートの革命です
  • [レジャー用品]
    テストする女性誌『LDK』編集長が ヒルナンデスで激推しした格安便利グッズ4選!
  • [チェア・ベンチ]
    【完璧すぎるチェア】チェアワンが 休日の公園で溺愛される理由