「お掃除不要」じゃなかったの…
後悔しないエアコン選びのキモ
2017年03月07日(火)
東 春樹
東 春樹/Test by 家電批評編集部
「お掃除不要」じゃなかったの…
後悔しないエアコン選びのキモ
人感センサー、自動おそうじ、省エネと、呪文のように唱えられるエアコンのスペック。わかった「つもり」ぐらいで買ってしまうと、思わぬ落とし穴に陥ることも…。高い買い物で後悔しないために、最低限知っておきたい選びのコツをご紹介します。
  • 最新のエアコンは何が違う?
    まずは「温度調整センサー」に注目
同じ「対応畳数(対応する部屋の広さのスペック)」でも、価格差に大きな開きがあるエアコン。高級機となると20万円オーバーもザラですが、一体どこに差があるのでしょうか? 実は一番の違いは目に見えない「温度調整センサー」にあります。
  • 安い製品は「吹き出し口」で温度計測
安い製品は吹き出し口など、エアコンに近い部分の温度で判断します。そのため、部屋全体の室温は正確に計測しづらく、偏った温度設定になりがちです。それほど暑くなくても冷風がゴーゴー吹いたり、広い部屋でイマイチ暖房が効きづらかったりするのはそのためです。
  • 高級機はセンサーの賢さが違う!
一方、最新機種は「人感センサー」「温冷感センサー」「日射センサー」など、様々な部分からデータを計測。部屋自体や人の温度を測って温度を調節できるので、冬場は暑すぎ、夏場はとくに寒すぎることもなく、ちょうどよい温度に保ってくれるんです。

また、暑いと感じている人を狙い撃ちしたり、逆に風を避けたりなどのアクションもセンサーによって制御できるという便利な商品がでています。人感センサーが搭載されている機器のクラスは各メーカー違いがあり、おなじクラスでも、メーカーによってセンサーの機能が違います。
  • センサー機能の違いを
    メーカー別に把握しよう!
  • ダイキン Fシリーズ
センサーよりも気流制御が非常に優秀です。設定温度になった後は、人に直撃させず部屋の空気が循環するように風を送ります。

  • 富士通ゼネラルXシリーズ
エアコン本体、リモコン、床の3つの温度を測って最適な風を送りますが、気流制御機能が搭載されているのは最上位のXシリーズのみです。

  • パナソニック Xシリーズ
これまでは人の在・不在を見極めて省エネ性を上げるセンサーが中心でしたが、最新機種は温冷間センサーも兼備でさらに快適になりました!

  • 三菱電機Pシリーズ
おなじみの「ムーブアイ」と強化版「ムーブアイ極」の2種類があります。人の体感温度を見張ってバランスを保ちます。中位機にも搭載されています。
  • 「自動おそうじ」の落とし穴
    実はお掃除、必要なんです!
もはや定番機能であるエアコンの「自動おそうじ」機能ですが、この機能があるからといってお手入れをほったらかしにしていいというワケではありません。日本ハウスクリーニング協会の方に話を聞くと、依頼を受けるエアコンのほとんどが「◯◯年おそうじ不要!」と謳っている製品であり、5年以上使っていると中身はホコリだらけだといいます。

特に送風口などは自動おそうじではカバーできず、汚れたままだと送り出される風は汚いままで、いくらセンサー機能が発達していても「カビ」を狙い撃ちで飛ばしてくるだけだということも。近年は「自動おそうじ」機能非搭載のほうが少なくなっていますが、価格重視であればこの機能は重視しなくてもOKです。
  • 自動おそうじの仕組み
自動お掃除機能って実は、フィルターを掃除するだけなんです。クリーニング業者の話では、むしろこの機能があることで、熱交換器や送風口にゴミが溜まりやすい原因だとか。

「おそうじ不要」のキャッチフレーズを鵜呑みにして、そのままにしておくと恐ろしいことに…。 
自動お掃除機能を信じて約5年…結果がこの有様です。
とくに送風口はホコリだらけ。これでは汚い空気が部屋に流れっぱなしです。
  • 業者に掃除を依頼しても高くなってしまいます!
自動おそうじ機能が搭載されている分、構造が複雑で、分解などに手間がかかります。そのため、掃除業者に頼んだ場合、通常のエアコンよりもかえって高くなってしまうなんてことも。
  • せめて送風口くらいはスポンジで掃除しておく
送風口は割り箸にスポンジをさして掃除するとうまくホコリを取ることができます。エアコン清掃を業者に頼む前にやっておきたい応急処置です。
  • ホントの省エネ製品選びは
    「達成率」より「APF」に注目
消費電力が高いエアコンにとって気になるのは省エネ性。各社こぞってカタログなどに「省エネ達成率」の文字をでかでかと掲載していますが、ほとんどの製品が達成率100%を超えており差がわかりづらいのも事実です。

そこでチェックしておきたいスペックは「APF(通年エネルギー消費効率)」です。エアコンの「燃費」のようなもので、数値が高いほど省エネになります。
ホームページやカタログではこのようにセットで書かれているケースがほとんど。最近は中位機あたりまでの省エネ性能は及第点と言えるスペックになっていますが、APF「6.5」を基準にして製品選びをしましょう。
  • 最上位モデルほど「APF」は高くなります
各メーカー最上位モデルは「APF」の数値が一番高くなっています。価格も高くなりますが、ランニングコストが抑えられるので、エアコンをガンガン使うという人は思い切って最上位モデルを選ぶのも一つです。
  • 快適で省エネ性も高い
    三菱「Zシリーズ」がおすすめ!
  • 三菱電機「霧ヶ峰 Zシリーズ」
(写真をクリックすると公式ページが開きます)
<製品情報>
三菱電機
霧ヶ峰 Zシリーズ
MSZ-ZW2817(10畳モデル)
サイズ・質量/W799×H295×D375mm・15kg 
消費電力/暖房:670W・冷房:540W 

センサー機能、省エネ性能などがバランスよく搭載されているのが三菱のエアコン。進化した「ムーブアイ極」が風あて、風除けを人の温度を測って使い分けるので、エアコンが苦手でも快適に使うことができます。

8つの要素から体感温度を測るセンサーが優秀。部屋を常時快適に保ってくれるので、「寒すぎる」「暑すぎる」ということもありません。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [エアコン]
    【冷房効率50%アップ】エアコンはフィルター掃除よりもっと先にするべきことがあった...
  • [エアコン]
    【安くて良いエアコン】1位は機能充実でこの価格! 2017夏の最新お値打ち度ランキング
  • [エアコン]
    【2017年版】最新エアコンランキング プロが選んだ今夏のベスト!
  • [エアコン]
    エアコンを買う前に知っておきたい 一番意味がない「自動おそうじ機能」はコレ!
  • [扇風機]
    【だから売れてるんです!】 2万円の扇風機を買っていい5つの理由
  • [サーキュレーター]
    部屋のジメジメを一発解消! 本当に買うべきサーキュレーター9選
  • [空気清浄機 花粉 ハウスダ...]
    結局刺される「蚊取り機能」ってどうなの? シャープ「蚊取空清」ガチレビュー!
  • [空気清浄機 花粉 ハウスダ...]
    花粉に負けない! 空気清浄機の失敗しない選び方
  • [空気清浄機 花粉 ハウスダ...]
    インフル、花粉、PM2.5対策にいかが? 無印良品 空気清浄機が超有能でした
  • [布団乾燥機]
    寒い冬でも隅々までぽっかぽか ふとん乾燥機の決定版です
  • [電気暖房]
    第3のヒーターは乾燥・温度ムラ・騒音ぜんぶナシ さらに電気代も安いスゴイ奴でした
  • [扇風機]
    【今年も完売】バルミューダ扇風機が 他より圧倒的に優れているのはココ
  • [懐中電灯]
    【100均で十分?】懐中電灯だけは 絶対1000円を出すべき理由
  • [洗濯機・乾燥機]
    【無理しない洗濯機選び】シャープ・パナは一歩及ばず。2017最新お値打ち度ランキング
  • [洗濯機・乾燥機]
    【洗濯乾燥機】ドラムは迷わず日立! タテ型なら実は…最新おすすめランキング2017夏
  • [ロボット掃除機]
    【ルンバ超えも】超優秀な掃除ロボットの超惜しいところ
  • [掃除機]
    【型落ちor最新】ダイソンで一番お値打ち& お買い得なモデルを徹底的に調べてみた
  • [アイロン]
    「しわくちゃのシャツが3分で復活する方法」試してみませんか?
  • [ロボット掃除機]
    最強のお掃除ロボ「ルンバ」が 格安Ankerに負けた2つのポイント
  • [掃除機]
    キャニスター掃除機6製品をテスト! 今なら断トツでパナソニックがおすすめ!
  • [洗濯機・乾燥機]
    「高いほど汚れが落ちる!」は間違い 後悔しないドラム式洗濯機の選び方
  • [掃除機]
    2万5000円のスティック掃除機で 毎日の掃除が楽しくなる!
  • [掃除機]
    「ダイソン以外ほしくない」人のための コードレスダイソン掃除機の賢い選び方
  • [掃除機]
    ダイソンスティック掃除機に ピッタリのスタンド見つけました!