キャニスター掃除機6製品をテスト!
今なら断トツでパナソニックがおすすめ!
2017年03月02日(木)
西尾 崇彦
西尾 崇彦/Test by 家電批評編集部
キャニスター掃除機6製品をテスト!
今なら断トツでパナソニックがおすすめ!
スティック型やロボット型に押され気味の紙パック式キャニスターですが、扱いやすさ、ゴミ捨てのしやすさ、コストパフォーマンスなどなど利点は多いです。中でもパナソニックのMCーPK17Gは、今もっともお買い得な掃除機なんです!
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • 隠れた名機パナソニック
    MC-PK17Gは私が今
    一番おすすめしたい掃除機です!
かつて掃除機といえば、紙パックのキャニスター型掃除機でしたが、今やコードレスタイプのスティック型掃除機や、ロボット掃除機などが全盛。「掃除機がほしい」という人も、キャニスター式掃除機は候補ではないかもしれません。

しかし、このパナソニックのMC-PK17Gはいろんな意味で今一番360.lifeがおすすめしたい掃除機です。

ちなみに、繰り返しになりますが本記事はパナソニックの広告ではございません。パナソニックさんからは1円もいただいておりません(笑)。ガチ検証の結果による結論です。
パナソニック
MC-PK17G
実勢価格:2万800円
  • 軽くて、よく吸い、その上安い!
    弱点がほとんどないんです
今回、パナソニックをはじめ、東芝、日立、ダイソン、三菱といった以下の計6台のキャニスター掃除機を並列テストしました。本記事では、ベストバイになったパナソニックの詳細結果をレポートします。その他の各製品の詳細結果については近日中に公開しますので、しばしお待ちください。
それでは、パナソニックのテスト結果をレポートしていきます。
まず、絨毯、フローリング、畳でのゴミ吸引テストから。本テストでは、[ファブリンクサンド:50g、クリアビーズ:20g、紙屑(シュレッダー片)、毛糸(3cmと10cm)]からなる混合ゴミを撒いてヘッドを1往復させて、ゴミの取り残しを調べました。
まずは絨毯から。
1往復だけでここまでキレイになりました。砂やビーズをしっかり取り除けたのはこの機種だけ。紙片の取り残しはありましたが、これは立派です。
つぎにフローリング。こちらでも1往復するだけで、細かい砂も残さず取り切れました。
同じく畳もほぼ完璧でした。ただ、こちらはヘッドのサイドの毛糸だけ吸いきれませんでした。
さらに、壁際のゴミをテスト。壁に沿って掃除した場合も、
垂直に掃除した場合も、ゴミ取りはほぼ完璧でした。
パナソニックのMC-PK17Gは、本体2.7Kgと紙パック式の中ではかなりの軽量・小型です。さらに自走ヘッドで押す力を上手にアシストしてくれるので、掃除をするのが非常にラクでした。
こちらがヘッドの裏側。髪の毛の巻き込みが少ない点もグッドです。
  • 日本の総合家電メーカー
    細かいところがさすがです
斬新な機能は無いもののハンドル部の操作ボタンなど細部も使いやすく、総合家電メーカーのノウハウが感じられました。
スイッチは強と標準/弱の切り替えが独立しているため、切り替え時に間違いにくくなっています。
階段の上り下りが苦痛という紙パック掃除機にありがちな不満も、持ちやすいこの機種ならある程度解消できます。
ブラシは足で脱着できるため、屈まなくても取り外せるのがパナソニック機の特長です。これができるから「パナソニックの掃除機だ~いすき!」という人は多いです(例えば、私の母親とか)。
サイクロンとか、ロボット掃除機とか色々試すと、一周まわって紙パックがいかに簡単なゴミ捨て装置だったかを実感できます。ゴミ捨て時に溜まった埃を見なくて済むのも◎です。
  • [結論]2万円以下で買える
    今がホントにお買い得です
MC-PK17Gには、後継の18Gが発売されており、少しでも新しいモノが欲しいという人は、もちろんそちらでも良いですが、大きな機能追加はないので、価格コムの最低価格で2万円を切るこちらの型落ちこそ本サイトのベストバイです。

仕事がら色んな掃除機を使いましたが、MC-PK17Gは、いま一番、普通でちゃんと掃除ができて、リーズナブルな掃除機です。本当にお買い得だと思います。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [掃除機]
    【コードレス掃除機】軽いは正義。シャープの型落ちがスーパーサブに最適です
  • [掃除機]
    Amazonで安くても「買ってはいけない」モノ3選
  • [掃除機]
    目からウロコ! クルマ掃除には“スティック型”が超ピッタリでした
  • [掃除機]
    大本命ダイソンに真っ向勝負を挑む“シャークニンジャ”の勝算は?
  • [掃除機]
    吸引力を復活させる“意外なアレ”、ご存知ですか?[掃除機の裏技3選]
  • [掃除機]
    [ダイソンキラー]北米を震撼させた“ニンジャ”の良いとこダメなとこ完全公開
  • [掃除機]
    「布団? 干したくても干せないの!」…ならAmazonのコレがおすすめです
  • [掃除機]
    Amazonベストセラー脱落!? 格安掃除機に意外なニュースター登場です
  • [掃除機]
    Amazon売れ筋2位の掃除機が、5年売れ続ける理由
  • [掃除機]
    【2018年】マキタのコードレス掃除機おすすめランキング10選!
  • [掃除機]
    コードレス掃除機おすすめランキング10選! 人気ブランド全部試した本音評価
  • [掃除機]
    ダイソン派は見ないでください。無印スティック掃除機をマキタと比べた結果…
  • [掃除機]
    【スティック掃除機】国産メーカーの本気で「ダイソンキラー」なるか?
  • [掃除機]
    逆転の発想、「吹く」掃除機がスキマのホコリを逃しません
  • [掃除機]
    【ダイソン】コードレス掃除機はV10が最強? 型落ちV8がお値打ち? 失敗しない選び方
  • [掃除機]
    ダイソン派は見ないでください。安くて働きモノな“型落ち掃除機”BEST3
  • [掃除機]
    【現地取材】ジェームズ・ダイソンに聞く「ロボット掃除機どうなった?」
  • [掃除機]
    【ケルヒャー】吸引力より手軽さ重視。世界一メンドクサくない掃除機…かもしれません
  • [掃除機]
    ダイソンの本気! テストでわかった新製品「V10」最強吸引力の秘密
  • [掃除機]
    【連載“ダイソンの真実”第1回】今さら聞けない、どんなメーカー?
  • [掃除機]
    「使い勝手に全力投球」した東芝の掃除機がコチラです
  • [掃除機]
    リビング掃除は「ルンバ+マキタ」が超おすすめな理由
  • [掃除機]
    マキタのコードレス掃除機で一番おすすめの型番はコレ!
  • [掃除機]
    【家電】どうして国産買わないの? 海外メーカーの方が受け入れられている理由