人気こいくち & 減塩しょうゆ
20製品おすすめ本音ベストランキング①
2017年03月02日(木)
木村 大介
木村 大介/Test by LDK編集部
人気こいくち & 減塩しょうゆ
20製品おすすめ本音ベストランキング①
毎日使うのにスーパーで買うときは「いつものアレ」。ちゃんとお気に入りがあるなら何もいうことはありませんが、もしなんとなく選んでいるなら、この機会に乗り換えてみるのはいかがでしょう? 今回は大手スーパーで購入しやすい「こいくち」と「減塩」の各しょうゆ20製品を一斉検証、本当においしい製品を選びます!
  • [まずは基本から]原料を見れば
    味の方向性が見えてきます!
ランキング発表の前に、ちょっとだけしょうゆの基本をご紹介します。

しょうゆの原材料である大豆には実は2種類あります! 大豆から油を抜いた「脱脂加工大豆」と大豆そのままの「丸大豆」、「大豆」。多くの場合、この原料の違いがしょうゆの味の方向性に影響します。
脱脂加工大豆だとスッキリ系。塩気をストレートに感じるキレのある味になります。
対して丸大豆はまろやか系と言われており、やわらかい丸みのある味わいのしょうゆになるのが特徴です。
このように、しょうゆはラベルを見れば味のおおよその方向性はわかるんですね。

今回はそういったラベルチェックに加えて、料理家の渡貫卓也さん、料理家の風間章子さん、スーパーエコごはん研究家の桃世真弓さんという食のプロ3名に全製品、実食を依頼。実際の味の傾向やバランスを評価いただきました。
実食は、そのままの状態と香りが立ちやすいお湯割りの、2つの方法で行いました。

最終的に、味50点、香り20点、使い勝手20点、コストパフォーマンス10点の計100点満点で採点をして、ランキングを作成しました。それでは、早速ランキングを発表していきたいと思います。

まずは、こいくち部門から発表です!
  • [第1位]ヒゲタ本膳 生
    確かなキレとコクが最大の魅力!
スッキリしていて爽やかな塩気とキレがあります。それなのにコクも感じられてカドがないやわらかな味わい、とバランスが絶妙なんです。白身魚など淡白な味の素材にこそ使いたい一本です。コスパが0点にも関わらず総合点1位。その実力をぜひお試しください。なお、各商品の文末にスッキリ系かまろやか系を記しますので、こちらも参照ください。本製品は、「スッキリ系」です。
ヒゲタ
本膳 生
実勢価格:286円/200ml
食塩相当量:2.3g/15ml
100mlあたりの価格:143円
(※製品画像をクリックするとアマゾンの商品ページが開きます。)
  • [第2位]ヤマサ特選有機しょうゆ
    有機栽培の大豆に感激!
有機丸大豆使用で丸みのある味わいは実に上品。濃厚でコクもあり、どんなお料理にも合うと識者は絶賛でした。しょうゆ本来の香りもたっぷりです。店頭では白い袋に入って売られています。まろやか系。
ヤマサ
特選有機しょうゆ
実勢価格:265円/500ml
食塩相当量:2.3g/15ml
100mlあたりの価格:53円
  • [第3位]ヤマサしょうゆ
    常備したいお徳用の1本!
関東の日本料理店ではかなりのシェアを持つという実力派のヤマサ。徳用サイズも十分なおいしさでした。しょうゆの用量が多い料理で使いたくなる濃い口系。スッキリながら甘みも感じます。スッキリ系。
ヤマサ
しょうゆ
実勢価格:192円/1000ml
食塩相当量:2.4g/15ml
100mlあたりの価格:19.2円
  • [第4位]キッコーマン いつでも
    新鮮しぼりたて丸大豆生しょうゆ
4位はキッコーマンの「いつでも新鮮しぼりたて丸大豆生しょうゆ」です。味も香りもバランスよく好評でしたが、とりわけその美しい色に識者たちも感嘆の声をあげました。色が本当に鮮やか。しっかりした塩気があり、食卓で料理にちょいがけするのにピッタリです。まろやか系。
キッコーマン
いつでも新鮮しぼりたて丸大豆生しょうゆ
実勢価格:305円/450ml
食塩相当量:2.5g/15ml
100mlあたりの価格:67.7円
  • [第4位]キッコーマン いつでも
    新鮮しぼりたて これぞスッキリ系!
色が澄んでいて見た目も味もスッキリした印象でした。キレのよさが光る一品といえます。食卓に常備しておくのがオススメ。素材本来の味を引き立てるような使い方をしましょう。スッキリ系。
キッコーマン
いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ
実勢価格:286円/450ml
食塩相当量:2.4g/15ml
100mlあたりの価格:63.6円
  • [第6位]キッコーマンしょうゆ
    コスパがバツグンの超定番!
口にするとまず塩気を感じるスッキリ系の味わい。コスパ◎だけど昔ながらの味は誰の口にも合う実力派といえます。煮物にも焼き物にも使えます。キッチン棚に一本あると便利です。スッキリ系。
キッコーマン
いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ
実勢価格:246円/1000ml
食塩相当量:2.4g/15ml
100mlあたりの価格:24.6円
  • [第7位]キッコーマン
    特選丸大豆しょうゆ
まろやかな味わいの中にちゃんと塩気もあって、味と香りのバランスがバツグンです。あらゆる料理に使える万能さがありました。おふくろの味の煮物を作りたいと思ったらコレ! まろやか系。
キッコーマン
いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ
実勢価格:321円/1000ml
食塩相当量:2.5g/15ml
100mlあたりの価格:32.1円
  • [第8位]セブンプレミアム
    特選丸大豆しょうゆ
個性はないけれど普通においしく、香りのよいしょうゆ。さすがセブンプレミアムといった安定感で何にでも使えそう。煮物や焼き物、いつもの料理の下支えになってくれる便利な調味料です。まろやか系。
セブンプレミアム
特選丸大豆しょうゆ
実勢価格:192円/1000ml
食塩相当量:2.4g/15ml
100mlあたりの価格:19.2円
  • [第8位]今回の最安値
    トップバリュが大健闘
お値段は本当に大丈夫?ってぐらい安いしょうゆだけど、安心して使えるレベルと食のプロも声をそろえました。とにかくコスパがよいから、お財布にやさしいPB製品です。スッキリ系。
トップバリュ
上級しょうゆ
実勢価格:98円/1000ml
食塩相当量:2.5g/15ml
100mlあたりの価格:9.8円
  • [第10位]ヒゲタ本膳 超特選
    高級感があり刺身に◎
風味がよく、食卓にあると気分も上がるほどの高級感を感じました。香りが強いので刺身との相性がバツグン。なかでもマグロなど赤身のお魚と一緒にいただくと贅沢なひとときを送れそうです。スッキリ系。
ヒゲタ
本膳 超特選
実勢価格:286円/200ml
食塩相当量:2.4g/15ml
100mlあたりの価格:143円
  • [第10位]西友 お墨付き
    PBだけど味は合格点
1リットルの西友PBは「 本当に平均的な味わい」、という評価でした。塩分とコクのバランスもよくてコスパもいいので普段使いにはこれでもバッチリです。毎日大量に使う大家族にオススメです! まろやか系。
西友
みなさまのお墨付き特選丸大豆しょうゆ
実勢価格:253円/200ml
食塩相当量:2.4g/15ml
100mlあたりの価格:25.3円
  • [第10位]トップバリュ
    本醸造特級丸大豆しょうゆ
    
驚きの安さだけど、丸大豆の旨味もまろやかさもコクも安心できる味わいでした。色が薄いわりに香りも強いです。素材の色合いを生かしたい上品な煮物に使い勝手のよい一本です。まろやか系。
トップバリュ
本醸造特急丸大豆しょうゆ
実勢価格:158円/1000ml
食塩相当量:2.4g/15ml
100mlあたりの価格:15.8円
  • [第13位]ヤマサ鮮度の
    一滴超特選しょうゆ
食卓に置くには不向きな鮮度キープタイプのパッケージだけど、慣れると便利という声も。味の方は、爽やかで塩気をしっかりと感じる濃厚さなので煮物などに利用するのがオススメです。スッキリ系。
ヤマサ
鮮度の一滴超特選しょうゆ
実勢価格:235円/400ml
食塩相当量:2.5g/15ml
100mlあたりの価格:58.8円
  • [第14位]ヤマサ鮮度の一滴
    樽仕込み丸大豆しょうゆ
    
パッケージは独特だけど味はきっちりとした伝統的なこいくちしょうゆ。非常にまろやかなので、麺つゆなど調味料の風味をしっかり生かせる料理に使うと高級感のある味わいを楽しめそう。まろやか系。
ヤマサ
鮮度の一滴樽仕込み丸大豆しょうゆ
実勢価格:300円/400ml
食塩相当量:2.4g/15ml
100mlあたりの価格:75円
  • [第15位]カネモリ醤油
    七年熟成木桶しょうゆ
これは個性的、と識者が驚いた一本。成城石井で買ったので期待したのだけど、エグミのある味は万人向けではありませんでした。ただ、好きな人は好きなはず。生卵や刺身などにちょい掛けが◎。まろやか系。
カネモリ醤油
七年熟成 木桶しょうゆ
実勢価格:515円/150ml
食塩相当量:2.7g/15ml
100mlあたりの価格:343.3円
  • [まとめ]そんなに差が出るの? 
    ハイレベルながら差が出ました
そんなに差が出るの? 正直半信半疑で臨んだしょうゆの検証でしたが、製品による味の違いは明確でした。ただ、さすが我が国伝統の調味料だけあってどれも高品質でした。

安定した美味しさの商品が並ぶなかで上位に入った製品はワンランク上の味。どれも目を見張る部分があり、美味でした。

特に上位の製品はいずれも胸を張ってオススメできる優秀な調味料です。今回いろいろ試して思ったのは、〝普段使い用〟と〝お気に入り〟の2種を持っていると、毎日の食卓が華やぐということ。料理や気分に合わせてしょうゆを使い分けるのがオススメです。
  • 今回のランキングの
    決定方法は以下の通りです
今回はイオン、イトーヨーカドー、西友の大手3社の店頭をチェックし多く流通している品をチョイス。加えてPBや成城石井にある製品も比較しました。

検証は料理家の渡貫卓也さん、スーパーエコごはん研究家の桃世真弓さん、料理家の風間章子さんという食のプロ3名が、そのままの状態とお湯で割った状態でじっくり味を確かめて細かくポイント化、100点満点で評価しました。
評価項目

味(50点満点)……塩気のバランスとコクをそれぞれ採点
最重要ポイントの味は、塩気のバランスとコクを数値化してその合計を算出。なお、50点のうち、バランスを25点、コクを25点として採点しています。

香り(20点満点)……味の次に気になる香りも点数化
しょうゆは香りも大事な要素です。こちらもひとつひとつチェック。

使い勝手(20点満点)……どんな料理に合うかもチェックしました
調味料としての使い勝手を検討。どんな料理に合うかも聞いてみました。

コスパ(10点満点)……100mlあたりの価格を算出
激安品も多いジャンルなので、価格もチェック。コスパとして点数化。

人気こいくち & 減塩しょうゆ20製品
おすすめ本音ベストランキング② 
減塩しょうゆ編は
近日公開予定。乞うご期待!