日本で唯一の専門誌「家電批評」読者が選んだベストバイがコチラ
2018年01月02日(火)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
日本で唯一の専門誌「家電批評」読者が選んだベストバイがコチラ
今年も多くの家電が発売されました。その中でも特に消費者目線で人気の高かった製品、気になりませんか?「家電批評」では、ハガキとwebの読者アンケートを実施し、読者の皆様の「ベストバイ」を調査。1位から5位までに選ばれた製品と、注目製品を合わせてご紹介します。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 投票者の1割強が購入!
    やっぱり欲しい「iPad Pro」
読者ハガキの中で圧倒的な票数を獲得したiPad Pro。家電批評の記事がきっかけで購入した読者も多く、出先での文書作成マシンとして、電子書籍リーダーとして、動画鑑賞端末としてなど、さまざまな面で高い評価を受けていました。
Apple
iPad Pro
実勢価格:7万5384円(10.5インチ)
  • 購入難民続出も満足度高し!
    ゲーム好きが推す「Nintendo Switch」
発売から半年以上経っても品薄状態が続くNintendo Switchですが、購入できた人の満足度はすごく高いようです。場所を選ばず遊べることでゲーム好きに好評なほか、「マリオ」などの任天堂タイトルの人気も大きな勝因だと思われます。
任天堂
Nintendo Switch
実勢価格:4万1000円
  • 大画面で「プライムビデオ」を堪能!
    便利さに大満足の「Fire TV Stick」
Amazonの動画配信サービス・プライムビデオを、パソコンだけでなくテレビでも視聴可能にするのが、このFire TV Stickです。プライムビデオ限定のコンテンツを、大画面で楽しみたいという読者に人気でした。
Amazon
Fire TV Stick
実勢価格:4980円
  • 安いのに使い勝手良好!
    格安キャリアスマホ「Galaxy Feel」
Galaxy Feelは、ドコモの通信料金が毎月ずっと1500円割引になるプラン「docomo with」の対象端末です。お手頃価格はもちろんですが、家電批評編集のテストでもバッテリー性能が1位になるなど、端末自体の使い勝手も十分とあって、読者の支持を集めました。
サムスン/ドコモ
Galaxy Feel
実勢価格:3万6288円
  • サービス面での評価は断トツ!
    充実コンテンツの「Amazon Prime」
Fire TV Stickの説明でも触れたプライムビデオなど、さまざまなコンテンツや便利なサービスを年間たった3900円で楽しめるAmazon Prime。読者からは「安い」という評価が多数寄せられ、「間違って入ったが、非常に満足しています」との声も。
Amazon Prime
実勢価格:3900円/年
  • 美味しく焼けて煙の出ない
    「焼肉プレート」
ここからは、ベスト5以外での注目製品を紹介していきます。

まずはこちらの焼肉プレート。火力があるのに煙は出ない製品で、薄い肉を焼くことに特化しています。自宅でも美味しい焼肉を楽しみたい方に大人気です。
イワタニ
やきまる GB-SLG-1
実勢価格:5750円
  • イヤな臭いがしない
    「生ごみ処理機」
続いてご紹介するのは生ごみ処理機。乾燥させることで、短時間で生ごみの量を減らせます。しかも、処理中は一切臭いナシ。家電批評編集部も感動した一品です。
島産業
パリパリキューブライト
実勢価格:2万1615円
  • ゲーム以外にも活躍する
    「PlayStation 4」
PSVRモードなど、新たな機能で再注目されているPlayStation 4。読者からは、nasneと組み合わせたり、ブルーレイを再生したりといったレコーダー的な活用法も多く聞かれました。マルチエンタメマシンと呼ぶのにふさわしい、人気製品です。
SCE
PlayStation 4
実勢価格:3万890円
  • 安くてお手軽な
    「トイレリフォーム」
こちらの製品は、後付けの温水洗浄便座。価格は1万円台、取り付け所要時間は1時間程度というお手軽感もあって、Amazonレビューでも高評価を受けています。
東芝
SCS-T160
実勢価格:1万4730円
  • ダニ対策にオススメの
    「布団乾燥機」
最後にご紹介するのは、360.lifeでも大反響だったこちらの布団乾燥機。3タイプの機種で検証した結果、ダニに効く「完全密封」ができたのは、マットタイプのこの製品だけでした。
三菱電機
AD-X80
実勢価格:1万6930円

ここまで、読者が選んだベストバイ上位5製品とピックアップ製品を見てきましたが、最後に読者からの票を集めた「人気メーカー」と「人気ジャンル」をチェックしましょう。メーカー人気1位は、自転車から歯ブラシまで幅広いジャンルでノミネートされたパナソニック。ジャンルとしては、1位を獲得したタブレットのほか、ラジオや扇風機なども人気でした。

個性豊かな製品が揃った、2017年の「読者が選んだベストバイ」。来年はどんなラインナップになるのか、今から楽しみですね。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [タブレット本体]
    安いだけじゃない! Amazon大定番の買うべき逸品がこちらです
  • [タブレット本体]
    iOS11で「iPadのパソコン化計画」が一気に進んだ5つの理由
  • [タブレット本体]
    【ヨドバシ店員に聞いた】iPadが今売れている3つの理由
  • [タブレット本体]
    どんどん増える「iPad兄弟」知っておくべきホンネの選び方
  • [タブレット本体]
    現役の成蹊大教授が授業にiPadしか使わない理由
  • [タブレット本体]
    生粋のMacユーザーが「iPad Proバカ」になった3つのポイント
  • [タブレット本体]
    【断言】この方法なら書類がなくなるはずがない
  • [タブレット本体]
    生粋の「iPadバカ」が今、あえて「mini4」を使い続ける理由
  • [タブレット本体]
    意外と知らない「iPadの補償」ベストな選択は?
  • [タブレット本体]
    【型落ちiPad】買って良いモデル、ダメなモデル
  • [タブレット本体]
    iPad絶好調!…でもSIMフリーならアンドロイドが買いの理由
  • [タブレット本体]
    【iPad Pro】どっちが正解? 「10.5 or 12.9」天下の分け目はココでした!
  • [タブレット本体]
    2万円以下のタブレットを買っていい人、ダメな人
  • [タブレット本体]
    【日本限定Kindle】のマンガモデルを 書籍派でも買うべき理由
  • [タブレット本体]
    新iPad Pro発表の裏で 「無印iPad」の存在価値が急騰中です
  • [タブレット本体]
    iPad miniの独壇場はもう終わり! 8インチの新本命が買い時です
  • [タブレット本体]
    新iPad登場でも揺るがない 「ZenPad」が最高コスパの理由
  • [タブレット本体]
    Kindle選びに迷ったら、 迷わずPaperwhiteでOK!
  • [タブレット本体]
    最安タブレット「Amazon Fire」の 最大の弱点をかき消す裏ワザ
  • [タブレット本体]
    17台のランキングで堂々1位! “無敵の完成度”をほこる最強タブ!
  • [タブレットアクセサリー]
    知ってる人だけトクしてる、iPadが大変身する“ちょい足しワザ”総集編
  • [タブレットアクセサリー]
    「スマホどこ?」問題を解決する、意外すぎる有能グッズ8選
  • [タブレットアクセサリー]
    格安iPadに「ちょい足し」したらProを買うより大変身
  • [タブレットアクセサリー]
    【悲劇を生まない】お風呂iPadの救世主がコチラです