ビール缶潰しの正解は
「真上から踏む」でした
2017年02月28日(火)
浅沼 伊織
浅沼 伊織/Test by MONOQLO編集部
ビール缶潰しの正解は
「真上から踏む」でした
たまっていくビールの空き缶は、こまめに潰せば省スペースです。そこでオススメしたいのが、「空き缶潰し」。本サイトの一押しは、旭電機化成の「ペットボトル」潰しでした。
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • ビール大好きなら
    1つ持っていると幸せに
ビール党が悩む「空き缶をどうするか」問題。手でつぶすには限界があり、飲めば飲むほど、空き缶がたまっていきますよね。

まあ、ゴミをこまめに捨てれば解決するのはわかっていますが、もっと手っ取り早く解決する方法はないものか?

ということで、今回は缶潰しにフォーカス。売り場で目立つ売れ筋3製品を比較しました。たかが缶潰し、されど缶潰し。製品ごとにメリット・デメリットがありました。
  • 「踏みつぶす」が一番簡単
    ベストバイは旭電機化成
今回の検証では、旭電機化成の「スマイルキッズ
ペットボトルつぶし」が本当に手軽かつ、綺麗に潰せました。
旭電機化成
スマイルキッズ ペットボトルつぶし
実勢価格 1500円
ペットボトル潰しとありますが、ビール缶もちゃんとぺしゃんこにすることができました。比較した3製品の中では一番「踏む力」は必要でしたが、手間なくキレイに潰すには、コレが一番。ベストバイに認定します。
では、実際の缶潰しの様子をご紹介します。まずはこの缶を、
このようにセットして、
真上から足で、
一気に踏むと、
この通り。
ぺしゃんこになりました。続いて、
ペットボトルも同様に、
セットして踏みます。
このように簡単に潰れました。

真上から力をぐっといれることで、しっかりぺしゃんこに。踏み板の裏は凹凸になっており、缶が滑ることもありませんでした。

確実かつ、カンタンに潰せる缶潰しは旭電機化成の「スマイルキッズペットボトルつぶし」に決定です!
  • 満天社カンクシャポイは
    潰れるけれど手間がかかります
続いて、満天社のカンクシャポイ。「潰れる」という点では、今回の3製品の中で一番でした。「とにかく潰れるやつが欲しい」ということであればアリです。

ただし、「ねじって」から「潰す」という2ステップが必要で、少々手間です。一度に空き缶をいくつも潰す必要がある場合は、向いていないでしょう。
満天社:カンクシャポイ:缶潰し:缶つぶし:空き缶
まず最初に内側のケースにセットして、
満天社:カンクシャポイ:缶潰し:缶つぶし:空き缶
上から手で押します。
満天社:カンクシャポイ:缶潰し:缶つぶし:空き缶
すると缶にねじり跡がつきます。
満天社:カンクシャポイ:缶潰し:缶つぶし:空き缶
再び本体にセットして、再度上から押すことで、完全に潰すことができます。
  • 「マルチプレス」は簡単ですが
    縦面での潰しが基本です
ぺんてるの「マルチプレス KPM1」は重厚な作りで簡単に潰せるという意味で良い商品です。また、これまでの2製品はアルミ缶用でしたが、こちらの商品はスチール缶も対象になっているので、オールマイティを求める方は、こちらの商品をおすすめします。

一方で、縦面で潰すので、他より缶があまり小さくならないという点と、潰したあとに上面につくことがあり、それをとるのが少々手間だったという点はお伝えしておきます。あと、本製品は重量3kg(だからこそ、カンタンに缶を潰せるのですが)と、これ自体の存在感もなかなかですので、その点も予め知っておいていただくと良いかと思います。
ぺんてる:マルチプレス:KPM1:缶潰し:缶つぶし:空き缶
缶をこのようにセットして、
ぺんてる:マルチプレス:KPM1:缶潰し:缶つぶし:空き缶
上から足で踏んで、
ぺんてる:マルチプレス:KPM1:缶潰し:缶つぶし:空き缶
潰します。
ぺんてる:マルチプレス:KPM1:缶潰し:缶つぶし:空き缶
このように、簡単にぺったんこになります。ただし、缶を真上から潰すよりも面積は大きくなります。
また、こんな感じで、上面にくっついてしまう場合もありました。

ぺんてる
マルチプレス
実勢価格:2909円
  • 缶潰しをする前は
    中身がないか確認を
3製品を比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。それぞれにメリット・デメリットがありますので、参考にお選びください。日頃のビール缶を潰すくらいなら旭電機化成の「ペットボトルつぶし」、スチール缶も潰す必要があるなら「マルチプレス」をおすすめします。

いずれの商品にもいえることですが、中にビールなどが残ってると、潰した際に流れ出る可能性があるので注意が必要です。できれば屋外で使うか、すこし缶を乾かすことをおすすめします。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [掃除道具]
    庭の雑草対策にオススメ! ギザ刃でヒョイヒョイ引っこ抜くスゴい道具がこちら
  • [掃除道具]
    知ってた? 黒ずみ落としの黄金比率は「重曹1+アレ1」でした
  • [掃除道具]
    マジックリン? カビキラー? 湯アカ汚れは“アレ”の方が効果テキメンなんです
  • [掃除道具]
    ベランダにレモン!? じつはこれが“劇的キレイ”の近道でした
  • [掃除道具]
    いきなり水拭きはNG! 換気口には "正しい" 手順があるんです
  • [掃除道具]
    「こすっても落ちない…」カベの黒ずみをラク~にキレイにする方法はコチラです
  • [掃除道具]
    「ダスキン」が作ったお掃除道具がお家でオフィスで大活躍!
  • [掃除道具]
    コレさえあれば、普通のティッシュがいつでもウェット化します
  • [掃除道具]
    玄関の掃除がたいへん…なら“収納グッズ”で解決するのが大正解なんです
  • [掃除道具]
    【ふとん干し用シート】Amazon人気4製品を比較。“ラクチン度”が段違いでした!
  • [掃除道具]
    窓掃除に“クルマ用のアレ”がめっちゃ効果アリ…ってご存知でしたか?
  • [掃除道具]
    「玄関いつもキレイですね」って言われる"お手軽"ヒミツ兵器
  • [掃除道具]
    達成感ハンパない! 「Amazon×業務用」が有能すぎでした
  • [掃除道具]
    掃除の仕上げはティッシュよりも断然「コレ」がベストな理由
  • [掃除道具]
    油汚れが水ナシでピッカリ! マイクロファイバー製クロス、おすすめ5選
  • [掃除道具]
    コスパ最強! ダイソーの“アレ”が最高評価になった理由【6製品比較】
  • [掃除道具]
    100均じゃ高い! お掃除てぶくろは“1枚10円以下”でイイもの揃います
  • [掃除道具]
    「あえて放置」カビ、サビ、ヘドロ…を撃退する効率の良い方法
  • [掃除道具]
    「これ楽だわ」大掃除の前に知っておいて良かったアイデア5選
  • [掃除道具]
    ベランダ汚れがみるみる落ちてく魔法の液体の作り方
  • [掃除道具]
    「サボっていたあなたへ」1年分の汚れを落とす最強クリーナー1位は…
  • [掃除道具]
    「オセロみたい」鍋の焦げが劇的にキレイになる方法
  • [掃除道具]
    知ってた? テレビのホコリ掃除は払うだけだと逆効果かも
  • [掃除道具]
    玄関掃除の「メンドクサイ」解決!スマートすぎるグッズの正体とは?