ビール缶潰しの正解は
「真上から踏む」でした
2017年02月28日(火)
浅沼 伊織
浅沼 伊織/Test by MONOQLO編集部
ビール缶潰しの正解は
「真上から踏む」でした
たまっていくビールの空き缶は、こまめに潰せば省スペースです。そこでオススメしたいのが、「空き缶潰し」。本サイトの一押しは、旭電機化成の「ペットボトル」潰しでした。
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • ビール大好きなら
    1つ持っていると幸せに
ビール党が悩む「空き缶をどうするか」問題。手でつぶすには限界があり、飲めば飲むほど、空き缶がたまっていきますよね。

まあ、ゴミをこまめに捨てれば解決するのはわかっていますが、もっと手っ取り早く解決する方法はないものか?

ということで、今回は缶潰しにフォーカス。売り場で目立つ売れ筋3製品を比較しました。たかが缶潰し、されど缶潰し。製品ごとにメリット・デメリットがありました。
  • 「踏みつぶす」が一番簡単
    ベストバイは旭電機化成
今回の検証では、旭電機化成の「スマイルキッズ
ペットボトルつぶし」が本当に手軽かつ、綺麗に潰せました。
旭電機化成
スマイルキッズ ペットボトルつぶし
実勢価格 1500円
(※製品画像をクリックするとアマゾンの商品ページが開きます。)

ペットボトル潰しとありますが、ビール缶もちゃんとぺしゃんこにすることができました。比較した3製品の中では一番「踏む力」は必要でしたが、手間なくキレイに潰すには、コレが一番。ベストバイに認定します。
では、実際の缶潰しの様子をご紹介します。まずはこの缶を、
このようにセットして、
真上から足で、
一気に踏むと、
この通り。
ぺしゃんこになりました。続いて、
ペットボトルも同様に、
セットして踏みます。
このように簡単に潰れました。

真上から力をぐっといれることで、しっかりぺしゃんこに。踏み板の裏は凹凸になっており、缶が滑ることもありませんでした。

確実かつ、カンタンに潰せる缶潰しは旭電機化成の「スマイルキッズペットボトルつぶし」に決定です!
  • 満天社カンクシャポイは
    潰れるけれど手間がかかります
続いて、満天社のカンクシャポイ。「潰れる」という点では、今回の3製品の中で一番でした。「とにかく潰れるやつが欲しい」ということであればアリです。

ただし、「ねじって」から「潰す」という2ステップが必要で、少々手間です。一度に空き缶をいくつも潰す必要がある場合は、向いていないでしょう。
まず最初に内側のケースにセットして、
上から手で押します。
すると缶にねじり跡がつきます。
再び本体にセットして、再度上から押すことで、完全に潰すことができます。
  • 「マルチプレス」は簡単ですが
    縦面での潰しが基本です
ぺんてるの「マルチプレス KPM1」は重厚な作りで簡単に潰せるという意味で良い商品です。また、これまでの2製品はアルミ缶用でしたが、こちらの商品はスチール缶も対象になっているので、オールマイティを求める方は、こちらの商品をおすすめします。

一方で、縦面で潰すので、他より缶があまり小さくならないという点と、潰したあとに上面につくことがあり、それをとるのが少々手間だったという点はお伝えしておきます。あと、本製品は重量3kg(だからこそ、カンタンに缶を潰せるのですが)と、これ自体の存在感もなかなかですので、その点も予め知っておいていただくと良いかと思います。
缶をこのようにセットして、
上から足で踏んで、
潰します。
このように、簡単にぺったんこになります。ただし、缶を真上から潰すよりも面積は大きくなります。
また、こんな感じで、上面にくっついてしまう場合もありました。
  • 缶潰しをする前は
    中身がないか確認を
3製品を比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。それぞれにメリット・デメリットがありますので、参考にお選びください。日頃のビール缶を潰すくらいなら旭電機化成の「ペットボトルつぶし」、スチール缶も潰す必要があるなら「マルチプレス」をおすすめします。

いずれの商品にもいえることですが、中にビールなどが残ってると、潰した際に流れ出る可能性があるので注意が必要です。できれば屋外で使うか、すこし缶を乾かすことをおすすめします。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [掃除道具]
    【ケルヒャーの盲点】力の込めやすさが最適化されたスチームクリーナーの実力とは
  • [掃除道具]
    【最強紙ナプキン】業務用紙製品が、なぜAmazonで大絶賛されるのか
  • [掃除道具]
    【壁のシール】憎たらしい汚れを片手で落とすテクニック【床のガム】
  • [掃除道具]
    【初めての1台】高圧洗浄機13製品を 比較して見つけた万能すぎる逸品
  • [掃除道具]
    老舗がつくる亀の子たわしは 100均たわしとは完全に別モノ!
  • [トイレ・バス・洗面台掃除]
    【水切り3秒】スポンジが外れると、風呂掃除の“後”が超ラクチンになるという事実
  • [キッチン掃除]
    インスタント麺がつるっつるの生麺に!? 誰も知らない重曹のスゴ技11選
  • [トイレ・バス・洗面台掃除]
    【トイレの裏ワザ】純白の秘訣は 100均ブラシで「見える化」!
  • [キッチン掃除]
    【セリアさんやりすぎ】100均ヌメリ取りが「ヌメ落ちくん」を超えた理由
  • [キッチン掃除]
    【取れすぎ注意】100均の油汚れシートが定番クイックル超えの理由
  • [トイレ・バス・洗面台掃除]
    【カビキラー超え!?】100均カビ取りグッズの買っていいモノ、ダメなモノ
  • [防虫剤]
    20匹の蚊がいる箱に腕を入れて 虫よけの「効く・効かない」を確かめてみた
  • [床・リビング掃除]
    【ダイソーさんやりすぎ】 ごっそり取れる100均ワイパー選手権
  • [防虫剤]
    【それじゃ刺されます】効く蚊取り、効かない蚊取り
  • [キッチン掃除]
    [Amazonで買える]シンクをピッカピカの新築みたいにする業者いらずの逸品!
  • [床・リビング掃除]
    100均の実力おそるべし… 超凸凹加工でごっそり取れるシートを見つけました。
  • [トイレ・バス・洗面台掃除]
    万能洗剤は幻想。とは言いませんが 結局、マジックリンで十分でした。
  • [窓・網戸掃除]
    真冬になる前に網戸だけでも今のうちに! 網戸掃除用具12製品をテストしました
  • [窓・網戸掃除]
    一発でプロのようにキレイでピカピカ ケルヒャーの窓用クリーナーをベストバイ認定!
  • [ネット通販]
    中古を買うならAmazon?ヤフオク? 30製品調べてわかったBESTストア
  • [雑貨]
    【乾電池最強決定戦】Panasonicエボルタ、Amazon純正はまさかの結果に。買うべき1本は...
  • [収納雑貨]
    【無印良品】大定番アクリルボックスが ネクタイ収納にピッタリなことご存知ですか?
  • [雑貨]
    【オシャレ節約術】まさか、中にトイレットペーパーが入っているとは思うまい
  • [洗濯ばさみ・物干し・部屋...]
    梅雨空でも洗濯物が乾きまくり! 物理的に最強な部屋干しの裏ワザ