そのみかん、ちょっと気取ってみませんか?
2017年12月12日(火)
北島 圭介
北島 圭介/Test by MONOQLO編集部
そのみかん、ちょっと気取ってみませんか?
コタツを囲んでの団欒には、みかんが欠かせません。普通にむくより何倍も楽しめる、みかんの皮むきアイディアを集めました。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 単なるヒマつぶし? 
    いやいや、役立ちます! 
冬はこたつにみかんと相場が決まっていますが、みかんをただむくだけではつまらない! まったりとした冬のひとときのために、みかんのむき方のバリエーションを覚えておいて損はありません。正月に親戚の子どもたちと過ごす際の小ネタとして、備えておいてはいかがでしょうか?

みかんの底に親指を突っ込んで普通にむく(ヒトデのような皮が残る)よりも断然早くて楽チンな「和歌山むき」や、「フラワーみかん」「ひとまとめむき」、うさぎ型皮むきアートなど、検証の結果、比較的容易で仕上がりの派手なものをピックアップしました。 
  • キング・オブ・みかんのむき方
    効率的な「和歌山むき」 
    
みかんの本場で多用されている、シンプルでいて超効率的なむき方が「和歌山むき」です。
和歌山むき
皮ごと4等分するだけ。むく時間もかからず、皮が散らかりません。

皮ごと2等分する
まず、みかんを皮ごと半分に割ります。大した力も必要なく、パカッと割れてくれるハズ。 

さらに2等分する
半分に割った状態からいったん戻し、90°回転させてまたパカッと割ります。食べるときは皮から実を剥がしていただきます。 
  • エレガントに味わいたい
    「フラワーみかん」 
花が開いたかのような優雅なむき上がりが楽しめる「フラワーみかん」にもチャレンジ! 
フラワーみかん
こちらが完成形です。

ヘタの周辺を残して皮をむく
ヘタの周りの皮を残したまま、それ以外の皮をむきます。

房をひとつずつ離す
ヘタ周辺の皮から外れないように、中心でくっついている房をひとつずつ離します。最後に実を広げて完成!
  • 達成感抜群!遊び心満点の
    「ひとまとめむき」
    
まるで、みかん市場の吊るし売り!? 歓声が上がること間違いなしの「ひとまとめむき」にも挑戦してみましょう。
複雑そうに見えますがカンタンです!

ヘタの周辺を残して皮をむく
ヘタ周辺を残して皮をむきます。

房をひとつずつ離す
皮から離れないように房を離します。ここまでは先ほどの「フラワーみかん」と同じです。

ひっくり返す
最後に、実をひっくり返して皮にぶら下げればできあがり!
白い繊維で実が吊るされた状態になります。
  • 子どもが大喜びする
    「イモムシむき」
    
「イモムシむき」は、みかんの実を一列に整列させるむき方です。
イモムシむき
まるでお皿に乗っているよう。ひとつずつ食べれば上品な感じがします。

ヘタ周辺の皮をむく
まずはヘタ周辺だけをむいて取り除きます。皮の表面に爪を押し付けてアタリをつけるとむきやすくなります。

 底部分の皮をむく
次に、みかんをひっくり返し、底部分だけの皮をむいて取り除きます。ヘタ、底ともにけっこうガバッとむき取ってしまってOK。

まっすぐに伸ばす
皮の一部分を切り離したら、房をひとつずつ引き剥がします。皮をまっすぐに伸ばして完成!
  • りんごのようにむく
    長さを競いたい「S字むき」 
    
皆で遊びながら楽しむなら「S字むき」がオススメ。
S字むき
つながった皮をどこまで長くできるか、コタツで勝負!

みかんを回転させながらむく
リンゴの皮を果物ナイフでむくのと同じように、実を回転させながらむいていきます。最後まで切れずにむけるかを楽しみましょう。 
  • ひそかなブーム? 
    みかんの皮アート 
    
むいた皮の形状が何かの形になるようにする遊び「みかんの皮アート」も人気です。ネット上で作品を発表している人が少なくなく、大抵の人が参考にしているのが「あたらしいみかんのむきかた」という書籍でした。
『あたらしいみかんのむきかた』(岡田好弘著 神谷圭介イラスト 小学館) 
実勢価格1080円
さっそく編集部も挑戦! 見本の写真通りに線を書いてカッターで切れ目を入れると、わりと簡単に再現することができました。
みかんの皮で「うさぎ」ができました♪

コタツでのぬくぬく時間をもっと楽しくする、みかんの皮むき。ぜひ家族でお試しください。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [野菜]
    「しいたけは裏返し」「ピーマンは丸ごと」これが“おウチ焼肉”の約束です
  • [野菜]
    最近のねぎ、硬くない? じつは「夏に買うべき種類」があるんです
  • [野菜]
    “下仁田”“九条”“長ねぎ”。薬味にピッタリな「ねぎ」がどれか、わかりますか?
  • [野菜]
    え、それ買うんですか? 新鮮な“ねぎ”はココで見分けられるのに…
  • [野菜]
    なぜ “バジルは生”、“パセリは乾燥” が正解なのか
  • [野菜]
    でかいだけ? いやいや…甘くてジューシーな「コストコ野菜」おすすめ6選
  • [野菜]
    知ってる? 白いマイタケと茶色いマイタケ、栄養たっぷりなのは…
  • [野菜]
    スーパーじゃ買えない!「コストコサイズ」の野菜がスゴイんです
  • [野菜]
    知ってた? 絹ごしと木綿とうふ、ビタミンが多いのは…
  • [野菜]
    8種類のきのこ。それぞれ得意ジャンルがあるってご存知ですか?
  • [野菜]
    知ってた? きのこのおいしさは、売り場で差が出るんです
  • [野菜]
    水じゃなくて "お湯" !? レタスがシャキシャキに復活する方法
  • [野菜]
    知ってた? “しなしな野菜”はアレするだけで長持ちするんです
  • [野菜]
    【意外な事実】カット野菜は“栄養がない説”は本当か調べてみました
  • [野菜]
    乱切り? 輪切り? それとも…。一番美味しいのはコレ【8技比較】
  • [野菜]
    知ってた? 肉じゃがが一番おいしい野菜の切り方がこちらです
  • [野菜]
    カルディで密かに人気のアレ…美味しく食べるなら“小麦粉”に注目!
  • [野菜]
    目利きが通じない? スーパーの野菜選びの意外な秘密
  • [野菜]
    熟したほうが美味しいのは”カボチャ”と”トマト”どっち?
  • [野菜]
    知ってた? アレするだけで「もやし」の消費期限が2倍になるんです
  • [野菜]
    むしろ鮮度ダウン!?「冷蔵庫」に入れるとNGな3つの野菜
  • [野菜]
    「味だけじゃない」って知ってた? 野菜は旬がいい理由
  • [野菜]
    「春と冬で全然違います」美味しいキャベツ目利きのコツ
  • [野菜]
    自炊派が嫉妬する「レシピ付き食材配達」の良いトコ&残念なトコ